今日子と修一の場合の作品情報・感想・評価

「今日子と修一の場合」に投稿された感想・評価

my

myの感想・評価

3.4
134分間余白が多い映画なのになぜか退屈しなくて考えさせられることが多かった
ただ、震災絡みいるのかな?
kumi

kumiの感想・評価

3.0
震災をこのような形で思い返すとは
でも、必要な気がする
奥田瑛二かぁ〜。と思いつつ
安藤サクラが好きで見たけど、
昨日、宮城の人と会ったばかりだったから、今私は何を知るべきなのかと
考える
不幸体質な今日子と修一の話
言葉少な〜な雰囲気と謎短歌(朝ごはん 昼飯よりも 後に食う 心躍らせるひととき,待てないと 嫌がる体 抱き寄せて 肌の温もり 母の味噌汁)は素敵だと思うけどこの感じで2時間ちょいは耐えられない… とりあえず中断
生保外務員はみんな体で契約とってる→レイプ、とか胸糞 3.11被災&報道描写あり
青と黒

青と黒の感想・評価

2.6
展開の不自然さが気になる。イジメ描写は有りだと思ったが受験はそんなに甘くない。あの暴力で入院もしなければ傷害にもならないとは。子供の事を気にかけている女があんな酷い事をするとも思えない。ただ早い時期に震災の地でロケをしたのは良かったと思います
arataki

aratakiの感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます

安藤サクラと柄本佑の夫婦共演。
といっても共演シーンはほんのわずかですが。。

今日子も修一も、それぞれに悩み、というか暗い過去を背負っていて、、その二人がどうなっていくのかを見届ける作品かと思いきや、最後は震災の話へと。

気持ち的に帰れないと思っていた場所が物理的になくなってようやくその大切さや今までの自分に後悔の念を馳せる、ようなことが言いたかったのかな。うーん。。
正直、物語における震災の位置付け、必然性が理解出来ず、無理矢理絡めた感じが残念だった。

ただ、「今日子と修一の場合」というタイトルは好き。
人生人それぞれ。色んな「場合」があるからね。
sumire

sumireの感想・評価

3.0
今日子と修一のそれぞれの生々しいストーリーに、後半は実際の被災地が舞台。
修一の物語だけで良かったかな。
被災地の映像が強烈過ぎて、ストーリーがかすむ。
奥

奥の感想・評価

3.0
現代社会の闇と不可抗力、
淡々と切ない物語。

今日子と修一は無関係。
二人の生活が交互に映し出されます。

殺人の罪を償い、出所後に大震災に遭う修一と、
その大震災の揺れのはずみで人を殺してしまった今日子。

修一はともかく、
今日子の心は読み取れないなと思いました。

全てを失い
生きる意味すら分からなくなっても
ただ呆然と立ち尽くしてしまったとしても

自分だけを照らしてくれる光を見つけたい。

絶望が消えることはなくても
心のどこかに希望を灯したい。

彷徨い歩くその道の先に…
光あることを信じたい。
yum

yumの感想・評価

3.0
淡々と、自分ではコントロールしきれない、運が良いとは言えない人生をなんとか生きる孤独な二人の人物の話。
俳優陣の演技は良かったけれど、ストーリーに希望の光は見えない。
行き着くラスト、故郷の町にも、待つもの、安堵は見出せない。それでも生きて行くのだろう。

震災に遭われたこの町が、このストーリーに登場するのには、色んな意見がありそうだと思った。
jyave

jyaveの感想・評価

2.9
劇場公開日:2013/10/13
キャッチコピー:
あなたには、
つなぎとめる愛はありますか。
nanabee

nanabeeの感想・評価

3.2
淡々と進む交わらない2つの話、その2人が生活している限り続いて行く。
>|