今日子と修一の場合の作品情報・感想・評価・動画配信

「今日子と修一の場合」に投稿された感想・評価

安藤サクラと
江本佑

やるせないシリーズは
割と好みなはずだけど
うーん
これは違ったなぁー
ma

maの感想・評価

3.0
食べるシーンを、それでもなんでか生きてるよなあという気持ちでぼーっと観てしまった。
同じ食べる行為でも、今日子と修一のそれは対極のものみたいだった。
おはぎ

おはぎの感想・評価

2.7
終始重い雰囲気。
人生の辛い部分を悲観的な演出にすることなく描かれている。
あまり心情を言葉にすることなく、表情、佇まいで描かれていたのが印象的。
一人の人間の孤独、喪失感が印象的。
mckee

mckeeの感想・評価

3.0
家族で映画を一本撮れるなんてすごいこと。ただ…カメラワークはじめん?ということが多過ぎて残らない。細部狙い過ぎかな?

ただあの静かな海が飲み込んだ何千何万の人々には、それぞれ何千何万通りの人生があって、それらがその場所その時間と言う接点だけで繋がっているということをあらためて。タイトルは、あなたと私の場合、でもある。
なんとなく3.11を思い出すきっかけに。
gatty

gattyの感想・評価

3.9
東日本大震災が背景にあり、安藤サクラ、柄本佑が主人公でそれぞれのストーリーを展開していく。点と点とが繋がりそうで繋がらず、終始重たい雰囲気。2人の演技から訳あり感がすごく出ていた。
aoi

aoiの感想・評価

3.0
安藤サクラと柄本佑の夫婦共演が気になり観てみたが、作品内でふたりが話す場面はまったくなかった。ただ被災地でふたりがすれ違うのみ、というのが今日子と修一、それぞれの生き方について焦点が定められているのではないかと思った。
このふたりだからこそ、成り立つ映画。ピアノの音楽がうつくしく、物寂しげな雰囲気を醸し出し、映像によく合っていた。
p

pの感想・評価

1.0
夫婦共演だし、演技派の2人だから期待。
今日子と修一のそれぞれのお話に、東日本大震災をからめ、2人は交わる事はなく、それぞれの話を描いている。
しかし、なんだこのお話は?
いちいちシーンが変わりすぎるのも気になった。
ざらめ

ざらめの感想・評価

1.9
別に3.11と絡めなくていいんじゃないか?
夫婦共演監督パパてだけで興味あったけど。
安藤サクラの静かな泣き方だけはほんと好きだな。
そんだけ〜
うら

うらの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

安藤さくらと柄本佑の共演を期待してみたけど、あまり絡みがなかったのは少し残念。
柄本佑の方の話は良かったけど、安藤さくらの方はなんか可哀想な感じもありつつ自業自得も大きいような。いろんな不遇があったとはいえ、人の親が死体を切り刻めるものなのか、、あんまり共感できなかったな。
前半はいいテンポで進んで引き込まれたけど後半が少し尻すぼみだったようにも感じた。
奥田監督ワールドというのでしょうか、細部に囚われると???連発です。想いを詰め込み過ぎというか、え?何で?のシーン多いです。雰囲気だけで進んで行くというか…、脚本が良くないんでしょうか。
(いい意味ではない)映画好きがつくった映画という感じ。

キャストも含めて考えて、家族の物語と思うことにします。
>|