神なるオオカミの作品情報・感想・評価・動画配信

「神なるオオカミ」に投稿された感想・評価

主人公の青年や中国側の人間の愚かな言動を描いて体制批判をしている構成はとてもわかりやすいんですが、なかなか胸くそ悪かった
狼美しい〜!と叫びたくなる
人間は完全に比較対象の引き立て役なので、主人公を始めとする登場人物にスポットを当てて見ると吐き気を催す
drgns

drgnsの感想・評価

3.4
狼が美しい。
狼の本を集めるくらい狼の造形が好きなので、映画だとわかっていても観ていて辛くなるシーンが多かった。
内モンゴルを舞台にした珍しい映画。モンゴル人の狼へのトーテムとしての愛憎の中で中国知識青年が魅了される。モンゴル素晴らしい…。
主人公に全く共感出来ないのは、愚かな漢民族の若者の設定だからでしょうか。

行動に一貫性がなく、草原で生きる民の懐で暮らすのに、草原民の生きる知恵を信じない。

なによりも、自然界のバランスについて全く耳を貸さない漢民族たちに見ていてイラつくでしょう。そこも制作側は盛り込み済みのことなんでしょうが。

あまりの身勝手さに憤りを感じるものの、いまのわたしたちも同じであることは言わずもがな。

恥ずかしい限りです。


美しい風景を堪能できる作品です。
これはストーリーはともかく、映画としての価値はあると思う。
少なくとも、モンゴルの実態を体験するにはこの上ない内容で、普段の日本に住んでいる私たちからすればそう簡単にお目にかかれない映像の数々で、狼の姿で動物に対しての感情移入ができやすいように練られている。
人間のエゴもふんだんに入っているし、主人公の行動にあまり共感できない感想も多いかと思うけど、これもまたしてやってりといったところかな。また、中国社会を軽くディスっているメッセージも多く取り入れられていた。
最後は落ち着いたオチになっている。でもどうやって撮ったんだろうという凄い映像も多く驚かされる。
naokit

naokitの感想・評価

3.0
美しい狼、美しいモンゴルの草原を堪能できた。
子狼をペットの様に飼い慣らせると考える主人公、あくまでも自然の一部と考えるモンゴル民族。
漢民族はあくまでも漢民族、モンゴルの民にはなれない…的な事も含まれた話なのかなぁ。
K

Kの感想・評価

3.8
大自然の中で生かされているに過ぎない人間の小ささと、知識によって肥大した傲慢の大きさを改めて実感した。全ては廻る因果と共にあることも。

自然の中にヒトが生き、その逆は摂理に反することを悟るほどに美しい景観の映像に見惚れたけれど、主人公は終始自分都合で生きている印象であまり共感出来なかった。
人間が自然に触るとろくな事にならないという。そういう事なんだよなぁ。
電気羊

電気羊の感想・評価

3.8
厳しい自然環境にさらされるモンゴル平原で、生き残るために知恵と勇気を振り絞り覇者となるのは狼か人間か。斬新で大胆なカメラワークで人間の宿敵”狼”に対する敬意や畏怖が描写されていた。面白かった。