ヒトラーの作品情報・感想・評価

「ヒトラー」に投稿された感想・評価

あまりに直球なタイトル。
そしてあまりにストレート過ぎる内容。
制作が西ドイツというのも勝負してる。
時代だなぁ。
お勉強のために鑑賞。
実際の映像がほとんどで、どのように人々が洗脳されてきたのか、どのような感覚でヒトラーの事を思っていたのかを、深く知れた気がする。終始皮肉っぽいナレーションがよかった。
完璧主義で、変な方向に向いてしまったのかと誤解していたけど、本当の理想郷を作りたい、みんなのために、というわけではなく、権力を持ちたい、世界を支配したい、という本当に自分だけのための行動だったのだとわかった。そこが愚かで、許されないこと。
chisato

chisatoの感想・評価

3.0
ヒトラーの心理にフォーカス当てた映画。そんなに面白くないけど本人映像なので貴重

教養としてヒトラーが何をしたか知っておこうと思って観た。

結果、ヒトラーが行なった事について教科書的に整理された資料というよりは、「ヒトラーが如何にしてカリスマ性を確立,維持したか?」という見方で様々な映像が繋がれてる感じ。

ヒトラーの為人や演説術、演出術、思想ルーツ、芸術との関わり等… 興味をそそる話が多くて飽きずに最期まで観れた。

出来れば、ヒトラー前後のヨーロッパの歴史を一度確認してから観た方がよりinterestingだとは思う。
観ました。

アドルフ・ヒトラーのドキュメンタリー。

あえて何も言いません。
いつだって大声で自分は正しいと言い張る人など信用ならない。小さい声でもいいから「でもさ…」とつぶやきたい。例え正しいのがどちらだとしても。
・ヒトラーの生涯を扱った映画。
・とんでもないナチスのプロパガンダ映画である「意志の勝利」の撮影風景や映像が少し見れます(神を意識したであろうヒトラーが飛行機から降り立つ→群衆の中をパレード→演説)
・過去に見たことのあるような映像の切り貼りではありましたが、油断すると洗脳されます。
・すべて字幕で観たかったのですが、日本語のナレーションだけは強制的という変わったDVDでした。
M少佐

M少佐の感想・評価

3.5
 今日はとある法案が通りましてね。

西ドイツ製作の客観的視点からのナチスドイツとアードルフ・ヒトラーの記録。

まぁ、皆さんご存知の映像の切り張り。
さして珍しい新たな情報もなく、多少は歴史に興味がある人なら「見たことあるよ」と言う作品。
でも、たぶん殆どの日本人は乱暴に政権を奪取し、同胞を殺し世界征服を目指したと、お思いでしょう。
だいたい合ってる。
でも国全体を挙げて戦争するとなると、国民の同意が必要な訳ですよ。
単純に飴のばら蒔きを行ったんですね。
少なくとも明るい未来を提示してからの、欺瞞の渦に巻き込む手法ですね。

そんな事を描いた作品です。