「ヒトラー 〜最期の12日間〜」に投稿された感想・評価

本当かどうかわからないが、興味深い作品。
ドイツが降伏する直前の数日間、ヒトラーとヒトラーの周りの人を描いた映画。

ソ連軍がベルリン首都まで迫ってきて追い込まれてる状況では、ヒトラーも堂々たる姿はなく精神的に追い詰められてる様子。

有名なヒトラーが怒るシーンも見所。理想と現実がかけ離れていて命令も支離滅裂。負けを受け入れられず、虚しくも見える。

一番面白かったのはヒトラーの周りの人が本当に丁寧に描いているところ。追い込まれてる状況でもヒトラーを信じ続け、負けたとわかると自殺する人たち。ついて行けず裏切る人たち。もう勝てないとわかった瞬間、刹那的に酒や遊びに溺れてしまう人たち.....

悪役として見られることの多いドイツの最期を何も知らない1人の女性目線で描くことで、人間としてのドイツの姿を描いていた。
「帰ってきたヒトラー」の中で本作を真似た部分があったので、せっかくだから鑑賞。
いままで見たナチス映画は、被害者側視点のものが多かった。だからヒトラーとその周囲から描いた本作は興味深いものだった。
ヒトラーはもちろん歴史に疎い私なので、ヒトラー以外の軍人さんたちが誰なのか全然分からなかったけど、それは気にならなかった。
一本調子ではあるけれど、俳優さんたちの演技がみんな良くて、飽きなかった。
興味がある分野なので、終始食い入って観た。ヒトラーを扱う映画の中ではこれが一番良かったかも

善悪はともかく、追い詰められて負ける側の最後を見ているのは辛い。ヒトラー役の人はすごい演技だった。戦争映画で2時間半はめちゃくちゃ疲れる。
戦争だけでなく、出演者それぞれの心がきちんと描かれていて、とても心に訴えかけられました。
今を生きていることがどれだけ幸せなのかを痛感しました。
NHKBSプレミアムシネマ
オムハヤシ食べながら見たやつ
ただ、”怒り”のみが膨らむばかりです。

誰に心酔し、誰に服従しようが、それは”大人の勝手”です。

でも、”大人の都合”で、”子どもを巻き添え”にする場面は、見るに耐えません。

ヒトラーは、『総統としては冷酷』だけど、『私生活では優しい』とか、評されていました。

でもそれって、”DV”をする野郎そのものです。

終始、『もう良いだろ!』と、思いながら見ていました。
ようつべの吹き替えは散々みたけど元ネタは初。戦争の前線ではなく本部の動きに焦点を当てたちょっと重い映画。
>|