NARC ナークの作品情報・感想・評価

「NARC ナーク」に投稿された感想・評価

2003年頃初回レンタル
huluで再見

南件星Tシャツ…。
ロク

ロクの感想・評価

4.0
ブルース・ウィリス主演の「狼よさらば」のリメイク「デス・ウィッシュ」の公開が予定されているジョー・カーナハン監督の長編デビュー作。タイトルのNARCとは麻薬捜査官又は密告者を指している言葉だそうで自動車不況の嵐が吹き荒れるデトロイトを舞台に麻薬課の潜入捜査官で捜査中に誤って民間人を射殺してしまった男と同僚を殺された殺人課のベテラン刑事が組んで謎を残して死んだ刑事に隠された秘密に迫っていく姿を70年代の刑事映画のようなハードボイルドタッチに描いているんだけど主役2人がレイ・リオッタとジェイソン・パトリックという地味な俳優ということもあり派手なアクションが繰り広げられる刑事アクションというより食い違う証言の数々に主人公達が翻弄されていく「羅生門」のようなサスペンス色の強い作品なんだけど面白いです!特にクライマックスの展開は「セブン」に匹敵するかのような衝撃度があり本作での演出能力を買われて「ミッション・イン・ポッシブルⅢ」の監督へと大抜擢されたのも頷ける作品でした。因みに本作は「Motor City」というタイトルでTVドラマ化が予定されいて製作、音楽をデトロイト出身のエミネムが担当することになっているとのことです。
がい

がいの感想・評価

3.6
ずーっと気になってた今作
レンタル屋閉店セールで100円購入
こりゃ濃密100円レイリオッタだった
一回り大きいレイリオッタは今作の為に役作りしたらしい
OPから、あ 好きかも な感じで終わりも好き
目新しくはない作りだけど好きなタイプ
麻薬捜査官のシリアスなサスペンス。オチはそこまでな気がしたが、全体的に作りが良く面白かった。
geto boysの曲が流れててちょっとテンション上がったw
かず

かずの感想・評価

3.7
派手な演出はなかったけど、最初からずっと引き込まれた。

ところどころリアルなアメリカの警察事情も見えて、良かった。
Boxster

Boxsterの感想・評価

3.5
ハラハラします。。。
マイアミバイスとか、そういう感じのヒャッホー感とか、わっしょい感は全くなく、静かーに話が展開していきます(° ꈊ °)✧︎˖°オホッ!

でも、つまらなくない!
とにかく何があったの( ´•ω•` )?!って感じです。

そして、ラストが考えさせる系、、、
深い、、、
Maki

Makiの感想・評価

3.5
カセットテープのカットで物語が終わる、その後の展開を色々思い巡らせることができる。
地味だが、ところどころに登場するドープなブルックリンの街並みが秀逸な映画。
レベルの高いフィルムノワールという風合いでかなりの雰囲気を持つサスペンス映画ですね☆
ノワール作品と言っても、主人公は麻薬捜査官で過去に捜査中に女性を誤射して死なせてしまい謹慎中の男でした。演じるのレイ・リオッタで、潜入捜査官で殺された捜査官の事件解決を担当する役目でした。
過去の自身が持つ苦い経験と殺された潜入捜査官に似た部分を感じて、過去のトラウマに悩まされながらも捜査を懸命に続ける重厚さは見応えありです。
アメリカを舞台にしてることもあり、麻薬捜査官の挙動にもかなりのリアリティが
ありました。その生々しさがあるからこそ、私はワンシーンずつ没頭して鑑賞できました。捜査の過程で登場するスラム街の住民たちもあまりに演技が巧すぎて、これもまたリアリティをより高めたことと思います。
ラストも衝撃的で個人的には好きです。低い評価はできない作品だと思います。
USK

USKの感想・評価

4.5
終始シリアスで不穏な空気漂わせているが、ガイリッチー映画を彷彿とさせるスタイリッシュな映像やBGMで非常に観やすい。

細部から騙してくる巧妙な脚本で、ラストまで誘導されるがままの状態をキープさせられる。主演を務めた二人も実際に刑事かと思わさせる演技で見入ってしまった。

また本作はミシガン州デトロイトを舞台とした作品であり警察の容赦無い暴力や隠蔽等、今年話題となった『デトロイト』で目の当たりさせられた警察の実態までよく描かれている。

メジャーな映画を用いて例えるなら刑事版『ボーダーライン』。
たぼ

たぼの感想・評価

3.5
真っ直ぐなまでの正義感が産んだ哀しき運命―

サスペンス映画としては結構良い部類に入るのではないだろうか。
刑事役のレイ・リオッタも良し。
>|