新仁義なき戦い/謀殺の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「新仁義なき戦い/謀殺」に投稿された感想・評価

奇をてらったアクションシーンと渡辺謙の悪ノリオーバーアクトが今見ると恥ずかしくて完全にアウト。
AKIRA

AKIRAの感想・評価

4.1
世界の渡辺謙が流石過ぎる....
一個前の仁義なき戦いはなんなんだってぐらいこっちは面白い。
えりみ

えりみの感想・評価

4.3
アレンジしてないあのテーマが流れる!
本家シリーズ以外ではこれが一番よかったかなぁ。
渡辺謙が格好エエわぁ~!!
特命係長もイケてるし。

夏木マリはええとして、南野陽子だけが浮いてる。
もっと他におったやろ、なんでやねん(私が中学生の時分はファンでした)
 これが本当の最期の仁義なき戦い。監督も変わり、出演者は今でも馴染みある高橋克典、渡辺謙、南野陽子、遠野凪子、伊原剛志、高知東生らが名を連ね、経済ヤクザというカテゴリーが登場し、本来の任侠道の終焉を想起させる内容となった。音楽もスカパラがアレンジしたテーマ曲アレンジとなっている。
べら

べらの感想・評価

4.0
「探偵はbarにいる」「劇場版、相棒」スーパー戦隊シリーズもの等を手掛ける橋本一監督の映画デビュー作。破天荒な昔がたきのヤクザ 渡辺謙とインテリヤクザ高橋克典の対比を描いた作品。BGMは東京スカパラダイスオーケストラでやたらとお洒落。ナレーターに遠藤憲一を起用したりと とても豪華キャスト。とにかく渡辺謙と圧倒的存在感!かっこいいことこの上なし。前作のトヨエツと布袋さんの新仁義~とはマタ違った作品で哀愁が漂っている。
yoshi_bass

yoshi_bassの感想・評価

3.5
仁義なき戦いシリーズで初めて観た作品。
渡辺謙が演じる破天荒な武闘派ヤクザと、それを支える高橋克典の知的ヤクザの2人の生き様。
とにかく渡辺謙の存在感。迫力がハンパない。かっこ良すぎる。
きっと仁義なき通の方々には異論もある作品かもしれないけど…ドロドロとしたヤクザ社会を真っ直ぐに生きる2人に胸が熱くさせられました。
ハリー

ハリーの感想・評価

3.5
仁義なき戦いシリーズでもこれは別物の話になってるし監督も違う。でもいつの時代も出来損ないの親分持つと子が苦労するって事はかわらないみたいだね。
|<