ミスティック・リバーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ミスティック・リバー2003年製作の映画)

Mystic River

上映日:2004年01月10日

製作国:

上映時間:138分

3.7

あらすじ

「ミスティック・リバー」に投稿された感想・評価

enter

enterの感想・評価

4.0
これも、「チェンジリング」と同じく、ペドフィリアを心底許せないイーストウッド監督の怒りの告発映画とワタシは勝手に解釈しました。

徹底的に作家性を排した、匿名の、「作品」の鑑賞・堪能(批評)もイイが、

やっぱ、表現者の魂みたいなのがどうしても滲み出てしまうようなモノを創る人の「作品」にとても惹かれてしまうんだ、ワタシは。

AIが小説書くぐらいだから、最大公約数的スリルとサスペンスと感動を配合しました的なエンタメ映画なんて総CGでAIが作っちゃう日も遠くないでしょうねえ。。
アメリカミスティック川沿いにある小さな町。ジミー、ショーン、デイヴは幼馴染の友人だった。ある日ジミーとショーンの目の前でデイヴが誘拐される事件が起き…。

途中まではかなり面白いのですが後味が悪いです。自分は女性の立場なので終わってからジミーの奥さんとデイヴの奥さんどちらも嫌いだなと思いました。

幼馴染3人の行動はとにかく悲しいです。あの誘拐事件がなかったら3人はどんな風に生きたのだろうかと想像してしまいます。面白い映画でした。

ジミーはお金を送るのだろうか…。そういう男に見えました。デイヴのことをもっと知りたかったです。また観たくなりそうな映画です。
かな

かなの感想・評価

3.7
胸糞

ショーンペンがI am Sam と同じ人とは思えない
原作モノだけに脚色、というか物語性の構造はすごく良くできている映画だなと思った。

三人の幼馴染の少年が道端で生乾きのセメントに悪戯をして遊んでいる。そのうちの一人が、その悪戯をきっかけにある事件に巻き込まれる。その事件は案外あっさりと解決し、その後は何事もなかったかのように少年たちはそれぞれの人生を歩んでいたかの様に思えた。しかし、その一人の少年の心には不可逆的な「何か」が巣食っており、、、

という導入でもう引き込まれる。
演技、音楽など作品の完成度は素晴らしい。
サスペンスのなかに罪という重い人間ドラマを組み込み物語に深みが増している。
パワーズの立ち位置やサスペンス要素の伏線など質がとても高い。
また、ジミーの目線で作品をみるこで止められない悲しみの連鎖が浮き上がる。それを象徴するかのような十字架が印象的である。
日央

日央の感想・評価

2.6
イーストウッド監督作品は良作揃いだけど、これは期待はずれだったな。

名優集めた作品が失敗した典型的な作品。

引っ張った挙句、何だよってなった。
m

mの感想・評価

3.7
これはあかん、デイブがかわいそうすぎる
奥さんもなんで信じてあげないの、、
ジミーはもっと後悔して自殺するくらいしてほしいわ!ショーンペンはえげつないイケおじやったけども!!ほんでショーンの奥さんのくだりいる!??
miiiaoi

miiiaoiの感想・評価

3.6
不穏な雰囲気の撮り方や、俳優陣の演技がすばらしく、引き込まれる
いろんな積み重ねで起こる不運の連続。
なんせデイブがかわいそうすぎて辛い。嫁、、
どうにかならんかったんかなぁとモヤモヤしてしまうすっごい余韻の残る映画。
クライムもの、サスペンスもの好きの方にお勧め。グロいシーンもあるので、お子さんは…

イーストウッド監督作品とは知らずに鑑賞したのですが、終わり方を含めて納得しました。このエンディングは個人的に辛いと思うのですが、これがリアリズムかも…

何よりも俳優陣の力演を堪能できる素晴らしい作品です!
宇野

宇野の感想・評価

4.2
これほど息が詰まる映画はなかった…
しんどい時は見ない方がいいレベル。
でもものすごく重厚で味わい深い。
>|