帰らない日々の作品情報・感想・評価

「帰らない日々」に投稿された感想・評価

のんchan

のんchanの感想・評価

4.0
💥ホアキン・フェニックスVSマーク・ラファロ💥
演技派俳優大集結みたいなキャスティングなので見応えが凄い🌟

監督は『父の祈りを』(脚本)と『ホテル・ルワンダ』(監督/脚本)で2度のアカデミー賞ノミネートされたテリー・ジョージ❗️

初めに言っておきますが、これはあまりにも都合の良過ぎるシナリオなので、冷静に考えたら確率的にあり得ないお話だと思いますが...それは横に置いて進みます🤫


舞台はコネチカット州の小さな町で起きた交通事故の被害者家族と加害者家族とを相互に描いた物語。

突然の事故で最愛の息子を失った被害者家族にホアキン・フェニックス、妻のジェニファー・コネリー、亡くなった10歳の息子の妹がエル・ファニング❗️

事故の調査を依頼された弁護士で、実は轢き逃げ犯人のマーク・ラファロ、元妻にミラ・ソルヴィノ❗️

もうね、それぞれの演技に痺れます。内容云々よりも...ん〜上手すぎる🥺となります。

マークは弁護士という立場があるが、離婚して週末にしか会えない10歳の息子(亡くなった子と同学年)への想いがある。自首する勇気を持てない劣等感の固まりのような人物像を表情で作り上げていて巧い❗️

ホアキンは復讐心に燃える男を熱演。銃を手にするまでにエスカレートするが...警察の科学捜査でも手がかり不足で発見不可能な犯人を、独自の調査で簡単に見つけてしまうのでそこは不自然。ただ、演技は白熱します🔥

それぞれの妻役も文句なしの演技❗️

そしてですよ❣️エル・ファニングの可愛さったらない。ホアキンが何度も抱っこしてる😍当時9歳にして芸歴7年、既にベテランの演技⭐️
マークの別れた妻がピアノ🎹の教師で習う事になる時(そこも出来過ぎ💦)母親に確認する。
『音楽は天国まで届く?』と健気に訊ねるあの表情👏
現在まだ24歳💫美し過ぎる成長と演技力は年々磨きがかかって光ってますね✴️


それぞれの演技を存分に堪能しました🌟
まなか

まなかの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ひき逃げで息子が死んでしまう。
もし、あのときああしていれば。
『蛍の命は人の命より短いのよ』
残された娘を大事にしてくれよ‥‥。
娘役はまだ子役時代のエル・ファニング。マーク・ラファロが演じた弁護士は流石にいらつく。そりゃそうだよな、あんたがひいたんだから。

ホアキン、ジェニファーたち全員役者陣が上手くて入り込む。

救われない。救いがない。なんか加害者より?みたいに感じた。
なお

なおの感想・評価

3.5
うーん、テーマは面白いはずなのに、マーク・ラファロ演じる弁護士にイライラした。
子供を不幸にするかもと葛藤はわかるけど、ひき逃げはダメ!
被害者家族に深く同情してしまう。
この弁護士は、ひき逃げだけじゃなく他のことにも優柔不断そうに見えた。
俳優は良かったけど、中途半端な印象の作品だった。
ジェニファー・コネリーの演技が良かった。

(字幕)
かむ

かむの感想・評価

3.4
こちらもエルファニング目当てでレンタル

ホアキンフェニックスとマークラファロの演技はさすがのもの
お話の出来も悪くはないけど、イマイチ腑に落ちない惜しい仕上がり
大学教授の主人公イーサン。息子を轢き逃げ事件で失い、自身も家族も悲しみのどん底に叩き込まれる。一向に事件の捜査が進行しない事に業を煮やし、弁護士に調査を依頼するが、その弁護士は実は轢き逃げ事件の加害者だったというサスペンスドラマ。

ホアキン・フェニックスにマーク・ラファロ。ジェニファー・コネリーとエル・ファニングという実力派勢揃いの豪華な布陣。当然各々の演技の素晴らしさは本作の大きなポイント。

息子を突然奪われて悲しみに暮れながらも、その一方で犯人に激しい憎悪を燃やすホアキンはやはり一級品の演技を見せてくれます。

不注意から轢き逃げ事件を起こして、思わず逃げてしまい後悔と罪悪感を胸に抱く弁護士ドワイト。しかし息子と会えなくなる事から自首までに至らず悩み苦しむ姿をマーク・ラファロが巧く演じきっていました。

轢き逃げ事件の被害者と加害者双方の苦悩をよく描けていましたし、ここは「ホテル・ルワンダ」のテリー・ジョージ監督らしさが出ていたと思います。

互いの感情が炸裂するラストも緊迫感と切なさが胸を打ちました。やっぱりキャストの力は本当に大切だと実感。

いくらなんでも世間狭すぎだろと突っ込みたくなる偶然もありますが、事故というものはいつ自分が加害者にも被害者にもなり得るもの。そこで自分だったらどうする?どんな感情になる?など色々とじっくり考えさせられました。
幸せな家庭に突然訪れた不幸…
10歳になる息子が目の前でひき逃げに遭い亡くなってしまう。

警察の捜査に業を煮やした父は弁護士を雇う
しかしその弁護士こそが。。。




息子を亡くした父親、家族の苦悩は計り知れない
犯人への復讐で頭が一杯になってしまうのも分かるけど…
そうすることで悲しみから逃げてるのかな(ノ_<。)


息子との野球観戦帰りの事故。
車の助手席に息子が乗ってなければその場を立ち去らずにいたのかな…
正直に言い出せない苦悩と、愛する息子に軽蔑されたくない恐怖


悲しみと恐怖と不安が入り交じり、その時が訪れる…

「お前が犯人だったのか」



息子を亡くした父親にホアキン・フェニックス
母にジェニファー・コネリー
幼い妹にエル・ファニング
天国のお兄ちゃんに届けとピアノを引くの姿が健気けで…

弁護士にマーク・ラファロ
自首するタイミングを失っていく彼の葛藤もまた。
息子の前では立派な父でありたかった…


事故のシーンはリアルでものすごく怖くなる(;>_<;)
人生で最悪な瞬間ってこういうことなんだろうなって。


記憶に残る作品でした。。。
もしも
蛍が死んでしまうと言わなかったら…

もしも野球の試合が長引かなければ…

もしもあの時
こうしていれば…

でも起こってしまったことは
変えることは出来ない

この話は
誰にでも起こりうる話だと思った

そして被害者の父が
プリズナーズや評決のときを
思い出させた…

普通に考えれば
悪いのは当然、加害者だが
犯人憎さに
自分で裁いてしまったら
今度は自分が加害者になってしまう

辛い気持ちを抑えて
思い止まってくれて
本当に良かったと思うが

結局のところ
双方共に幸せだった時は
もう戻らないと思うと
切ない気持ちになってしまった…
jill

jillの感想・評価

2.5
「帰らない日々」がもたらされたのは結局被害者家族にとっても加害者家族にとってもだったというオチでなんの救いようもなく、救いを見出すこのが不可能な物語でただ暗い気持ちになる。どちらかというと加害者家族に観客が寄り添うように撮られてるのでは。ラストショットが加害者の子供の背中だし。
 息子をひき逃げされた父親が、犯人を捕まえるために頼った弁護士がそのひき逃げ犯だったという、絶対にハッピーエンドになるわけない映画。観ていて辛かった。
身近に起こりうる悲劇、救われない話、目が離せない。

テーマが「ひき逃げ」という、いつ起きてもおかしくない身近な話なので、感情移入してしまい、最後まで目が離せなかった。

息子を事故で失った大学教授イーサンは犯人がつかまらないことに業を煮やし、自ら弁護士を雇い調査することに。

ひき逃げ事故という身近なネタなうえに、こういうなんとも皮肉な展開を…。観ていてつらすぎる。
イーサンはどうするか。ドワイトは自責の念に駆られ相当悩みながらも一歩踏み出せない。いつまでつづくこの状態。

加害者側の心理も被害者側の心理も、俳優が上手いからなのか、ものすごく察することができる。感情移入してちょっと心が痛むくらいに。

そして、被害者の母が後悔して泣き崩れるシーンなんかはもうツラくてたまらなかった。あの一言を言わなければ息子は生きてたかもしれないと思うと。

そしてラスト、どんな思いで観てたんだろう。
救いのない結末で、観終わってどんより。

結果、映画としてどうこうより、身近に起こりうる悲劇に心が痛んだ。

あなたにおすすめの記事