プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命の作品情報・感想・評価・動画配信

「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」に投稿された感想・評価

たばつ

たばつの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

なんか不思議なリズムというか展開で流れていく映画。展開ありすぎて最後まで飽きずに見れた!
ブラッドリークーパーがいつ先に撃ったこと打ち明けるのかなとは思ってだけどそれは言わないんだーって思った!ライアン・ゴズリングの死に方がエグかった。。。
最後はノスタルジックな雰囲気でうまくまとめてくれたなって感じです。
keko

kekoの感想・評価

4.0
この共演がきっかけで、結婚した
ゴズリングとエヴァ・メンデス。
観てるとちょっとヤキモチ妬いちゃうけど😅

かなり久しぶりに観たので、新鮮だった!

ドライヴ、グレイマンに続いて、クールでカッコいいゴズリングが観れる作品。

そのカッコ良いゴズリングの次に魅力的な、デイン・デハーン。

宿命ってタイトルにあるけど、こんな繋がりやだなぁ、、、
出てくる人みんなが、なんか悲しい。
もっと上手に生きれたらいいのにね😢
ブラッドリー・クーパー演じるエイヴリーは、何か好きになれなかった。

ローズ・バーン出てたのは、忘れてました💦
hygge

hyggeの感想・評価

3.3
かつての恋人ロミーナと再会したルークは、息子ジェイソンが産まれていたことを知り2人を養うため銀行強盗に手を染める。
新米警察官のエイヴリーは、ルークを追いつめるがあるミスを犯し罪悪感を抱える。
しかし、周囲からは評価され複雑な気持ちを胸に警察の腐敗に立ち向かう。
15年後、成長したジェイソンはルークとエイヴリーそれぞれの秘密を知ってしまい、その怒りの矛先は親しくしていたエイヴリーの息子AJへ向けられる。
ま

まの感想・評価

-
しんどいが良映画だ…
タトゥー入ったばっちばちのやさしいゴズリン…
キャストが思いがけず豪華
AJ役のエモリー・コーエン、ブルックリンと違いすぎて気づかなかった デインデハーンもかなりよい いや〜みんないいわ…
りく

りくの感想・評価

3.0
噂通り、ライアンゴズリングのタトゥーがめちゃくちゃカッコいい。

内容は地味やけど豪華俳優陣のおかげで飽きる事なく見れた。特にレイリオッタの存在感が強すぎた。
P

Pの感想・評価

4.3
If you ride like lightning,
you’re gonna crush like thunder.
maho

mahoの感想・評価

4.1
最初の3分がかっこよすぎて即リプレイ。笑
ライアンゴズリングの渋さというかあの憂いな目と雰囲気があまりにずるい、今まで観た過去1でかっこよかった
(意外とめちゃなで肩なのも含めて良き笑)
3部構成になってるストーリーももちろん面白かったけど、映像と音楽とテンポが個人的になんか心地よくて、内容は重いのに不穏さがなくもはや深呼吸できそうな感じがすごく好きだった(説明力)
終わり方も最後のシーンもよかった〜〜
muse

museの感想・評価

-
ライアンゴズリング報われん役多すぎマジでひたすらカッコよかったけども
長谷川

長谷川の感想・評価

4.5
家族愛と逃れられないカルマを描いた作品。
緻密に心境を描く素晴らしい脚本と構成が各キャラクターへの感情移入を見事に誘う。全員が自分の人生をただ生きようと必死なだけなのだが、その糸は複雑に絡み合い縺れ思わぬ結果を生んでしまう。

タイトルの「The place beyond the pines」
ここで示す「松林」とは宿命のメタファーであるように思う。宿命を超えた先にある場所。ジェイソンとAJには何があるのだろうか。
最後になるがデインデハーンは猫背過ぎ。

2022/07/25 追記
改めてこの映画に対する異常なまでの感情移入は何故なのかと考えた。
恐らく答えはルークが自分の父親と被るからだろう。この言い様のない虚無感は恐らく実際に自分が見てきた世界に近いから感じるものの様な気がしてならない。
モヨ

モヨの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

2022-117

父の因果が子に廻る話。
ジェイソンの孤独が沁みる。
マハーシャラアリはいいお父さんだったのになぁ。

銀行強盗をレクチャーした犬好きのロビンは引き際を心得てて賢い!
>|

あなたにおすすめの記事