ぼくの伯父さんの作品情報・感想・評価

ぼくの伯父さん1958年製作の映画)

MON ONCLE

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.9

「ぼくの伯父さん」に投稿された感想・評価

Tyga

Tygaの感想・評価

4.0
シニカルなコメディというより、シニカルであり、コメディである。

無駄こそ素晴らしい。
すんごい遠回りしないと入れない家。
謎な位置にある揚げパン屋。

小学校の頃、背が高いやつと声がでかいやつが怒られやすかったの思い出した。
Aika

Aikaの感想・評価

4.1
こんなの絶対好きに決まってるじゃん…

初ジャック・タチ。
彼が娘のために残した脚本を元に作られたアニメーション「イリュージョニスト」をベストムービーに入れるほど愛している私には、この世界観、たまらないものがありました。

いつも同じ格好で雨でもないのに傘を持ち歩き、無口で風変わりな僕の伯父さん。
住んでる家は玄関から部屋までとても遠い。でもその手間が味わいだと思えるほど素敵なアパート。
僕に会うとまず手を繋いでくれる。
魚の口から水が飛び出る噴水つきの超モダンな家は窮屈で仕方ないから、僕は伯父さんと出かけるのが大好き。

小さな変化はあるけれど、伯父さんは飄々とマイペースに日常を過ごしていく。
大笑いではないけれど、クスッと笑える微笑ましい日々。
そしてほぼ話さない彼に変わり、様々な日常の音がとってもお喋り。雑音の安心感。

目にも耳にも優しいこの暖かでユーモラスな世界にずっと浸っていたい。そんな心地よさを感じさせてくれる作品。

犬と子供が自然と寄ってくる人に悪い人はいない。
mk

mkの感想・評価

4.0
出てくる犬たちがみんなご機嫌でかわいい。ダメなおじさんに心を開いていくインテリ少年も幸せそう。構図、インテリア、建物、色、すべての場面をひとつひとつ切り取って額に入れたいくらい映像が素晴らしい。出てくる人やもの全部が愛おしい。
ic

icの感想・評価

3.6
半端ない!なんて言葉を使うのは久しぶりだけれど、構図、カラーセンス、笑いのセンス…などなどとても素晴らしい作品。

未来感溢れるインテリアはおしゃれでスタイリッシュでクールなのに、スマートじゃないのは何故だろう。便利なはずが不便でもある…それをおじさんが噛み砕いていくのがなんともいい。

あの異様な形のデザインされた木はなんなんだ(笑)って思ったけど、極端なだけで木を切り揃える行為はアレに等しい。
センサーも便利なようで一歩間違えると恐ろしい。身近にいうトイレとか、流れない時の焦り。

今ってどんどんハイテクなものが増えていって、便利なのだけど言葉にするのは難しいが温度がない。そう思ってしまうのも現代のぬるま湯に浸かっているからこそなのかもしれないが…。

ジャックタチ作品開拓していきたい。
so

soの感想・評価

4.0
オープニングでテーマ曲が流れ出しただけでわくわく。
製作された50年代からするとアルペル夫妻のモダンな住宅も映画の見所の一つだったのだと思うけれど、2018年に生きる現代っ子からすると、ユロ伯父さんの住むアンバランスで人間くさくて愛らしいアパートの方が素敵に思える。(いや当時もそう思われてたのかな?)
工場で機械の誤作動を起こしてしまうくだりでは声を出して笑ってしまった。
肩肘張らずにリラックスして観る映画だけど、自由とは何ぞや?なんてことも考えさせられる。
そして、自転車に乗りたくなる。パイプくわえて。
Rena

Renaの感想・評価

3.4
可愛らしい犬達に心をつかまれ、ピアノの音に胸が弾む。そんなオープニングがすごく好きでした。

会社を経営している父を持つジェラール少年。とても裕福ですが堅苦しいお父さん…
そんな父と一緒にいるよりも、ジェラール君は気ままに生活しているユロ伯父さん ( お母さんの弟 ) が大好き。

ちょっと堅物な大人よりも "ゆる~い" 心の持ち主。こどもにとっては最高ですよね!

それにしても、いろいろ "やらかして" いましたね (笑)
ユロ伯父さんのやりたい放題!
狙ってやっているわけじゃないし悪気もないけれど 結果 こうなってしまう人 いますよね。
画面越しに眺めているからおもしろいですが、実際近くにいたら… 困ってしまうかなぁ?
でも、細かいことを気にせず自由に生きる姿はちょっと羨ましい!

ジェラール君の住まいは、今見てもびっくりするくらいモダンな家。そんな造りも素敵ですが、機械的過ぎてなんだか疲れてしまいそう。
窓が軋んだり、すれ違うにも苦労する。古いし不便だけれど、ご近所の温かさも感じられるユロ伯父さんの家は 味があっていいなぁと思いました。

小鳥のさえずりも捨てがたいですが… 犬と魚の対決!?のシーンがお気に入りです。
hepcat

hepcatの感想・評価

-
登場人物がみんな可愛いな

パリの中心街じゃなくて、田舎のフランスがまた良い

意外と奥さんがお金持ちのキャラ特有の薄情な人じゃなくて、伯父さんにも夫にも優しくて好きだった
ハマオ

ハマオの感想・評価

4.2
ジャック・タチの手腕によるシュールな画面構成と撮影で笑わずにはいられない。
1950年代の映画らしくちょくちょくタルイと感じる所はあったが、
所々笑いの取れるユーモアを挟んで観客を笑わせに来る姿勢が良い。
ジャック・タチがどんな映画監督が一作分からせてくれる作品です。
uuu

uuuの感想・評価

3.5
二世帯住宅をぐるぐる廻るとこを、横から撮って長回しするのが強烈。

文明の進歩に人間が翻弄されるギャグも面白い。
ジャックタチはいつも序盤は何も面白いことが起こらないけど、後半から一気に笑いまみれになる
未来を予測した家電が滑稽過ぎる
ハンバーグを自動でひっくり返すとか、バウンドするTポットとか 技術の進歩が空回りして、うまくいっていないのが笑える
技術の進歩を皮肉ってるんだろうなー
ただ、この1958年からルンバを予見してるのはウケた笑
>|