ぼくの伯父さんの作品情報・感想・評価

ぼくの伯父さん1958年製作の映画)

MON ONCLE

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ぼくの伯父さん」に投稿された感想・評価

Linn

Linnの感想・評価

4.2
力の抜けた小洒落た雰囲気と、クスッと笑えるユーモアに溢れていて素敵!
どのシーンも配色や構成が素晴らしく、まるで絵本から飛び出してきたかのようだった。
お洒落さと滑稽さのバランスが良く、見ていて楽しい。
たまにはこういう映画もいいな。
とにかくいろいろツボだった!好き!!
「調子は?」

残念ながらハマれませんでした。

何でかな?
全編、引きの画面と全身の動作ばっかりで、人物の表情が全く分からないから。

二時間付き合っても、伯父さんの似顔絵ひとつ描けないでしょ。みなさん。ね。

アコーディオンによるおフランスな音楽は好き。サカナの噴水とか奇抜なインテリア・エクステリアも楽しい。

気持ちがのんびりしているときに、また見てみます。新たな発見がありそう。

「私が思うに、彼はユニークな人だから」
ys

ysの感想・評価

3.5
昨年8月、鎌倉の川喜多映画記念館で、
魅惑の映画ポスターデザイン展を観て、
この作品がメインだった。観たかったのに
ずっと観られず、ついにチャンスが!
ジャックタチ監督主演。
家とか街並みとか、最高です!
レトロ、斬新、おしゃれ、アート、かわいい。
あと面白さがあれば、もっとよかったけど。
屋台の揚げパン、平べったい。
ジャムと砂糖つき。
ハイテクキッチンと自動掃除機も。

このポスターのイラストは
俳優、監督、イラストレーターの
ピエールエテックスによるもので
俳優としては、ぼくの伯父さん🎬
ロベールブレッソンのスリ🎬
フェリーニの道化師🎬
大島渚のマックスモナムール🎬モンアムール?
に出てるらしいです。

魅惑の映画ポスターデザイン展
おさらいです。
https://natalie.mu/eiga/news/287182
レトロおしゃれなポスターがいろいろ。
コクトーの美女と野獣🎬と
恐るべき子供たち🎬が特に良かった。
感覚が磨かれる気がします。
トリュフォー、ゴダール、ウディアレン、大島渚、ヒッチコック、コッポラ、ベルトルッチ、ポランスキーなど、全部レトロなポスター。
リンチ、クローネンバーグ、タランティーノも。
デザイナー集団MONDOによるブレードランナー🎬も印象的。
tori

toriの感想・評価

3.5
「ワーニャおじさん」を借りにいった
なかったので腹いせにこれを手に取った

チャップリンの「モダンタイムス」と「ピンクパンサー」の
クルーゾー警部の合わせ技のような映画
くらら

くららの感想・評価

4.0
好き!
魚の噴水と、ユロ氏が住んでいる可愛いアパート(災害時、逃げられなくない?という構造)が、忘れられない。
mmio

mmioの感想・評価

4.2
魚の噴水、つけたり消したり。

ジヮックタチの作品は、建物と空間が
ひたすら好き。
あんな家、街、職場。いいな。
叔父さんのアパルトマンは、階段を登ったり降りたり、レトロな佇まいで素敵。
少年が住む白い箱の家は、わたしの好きなレトロフューチャー。噴水つけたり消したりがツボでした笑

ちょっと疲れてる時に見るとうとうとしてしまうから、もう一度見なきゃ笑
kotone

kotoneの感想・評価

3.0
三度寝落ちしてやっと観れた 部屋でみるものじゃない
空気がぱんぱんに入った風船とアルミ製の金属とシステマチックな邸宅
Miyu

Miyuの感想・評価

4.6
全体的な世界観がとても好みです。
ジャック・タチの行動一つ一つに、何かしらのネタが仕掛けられており、その都度ちょっとだけ笑えるのが楽しい。そして、終始画が美しく、ゆったり楽しめます。
富裕層と貧困層との世界がはっきりと別れているのですが、富裕層が暮らす豪邸のシーンは、絵画にでもなりそうな極端にシンプルなインテリアと、技術の進歩を活用しすぎて逆に使いづらそうな日用品など、所々にお金持ちへの風刺が入っているところがなんだか素敵。どこか上品な音楽も好きです。
torisan

torisanの感想・評価

4.7
新年一発。いきなりこれは凄い好きな映画!もう冒頭から洒落たアイディアとユーモアで溢れかえってる。人間よりも犬が、大人よりも子供が賢いような絶妙な風刺が心地良い。しかし驚いたのは殆ど喋らない叔父さん。魅力的なキャラクター描写に説明台詞なんて本当にいらないんだと思わされる。チャップリンも、ジャック・タチも、車寅次郎も、愛すべきはみ出し者のおじさん達、滅茶苦茶なんだけど、みんな誇り高く自分なりの正装をしてるのがまた、魅力的なんですよね。好きなシーンを挙げればキリがない程の素敵さが詰まった映画でした。
シナチQ

シナチQの感想・評価

4.5
いろいろ小洒落てる…叔父さんのアパートが面白い…悪ガキのおイタのセンスがいい…監督自ら主役を演じてたとはね。
>|