ぼくの伯父さんの作品情報・感想・評価

ぼくの伯父さん1958年製作の映画)

MON ONCLE

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.9

「ぼくの伯父さん」に投稿された感想・評価

クセになる面白さ。
ゆったりとしたテンポ、モダンなインテリアなど細部にわたって楽しめる。
umd

umdの感想・評価

3.8
画面構成がいいね

庭のデザインに人の動きが縛られてるのが笑えた
イワシ

イワシの感想・評価

4.6
再見。工場や大人とはちぐはぐに噛み合わず、子どもや犬や馬の御者とは親密にたわむれるユロ氏はまことに喜劇映画のキャラクター。

オープニングクレジットがジョン・フォード『荒野の決闘』みたいだった。

ラストの犬たちを見ながら、「あ、この犬たち、もういないんだな」とふいに気付き切なくなった。
Osamu

Osamuの感想・評価

3.8
おしゃれだね。

下町のボロ長屋に住む職無しお気楽男が、近代的な家に住む金持ち妹家族たちと戯れる話。

オープニングの犬たちのシーンとか、伯父さんが長屋を自分の部屋まで移動するシーンとか、おしゃれだよね。

おしゃれだし、クスクス笑えるし、センスは大好きなんだけど、あまりハマらず。どうしてだろ。
しゃび

しゃびの感想・評価

3.5
映画が半世紀以上の時間をかけて、ようやく手に入れた教科書のようなものだと思う。

motion picture(活動写真)とは動く写真であり写真が動くことではない。これはリュミエールが当時の技術的な限界からも教えてくれたことである。この原理に触れることで、私達は風景があり人や物が活動することそのものの楽しみを知ることができる。


そして映画の中盤、我々は衝撃的な事実を知らされることになる。

「兄さんに欠けているのは…目的よ。」

そう、この物語の主人公は目的を持たないのだ。
つまりこの映画は物語上、特に目的を持たずに展開する、という宣言がなされたということである。

その言葉の通り、ユロ氏は物語上の役割を担うことをしない。画面にただ存在し、その場で起きる個々の出来事に反応するだけである。その様子が動くことを最小限にとどめた、定点カメラのような映像でスクリーンに映しだされるだけである。

これを言葉でいうのは簡単だが、実践するのはとても難しい。ズームや複雑なモンタージュを駆使することで、大方の粗は隠される。パンフォーカスかつ据え置かれたカメラで捉えられた映像は、剥き出しの映画を観客にさらけ出してしまう。構図、物の配置、演者の動きの調和を失えば、一気に映画は崩壊する。

さらに、有能なコメディアンでもあるジャックタチはら何の土産もなくこの映画を締めくくることはしない。きっちり心温まる手土産を観客に持たせ、気持ちよくそっと本を閉じる。

どこまでも爽やかに、どこまでも抜かりのない映画である。
iq3

iq3の感想・評価

3.0
アッハッハッハッハ
釣られ笑いする…
キュートでヘンテコで楽しい
チャップリンは泣くんだけど
この作品は笑った
No.337
全部が好きなんだけど、視覚的なギャグが多かったせいで友人に魅力を説明するのに苦労した。そしてそんだけ伝えたのに未だに見てないらしいからウケるわ。
古い映画らしい、ほのぼのしたタッチ。
無声ではないけど、無声映画のよう。
やさしい世界
伯父さんのやらかしで1番好きなのは
『ソーセージにしちゃあ、デカすぎるな』
のシーンにて、決定です。

もっとヘンテコな要素たくさんだと
もっと好きかも。
・クスっと笑える描写が多い
・細かいところで、笑いが散りばめられてる感じ
・伯父さんのセリフがほとんどなく、パントマイムのよう
・映画的な起承転結で盛り上がる、というよりは、日常を垣間見るような感じ
・フランスの街並みがどことなくおしゃれ
・平和でかわいい面白さ
>|