ぼくの伯父さんの作品情報・感想・評価

ぼくの伯父さん1958年製作の映画)

MON ONCLE

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.9

「ぼくの伯父さん」に投稿された感想・評価

ナオ

ナオの感想・評価

3.4
ユーモアとお洒落が詰まった映画。センスいいな〜〜
話をっていうよりか映像とか音楽を楽しむタイプの映画のようです。

ユロおじさんがほとんど喋らないのと、その分周りにおしゃべりが多いののバランスや皆のゼンマイ仕掛けみたいにちゃかちゃか動く感じも可愛かった〜
anakan

anakanの感想・評価

4.0
色も絵も、シニカルなスタンスもユーモアセンスも。総じて好み!
純

純の感想・評価

4.7
小さなものを見落とさないという優しさ。忙しない世界の片隅にこんなに穏やかでのんびりとした生き方があるんだなあ、と気が抜けちゃいそうな愛らしさが沢山溢れていた。モダンに近づくほど人間の占める面積が多くなる世の中で、ユロ伯父さんの眼差しの先に小鳥や犬がお利口にしたりやんちゃしたりしているのが、本当に和やかで癒される。

間抜けで、とんちんかんで、へんてこで。なんなんだこのひとたちの毎日は、と本当に笑いが止まらない。嘲笑じゃなくて、なんだか可笑しくてどうしても笑わずにはいられない、素直な笑い声が聞こえる明るいユーモアが最高だった。何だろうね、トムとジェリーを観ているときのような、ちょっと馬鹿っぽくて愉快で、それでいてあの独特なシュールさの虜になってしまうあの感じ。何度でも噴水には笑っちゃうし、悪気のない犬たちが本当に愛らしいし、どこか抜けている伯父さんの人間味が大好きになっちゃうし。起承転結なんてまるでないけど、好きなだけ眺めていたい生き方が優しく描かれている、本当に素敵な作品だと思う。

無機質なモダン建築の中に映える人間臭さ、不完全さが魅せる安心感は素敵だね。全自動システムで外観もモダンな家に住んでいる伯父さんの妹とその旦那さん。この家でのシーンがすごく多いんだけど、子どものジェラールにとっては何か質素で物足りない、温かみに欠けた空間に思えたんだろうなあ。本当はお父さんもお母さんも人情たっぷりのひとたちだけど、子どもにとってはつまらない表面だけが見えちゃうんだね。そして、その機械的な生活に飽き飽きしてるから、おっちょこちょいで頼りなさげな伯父さんに惹かれるんだろうと思う。

なんとも言えないあの不安定な感じが良い。上手くいかなくても大丈夫にしてしまえるあの陽気さ。作品中ほとんど口をきかないのに、滲み出るあの朗らかな陽気さに、本当に本当に癒される。気が抜けているだとかドジだとかは頭が弱いって意味じゃなくて、伯父さんが自分の時間軸を失わずに生活できることへの賞賛。あんなに周りに流されず、見返りを求めずにひとに接せられるひとはなかなかいないもんね。損得で動かないで、自分が大切にしたいと思うものに素直に心を傾けて、寄せて、浸らせる。ゆるやかな時間を生きているというよりも、そういう時間を作り出せる独特の世界との関わり合い方ができるひとなんだよなあ。ゆるいのに確かな、世界との結びつき。あんな風に暮らしてみたい、景色を眺めていたいと思わずにはいられない。

誰もひとを傷つけるひとがいないっていう要素も、この映画の魅力の一つだと思う。嫌な気持ちにさせるひとがいない。前述したように、伯父さんだけじゃなくてお父さんも本当に魅力的な人柄で。仕事を頑張りつつもたまに間抜けな一面があったり、一般的に見たらちんたらしているような伯父さんの持つ不思議な魅力に実は憧れていたり。人間が持つ色々な感情に正誤や優劣をつけずに肯定した一本だから、本当に多くの人に観てほしい。

軽やかな音楽も、この作品ののんびりした平和な世界を作り出す大きな役割を果たしてくれていた。そして音楽だけではなく街が生きている音がするっていう点が、私が一番好きだったところかもしれない。特にユロ伯父さんの住む街は本当に好みだったなあ。人々の心の持ち方、時間の流れ方が透き通っていて眩しくて、光の街みたいだった。生活音も会話の一つ一つも、すべて何気ないのにかけがえのない一瞬一瞬を形取っていて、皆が自由で。社会人になる前にこの映画に出会えて良かったと思う。ほんの少し急ぐのをやめて、朗らかな心持ちを思い出せば、世界はこんなにも穏やかにゆっくり回っているんだと実感できる。ひとは優しいんだなとうっとりできる。少し皮肉を交えつつも、根本には温かい眼差しがあることが感じられる、愛に溢れた作品だ。毎日が美しく、毎日が愛おしい。そしてそんな毎日を生きている私たちも、きっと美しく、愛おしいよね。
なみき

なみきの感想・評価

5.0
伯父さんがあんまり喋らないのと、なんとなくへんてこで派手な身振りの人物が多いのとで、ちょっとチャップリンっぽい? 建物や舞台装置、衣装、振る舞い、どれもこれも可愛いです。お魚噴水の圧倒的な存在感! 噴水を壊してしまうシーンとか、水に濡れたのをこっそり乾かしてるシーンとかで笑ってしまいました。
m

mの感想・評価

4.0
マイペースでどこか抜けてるユロ伯父さんが、ドジすぎるところも含めとにかく愛しくて可愛いです。魚の噴水、オートシステムの家電や窓、ガレージ…便利で奇妙なあの家の品々にもやられました、笑えるシーンがたくさんで楽しい。軽快な音楽もとても合っていて良かった。観たら確実に癒されるというか、余計な力が抜ける感じです、好きです。穏やかなコメディで休日感が凄いです。そして砂糖とジャムたっぷりの大きな揚げパンがとても美味しそうでした。
のりこ

のりこの感想・評価

3.0
苦手なタイプの映画やった。
でも全員チャーミング。できれば伯父さんの妹の様に生きたい。
最初の音楽のシャレた感じ好き。
揚げパンうまそうだな。
謎の遊び。伯父さんの動きがいい。
音楽が行動と合ってた。
Zuidou

Zuidouの感想・評価

3.5
わんこで始まりわんこで終わる。「人間なんて野良犬みたいなものさ、気楽にやりたまえよ」という監督のメッセージのような気もしますが、はてさて。ユロ伯父さんは軽度の発達障害なのか?とか変に勘繰ってしまったけど、きっとそんな風に見るべきものでもないのでしょう。ただただ軽快な可愛らしい音楽と共に綴られるほんのり皮肉の効いた社会の有り様を眺めていればいい。たまに見かける傘の先端を前へ向けて持ってる人がなんとなく攻撃する気満々に見えて嫌いだったんだけど、もしかしたら無意識に後ろの人に当たってしまわないようにっていう優しさだったのかもしれないと、伯父さんを見ていて思った。
Risa

Risaの感想・評価

4.0
実はジャックタチは、プレイタイムしか観たことないんです。
休暇の方を先に観ないといけなかったのね。。
穏やかな日常の中に 皮肉を明るく取り入れるスタイル。

あの3階の家造り、わざわざちょっと下がる工程。あの手間の愛おしさは、とても伝わります。

下町のユロ叔父さんとコンクリートのモダンな近未来ハウス

近未来ハウスはモダンでオートメーション化な造りなのにびっくりするほどスマートでは無いんです。違和感が落ち着きません。もはや下町よりも無骨なんです。
鉄筋コンクリートで骨があると思いきや。

下町は無骨なのが良いけれども、スマートでないモダンは 滑稽です。

モダンなのが悪い訳でなく、流行だけで流されて変わって行くのが滑稽に見えてしまう。
変わり続けなければ後退するのと一緒というのも分かりますが、恒久な魅力が無いものの価値なんて、、一瞬の刺激のみです。感慨深い。
インダストリアルなもの造りは 本当に機能的で良い材質でないと安っぽいですからね。

まさしく今 オートメーション化していく世の中、安く数売る為に安い材質に変えていった電化製品メーカーなんかは本当に残念。古くなったら買い換える の繰り返し。
でも 世の中の主流はまさにそれ。
求められてるのは そっち。
なんとも耳が痛い。。

私の一番好きなのは序盤の犬と魚の威嚇シーン。
たまーにこういうのは癒される。
犬たちがなにげにいい演技をしていて花を添えてくれる。
風景をみているだけでも楽しいかも。
>|