女と男の観覧車の作品情報・感想・評価・動画配信

女と男の観覧車2017年製作の映画)

Wonder Wheel

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:101分

3.5

あらすじ

「女と男の観覧車」に投稿された感想・評価

橋

橋の感想・評価

3.5
ウディアレンて若い子はセクシーでスマートに描くのに毎度おばさんには痛々しい役させるから嫌いなんやろな、、、
ケイトウィンスレットなかなかオバってたなー。
vivalaviwa

vivalaviwaの感想・評価

3.2
レトロ色なのに
とても鮮明にくっきりとした印象

画像の美しさと
ジニーの二の腕がすてきだった

登場人物が
ふいに、こちらに語りかけてくる
この感じ、前にも観たな〜
(でも思い出せない)の感覚にもやもや

おとな女性が
なんだかから回って
報われなくてっていう
とってもブルージャスミンな感じ
rynn

rynnの感想・評価

3.8
ウディ・アレンって女というものに恐ろしく恨みを持ってるんですか、、、?
驕ったゲスい女の描き方が上手いなぁほんとに

そして内容と反比例して音楽がまた幸せ。50年代 ブルックリンの遊園地 ノスタルジックな雰囲気に蓄音機のような音質がマッチしていてとても良い。

海岸の遊園地といえば us という私の中でのトラウマイメージが上書きされてよかった、、、しかしまた別の意味でトラウマ
moet

moetの感想・評価

3.5
Woody Allenの地元が舞台なんだ!🎡
色彩が美しくてそれだけでも見る価値がある。
主人公が自分の人生語る時に顔に照明が当たる演出が好き、舞台女優だね〜

ドラマチックに皮肉的でブルージャスミンみがあって良かった。全然笑えないんだけど。

何かが燃えてるのを見るって浄化作用があるんだって、憂さ晴らしに見えて癒されたいのかも。子供と向き合ってあげてよお母さん 目を覚まして
Qchan

Qchanの感想・評価

3.2
俳優陣が豪華。
終わり方はイマイチだったが、映像や音楽が美しく、退屈の無い映画。
PARKS12

PARKS12の感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ウディ・アレンのコミカルな作品が好き。今回はメンヘラ要素が強く期待どおりではなかったかな。
ストーリー関係ないけど、WONDER WHEELめっちゃ怖いから🎡
Rio

Rioの感想・評価

3.5
自分と血の繋がった人のことしか本当の意味で愛せないのかも。恋とか夢とか希望とか、あくまで人生のプラスアルファですごく脆いものに感じてしまったな。
辛くても人は簡単に死なないし、幸せでも不幸せでも皆平等に世の中は進んでっちゃう。人生甘くないな〜。
ケイトウィンスレットの悲壮感ダダ漏れ具合はさすがすぎたし、ゆらゆらと儚い色彩は美しかった。そしてウディアレンの皮肉さは今回も通常運行でした。
まがり

まがりの感想・評価

3.9
顔に当てる照明の色味、画面全体の色彩はさすがウディアレン。
赤と青の切り替えが人物の心境の変化に合わせてコロコロ変わって画面から目が離せなかった。
この作品を見ながらチャットモンチーの真夜中遊園地を連想していた。
音楽と美術と照明はいつも通りとてもよかった

ケイトウィンスレットの痛々しい演技がすさまじい
記録。
美しいコニーアイランドの景色に似つかわしくない、ウディ・アレン流ドロっドロのメロドラマ。
ビーチのカラッとした爽快な印象とは180度反対の湿り気マシマシな人間模様に、怖い物見たさをチクチク刺激されて最後まで目が離せないw

登場人物の心情を表すかのように変化してていく照明の演出もニクいし、なーんも解決せずに終わるラストのやり逃げ感も本作に関しては何故か好印象。名演を見せたケイト・ウィンスレットの達観したかのような表情と共に刻まれる心地よくない余韻が味わい深い。
やっぱ僕ウディ・アレン大好きだわ笑
>|