女と男の観覧車の作品情報・感想・評価

「女と男の観覧車」に投稿された感想・評価

中庭

中庭の感想・評価

4.1
ヴィットリオ・ストラーロの手がけた退廃的な彩りが画面のあらゆる細部に宿る。人間的な醜さがいかんなく発揮される前景も、遠い過去の夕焼けを映している化のような後景の空も、違和感を限りなく押し出さず混同させる手腕はさすが。一台の電話を使ったサスペンスも簡潔で、取り返しのつかない出来事が起こった余韻が画面を満たしたまま終わってしまうあのあっけなさも晩年のウディ・アレンに特徴的なもので、素晴らしい。
親と子、家族というのはお互いがお互いを縛り付けて傷つけ合うように出来ていると思う。
親が恋に夢を見て現実逃避をする中、息子は募らせた不満を所構わず火を付けることで正気を保っている...
Karen

Karenの感想・評価

4.2
他人の辛くてやばい話は最高!ザ・所詮他人事! 過剰すぎる演出やセットの現実味のなさ . それによってより浮かび上がる人物の滑稽さがな〜よい . 当人たちからするとはちゃめちゃにやばい話だけど 、一歩離れて見てる人には相当滑稽にみえてるよといういつものウディ・アレン節

このレビューはネタバレを含みます

エゴイスト女×コ二―アイランド×観覧車。
良いセンスしてるわぁ🎵

観賞後にじわじわとやって来ますよ
こういった手法は❗ウディ・アレン。

舞台女優として、演じきった恍惚の表情
余韻を浸ってる間もなく、現実に戻されたシーンは、なんとも笑えたwww。

釣りいくか?・・行かない。
好き、、、、!!!
舞台のコニーアイランドはとても美しいし、映像の色合いがとてもどストライクでした。
あのお家はうるさそうだけど、憧れます。
あとあの息子、あの家庭環境だったらそうなるよな...と感情移入して悲しくなってしまった。そしてあの妻みたいな女にはなりたくないなぁ...気をつけよ。と思いました
asami

asamiの感想・評価

3.7
‪ブログに感想書きました。

‪女と男の観覧車【ネタバレあり感想】理想の愛を追い求め堕ちていく女と男。虚しさしか残らない映画。‬

https://wp.me/p9fJ2j-Qx‬
ジニー、痛々しすぎる。
恋は人を成長させてくれるけど、
恋は人を狂気的にさせる。
atsu

atsuの感想・評価

3.6
ケイトウィンスレットあってこその映画ですが、テーマは別に今までの別の映画でもたくさんある話だし、新しさが感じられない。ウディアレンは好きなのでまた次回に期待をしたい
あお

あおの感想・評価

3.8
昔の作品とくらべるとつくりが
あらい感じがしたが
ウッディの人間をみる洞察力は
素晴らしいとは思った。

恋愛は時として
ナイフの様に人を刺し殺して
人を狂わせてしまう。

この映画は人間のドロドロした
感情や人間模様がよく描かれてはいた。
ウディアレン監督作品。
カラフルな作風と揺れ動く人間関係の描写はアレン節だなーって感じました。

1950年頃のアメリカを舞台に、ある家族の人間関係を描いた作品。冒頭のビーチのシーン、遊園地のライトなど、カラフルすぎてお洒落です。カフェソサエティと違い、言葉で魅せる作品だったと思います。ただ、ウディアレン監督は言葉で魅せる作風なので、英語に親しんでいない僕たちにはちょっと難しいと思います。

でも、んー、僕には登場人物たちの心情がうまく読み取れなかったです。子供達の将来も心配だし...。今回はダークな感じだったなー。
>|