女と男の観覧車の作品情報・感想・評価・動画配信

女と男の観覧車2017年製作の映画)

Wonder Wheel

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:101分

3.5

あらすじ

「女と男の観覧車」に投稿された感想・評価

わからないけど、わかるわかるー
て思わせるのがウディ・アレンのすごいとこ?
迫真の演技なのか、それとも素なのか。ケイト・ウィンスレットの更年期BBAっぷりがやけにリアルでおぞましい。チープな素材をウディ・アレンというブランド名で飾り立てる、毎回これの繰り返し。いい加減懲りたらどうだ、観る自分(苦笑)
ホラー。。

ハンプティをひどい父親として描きすぎ

不倫相手でストーリーテラーのミッキーに全く魅力を感じなくてつらい。
そこに義理の娘を加えた三角関係は控えめに言っても地獄絵図。

終始、息子が不憫。

ウディ・アレンは好きだけど
この映画から受け取るものは特に何もなかった
おさ

おさの感想・評価

1.0
ジャケの色合いが好きで随分前に寝ながら見た
良さが全くわからなかった

ミッドナイトインパリが大好き、という話をすると、周りの人にはウディアレンは嫌いなんだ、と言われることが何回かあった
こういう映画がウディアレンらしい作品ならば好きではないな
話の展開がスローすぎるし、ジャケみたいな鮮やかな色合いを感じるところも特になかったから別に色合いも好きってことはない
Aoi

Aoiの感想・評価

4.3
映画の雰囲気も、話の内容も好き。
すれ違いがもどかしいけど、人生そんなものな気がする。
座敷童

座敷童の感想・評価

4.0
ウディ・アレンの暗い日常に淡い光(それはときには醜い不倫)が差し込むようなこの感じは好きだけど、中盤からドロドロ。最後の20分間アマプラ止めたり動かしたりしてた。ミッキーってジャスティン・ティンバーレイクがやってるのね。
ロック

ロックの感想・評価

3.9
ジニー→ミッキーと不倫
ハンプティ→ジニーの妻。
リッチー→ジニーの子。放火が好き。
ミッキー→監視員
キャロライナ→ハンプティの子。

5人の関係がほんとにごっちゃごちゃ。
よくもまあここまで歯車狂うもんだ。

最初の遊園地のシーンで50年代の遊園地の雰囲気味わえてそこは楽しい😊

前半のうちは不倫を美しく描いた作品かと思ってたんだけも、後半はもう…筆舌しがたい物語でした。

過去の栄光に浸りいつも過去の話をするジニー、キャロライナとミッキーがいい雰囲気になって嫉妬からキャロライナにあたるジニー。
女の本性というか、汚い部分というか、それら全てをさらけ出してるのがジニー。醜い部分が見え隠れする。終盤はもはや醜悪の塊。
「人間は愛が絡むと理性を失うのね」なんで盛大なブーメラン。

色合いはめっちゃ綺麗。話してる気分に合わせて儚い過去の美しい恋(夕焼け)から長く続く退屈な現在(夜)に繋げるとこなんてすっげえよほんとに。

そしてウディの得意分野(だと勝手に思ってる)雨☔️!
今作では雨で出会いを演出。
ミッキーとジニーは雨の日に監視員の仕事が無くなる事をきっかけに逢瀬を。
ミッキーとキャロライナは雨の日にミッキーが車に乗せていい雰囲気に。

違うところで雨がきっかけになるなんて、皮肉であり美しくもある。ウディ・アレンの世界観好きだなぁ。
リカ

リカの感想・評価

3.8
ジャスティン・ティンバーレイクそっくりの俳優さんだなーと思っていたら、本人だった。あんなに童顔だったかな?? 若さはいいね
ArisaF

ArisaFの感想・評価

3.5
光の演出がめっちゃ綺麗
火遊びの意味がここ読むまでわからなかったので映画勉強しなおしてきます
marimo

marimoの感想・評価

3.6
コニーアイランドのネオンライトが室内を照らしたり、突然切れて月光に変わったり。光の使い方がとても良かった。

恋の火遊びと加熱する息子の火遊び。ウディアレン風のおふざけ。

あの時代のコニーアイランドの雰囲気好きだな。ふわふわしたどピンクの綿飴みたいな感じで。
>|