ミッドナイト・イン・パリの作品情報・感想・評価

ミッドナイト・イン・パリ2011年製作の映画)

MIDNIGHT IN PARIS

製作国:

上映時間:94分

3.8

「ミッドナイト・イン・パリ」に投稿された感想・評価

Mycroft

Mycroftの感想・評価

3.5
これと言った何かがあるわけではないけれど、はなしにはいりこめませんでした。どうもウッディアレンとは相性が悪いみたい。
ゆ

ゆの感想・評価

2.5
そもそもこの2人なんで婚約したんだろう。。パリを歩いている気分になれる映画。あと歴史をちょっと復習してから観るとまた違うかも。
ルリ

ルリの感想・評価

3.7
マリオン・コティヤールがもうめちゃくちゃ綺麗で美しい
レア・セドゥも可愛い
出演者が豪華でいろんな芸術家が出てきて面白かった
最初のパリの街並みの音楽と映像がまさにウディ・アレンって感じだった
パリに行ってみたくなる
みさと

みさとの感想・評価

3.5
現在って不満なものなんだ、それが人生だから。結局人ってないものねだり、だけど私は何だかんだ今の時代に生まれてよかったと思います。不満と満足の毎日だけど振り返ってみれば充実してる!からよし!
パリの街並みが綺麗だし、やっぱり雨も滴る。割と単調だなあと思ってたけど劇中歌とか可愛い洋服とか終始きゅんきゅんしながら見られました。
やなす

やなすの感想・評価

3.8
パリ行きたい!
映像が綺麗だし、玉ボケとか多くて素敵。
なんだかんだのんびりしてて良い映画🍀
映像がとても綺麗。
今に向き合ってるからこそ不満が生まれるかもしれない。
ゆうき

ゆうきの感想・評価

4.0
「現在は不満なものである」
タイムスリップする映画はやっぱり好きですね、歴史上の人物と現在に生きる人間が交わる描写が好きです。
suzuki

suzukiの感想・評価

5.0
"現在"って不満なものなんだ
それが人生だから

真夜中のパリで1920年代風の車に乗りこんで2010年から1920年代にタイムスリップする小説家のギル。浅知恵の私でも知ってるような有名な芸術家がいっぱい出てきてすごいワクワクした。どの年代でも結局は無い物ねだりなんだな〜

雨の日のパリに行ってみたいな
旅行でパリを訪れた脚本家の男(オーウェン・ウィルソン)が、0時の鐘の音に導かれて1920年代の芸術が花開く世界へ迷い込む!というお話。

ピカソやダリ、モネの睡蓮くらいは聞いたことや見たことがあったけど
絵画や音楽の知識が深ければ、もっと楽しめたんだろうなぁ。

“いつの時代でも、現在というのは不満があるもの”
現状に不満があるからこそ、良いものは生まれるのかもしれない。
もりや

もりやの感想・評価

3.6
どの時代の人間も
昔はよかったと言うのだろう
そこまで美術には詳しくないけど
知ってる名前沢山出てきてわくわくした
>|