ミッドナイト・イン・パリの作品情報・感想・評価

ミッドナイト・イン・パリ2011年製作の映画)

Midnight in Paris

上映日:2012年05月26日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

「ミッドナイト・イン・パリ」に投稿された感想・評価

みさき

みさきの感想・評価

4.1
"現在"って不満ものなんだ
それが人生だから

字幕版で観てこのセリフが1番印象に残った。

自分はよく過去に戻りたくなるけど、実際のその時はそれよりもっと前に戻りたいと思ってるなと思った。
ひろき

ひろきの感想・評価

2.5
お洒落な映画の代名詞
懐古もいいけど、もう過去は過去なんだから…
ふとしたきっかけで過去にタイムスリップする話。
あの時代の、あの芸術が素晴らしい!と思っていても、その時代の人も一昔前の芸術がいいと思ってんだよ、ってはなし。
懐古もいいけど、やっぱり今を生きないかんよね。

って過去を振り返ってばかりの私には刺さる話でした。

ちなみに、私はロートレックが好き。
izumi

izumiの感想・評価

3.7
パリいいなぁ!!ってこんなに思うことはない。
オープニングの空気感に完全に心持っていかれた。
お洒落な音楽にお洒落な映像、、ロマンチックそのものもパリの空気がもろに伝わって、あれだけでも余韻に浸れそう。

1920年代の絵画は私も好きなんだけど、文学に音楽にといろいろな方面の芸術家出てきて、ついていけなかったのは本当に残念。
芸術家たちのセリフがいちいちかっこよかった。
その芸術家のことをもっと知っていればもっと響くんだろうなと思う。

いつだって人は「昔は良かった」って言うんだな〜って思った。
あんなに懐古厨だったギルが「現在に満足できないのが人生だ」と悟ってアドリアナと別れるシーンは、なんだか寂しくて切なかった。

ギル平気で二股しようとするし、イネズやなやつだったし、キャラクターはあまり好きになれなかった。笑
ストーリーやキャラはおまけかな。
軽快なストーリーを肴に、お洒落でロマンチックな雰囲気を存分に味わう映画。
疲れてたのかそっこー寝落ちて夜中に鑑賞し直したのが逆に良かった(笑)音楽が子守唄になってしまってたようでグッスリだった。冒頭のパリの雨の中のカラフルな傘達が綺麗。雨は嫌いだけど。プジョーや馬車でタイムトラベルできるのおシャンすぎ。あと12時過ぎっていう夜の設定も良かったな。ノスタルジーさが増す気がする。シンデレラとは反対で12時の鐘が鳴りそこから非現実が始まる。自分も夢心地のような感覚で観れたし、ナイトオンザプラネットも夜~真夜中の時間帯に物語が設定されてて好きだったし、昔から夜が自分にとって1人になれたり自由になれる時間帯だから好き。韓国、台湾旅行に行った時も夜な夜な出かけたり散歩したりしてたの思い出した!旅先での夜のお散歩って良いよね。著名人達に出逢ったギルの驚いた顔から状況把握してだんだん笑顔になってノリノリになる表情の変化が可愛かったな。ダリとロートレック好き。あと、結婚するなら価値観は絶対合ってないと無理だぞ!って思いながらずっと観てた(笑)ギルがあんな面白い話してくれたら私は感覚型だし信じちゃうタイプだけど全否定して話聞いてない婚約者は現実主義だったのかな。だから、最後の雨のなか濡れても大丈夫って言えるあの娘がすごく素敵に見えたしそーゆーちょっとした感覚を共有できる事の大切さに気付かされる。何を"良い""素敵"って思えるかどうかが重要!あっ!いくら時間が無かったにしてもほかの女の私物をプレゼントにしちゃだめー!(笑)プレゼントは値段じゃなくてどんなに安くてもボロでも自分の為に選んだ、買ったが大事なのよ!1番好きなシーンは、赤味のある暖かい街頭の光が指す道路を渡ったあとキスした後の2人の会話。理性をすっ飛ばして行動が先になってしまうことも悪いことではないし、ギルのセリフのように正直に「分からない」で良いと思う。でも「永遠を感じた」って素敵。結局のところ男も女も気持ちを伝えなきゃ分からないことだらけだから素直に伝えてるギルが愛しかった。現在を生きることが嫌になることは沢山あるけど、この時代が黄金時代だったと未来の人達に言われる時が来るのかなぁ、、
im

imの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

トムヒ目当てで鑑賞。
夜中の12時になると過去に戻ることが出来るというファンタジー要素もありつつ、現代と過去を行き来すること変わっていく主人公がおもしろい。
パリの街並みもたっぷり楽しめる。温かみあるフィルムっぽい撮影方法も、お洒落で素敵。
過去はすごくキラキラしていて、現代は、ゆったりと時間が流れていそうな感じ……実際のパリもあんな感じなのかなぁ

淡々としてるから、ストーリー的にはあまり面白いっていう作品では無かったけど、芸術面ではすごく素敵な作品だった

トムヒすこしだけだったけど、爆イケだったし最高でした〜
嫌な人間出てくるからウディアレンの映画は好きだなー。みーんな過去のが良いってなっちゃうのね。とにかく好きな映画。ジャズも良い。
プリキュア映画みたいなオールスター感ある。作家たちに関係した小ネタも多いしたのしい映画だった、映像も美術もおしゃれ。個人的にはダリが似すぎててふふ……と思った。それにしても主人公はそんなに愛されなくてよくないか?
mk

mkの感想・評価

4.5
オープニングからノックアウト。
パリ好きにはたまらない。
ただただ、素敵!
揺蕩う

揺蕩うの感想・評価

4.0
わたしの好きをど直球に狙ってきただろって映画、最高以上の言葉を送ります
>|

あなたにおすすめの記事