アジアの逆襲の作品情報・感想・評価

アジアの逆襲1983年製作の映画)

製作国:

上映時間:30分

ジャンル:

3.2

「アジアの逆襲」に投稿された感想・評価

超能力開発されている傭兵みたいな連中が、自由と自分の能力を発揮するための戦場を求めて訓練している地下みたいなところから脱走するがそこには戦場も敵もいなくて…でもやがて原爆みたいなのが戦争が始まりそこに意気揚々と向かっていく、らしいストーリー。

アンタも好きねぇ、というようなイメージの連続。
でもちょっと大人になってから観るの、気恥ずかしくもある。
ドラマが減退した表現方法だけに「映像」そのものに耽溺して楽しめながら一気に退屈になってしまうし、その構造自体、読み取れる物語自体の演出が、ドラマに対してのものではない分、ドラマが希薄=陳腐に見えてしまって「なんか好き」あるいは「なんか面白くない」のどちらかに分かれる、あるいはその両方といったボヤけたものにしかならない構造を持ってしまうなぁ、のまぁ、気づきはありました。
素晴らしい!破壊的ユーモアの最高峰。石井監督作品で1番好きかもしれません。ジェットコースターに30分乗る感覚、映画で体験したのは初めてです。
stoooo

stooooの感想・評価

3.6
今だからだと思うが、字幕の出方がカッコいいけど、笑えるのか謎。なんか好きだな〜
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.5
もちろんリミックス版だけどやっぱ音楽が古く感じるのはしょうがないな。
女のひとかっこいいと思ったけどGAUZEのかたなのか。
Remix live versionのみ視聴。こちらの方が実験的にも思えた。オリジナルがすごく気になる。この作品の真価はオリジナルにあるような気がする。機会があれば、観たいな!
てっぽ

てっぽの感想・評価

3.5
映像も音楽もノイジーで前衛的
ストーリー性は無いが退廃感漂う
近未来的なサイバーパンク⁈
予算的な事もあるかと思うが実験的な映画で力作
元ガーゼの女性ギタリストのヒデ丸(故人)が出演している。
DVD収録のremix live ver.のみ鑑賞

このremixとやらが成功してるのかは甚だ疑問に思った。
オリジナル見てないけど、何かPVみたいになっちゃってて、映画の体を成していないような…。
最後の“阿字阿逆襲”はシビレたけど、英語字幕に炎のエフェクトとかちょっとダサイと思ったし。
……あっ! でも、仲間割れのとこは格好良かったです! ガーゼのヒデ丸さん(♀)もマブかったっス!
岳龍先輩、ナマ言ってサーセン!
麿赤字の身体表現。

あのライティングが本当に尊敬する。
本番中なぜ照明部は動かないのか。
撮影部とは分別されて存在するはずの照明部が演出をして何が悪い

やっぱり音楽小野川さん!
最高の音楽をありがとう
2015/09/18
DVD

PV的なビジュアル…
音楽と映像の融合…
パンク…
考えるな、感じろ…
ナル

ナルの感想・評価

4.0
人体改造、脳を120%使えるようにするための実験、隔絶された空間からの脱出、その中で起きる反乱、果たして彼らの運命はどうなってしまうのか、、、

ノイズ混じりの画面、ディゾルブを多用、英語の字幕、字幕にエフェクトを付けちゃう、これらが石井聰互の世界観を作り出している。

実験映画、いろんな意味で。
鳥肌5回ぐらいたったわ、最高です。
>|