大和(カリフォルニア)の作品情報・感想・評価

大和(カリフォルニア)2016年製作の映画)

Yamato (California)

上映日:2018年04月07日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

神奈川県大和市。この町は戦後米軍基地と共に発展してきた。厚木基地の住所はカリフォルニア州に属しているのだという都市伝説があるという。 10代のラッパー・長嶋サクラは、日本人の母と兄、母の恋人で米兵のアビーに囲まれ、この町同様、複雑な関係性の中で育ってきた。アメリカのラッパーに憧れて、サクラは毎日ラップの練習と喧嘩に明け暮れる。ある日、アビーの娘・レイがカリフォルニアからやってくる。日米のハ…

神奈川県大和市。この町は戦後米軍基地と共に発展してきた。厚木基地の住所はカリフォルニア州に属しているのだという都市伝説があるという。 10代のラッパー・長嶋サクラは、日本人の母と兄、母の恋人で米兵のアビーに囲まれ、この町同様、複雑な関係性の中で育ってきた。アメリカのラッパーに憧れて、サクラは毎日ラップの練習と喧嘩に明け暮れる。ある日、アビーの娘・レイがカリフォルニアからやってくる。日米のハーフで、サンフランシスコで生まれ育ったレイ。好きな音楽の話をきっかけにして2人は距離を縮めていくのだが――。

「大和(カリフォルニア)」に投稿された感想・評価

アメブロを更新しました。 『「大和(カリフォルニア)」学生時代に大和近辺を根城にしていた私にはちょっと違和感がありました。』 https://twitter.com/yukigame/status/1020378303817920512
地元のジャック&ベティで。
HIPHOPの精神がそこには確かにあったと思う。
り

りの感想・評価

-
韓英恵が素晴らしいとしか言いようがない 大和は知らないけれどきっとあんな感じなのだろうなという再現はよかったけど、途中に入るバンドのふわっとした映像が謎だった
大和、 HIPHOP、青春。
他にない傑作になり得る要素は揃っているのに、熱量が感じられずもったいない。

この映画で描かれるアメリカ、日本はボヤッとしている。

HIPHOPはアメリカをルーツとしているが一つのカルチャーでしかないし、米軍基地問題との関連性は薄い。
伏線回収されない福島の汚染問題は、何でチラ出したんだろう。

なぜ主人公サクラがHIPHOPが好きなのかがイマイチ伝わってこない。(レイがベイエリアのラッパーだとE-40やLil Bを推すシーンも不自然。)

上下スウェット、ラグランにデカいクロスのペンダントなどファッションがさすがにダサい。
ラップバトル、ライブの観客の動きもゾンビのようでビートにノレていない。

サクラが最後までポエトリー・リーディングをするだけで、Rapはほとんどしないことからも、HIPHOPを主軸に置く必然性は感じられない。
アメリカのコピーではなくオリジナルを目指すとはいえ、言葉をビートにノせてないだけで、独自性があるわけでもクールでもない。
自分の想いをRapにしたい気持ちはわかるが、そのパフォーマンスは日頃の鬱憤の発散としか思えなかった。

ただ韓英恵と遠藤新菜の演技とキュートさは素晴らしく、ダサいシチュエーションをも青春映画として成立させてしまう。

2人の瑞々しい友情など美しいシーンが多いが、色々言いたいことがとっ散らかっていて、まとまりがなくそこまで心に響かなかった。
韓英惠さんと遠藤新菜さんの泣く演技は鳥肌もんでしたが、自分の心境を言い過ぎるのとサクラが全然ラップしなかったので期待はずれでした。正直、ちゃんとしたラップが聴きたかったのに、それがNORIKIYOさんだけだったのでがっかりです。

厚木基地と福島第1原発などの社会問題を取り扱っているのに発展しないまま終わってしまいました。結局それを入れて何がしたかったのかが分からなかったです。

でも夢のシーンは圧巻でしたよ。ヒップホップ?とは思いましたが、韓英恵さんが圧巻の演技を見せてくれました。音楽の演出も良かったですね!
(余談ですが、このシーンのバンドの演出がback numberのハッピーエンドのPVみたいでした。)
18/07/11 元町映画館にて

GEZANの Liveシ-ンは鳥肌もん。音響は大きめで...

韓英恵の、田舎のヤンキ-っぷりに 眼福。
tohta

tohtaの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

「生きているんじゃなくて死んでないだけ」や「何が流れてるのかわからないから何が流れてるのかなって想像するのが楽しい」(多分正式には書けてない)など、監督自身がラッパーなんじゃないかと思うほど台詞がパンチライン天国。

最後ののど自慢大会もあの手のラップをさせたのは裏切られたし、完璧だと思いました。


時折、作家性が強すぎて何がなんだかな、何を見せられてるんだろうなシーンもあるように感じたが、個人的には、そのなんだこれという不安感から来る恐怖、そして好奇心と発展していき、「あぁ、もしかしたらこう言うわけわかんねぇシーン好きかも」と感じることが出来た。
ありがとうございます。

そして、良くも悪くも韓英恵さんの他の役柄をもっと見てみたいと強く感じた。

なによりも、NORIKIYOがかっこいい。
NORIKIYOのライブはただのライブ映像ではなく、完璧に映画の一部と化していた。
そして、僕は劇場で体を少し動かしながら首を振った。

このレビューはネタバレを含みます

サクラがレイに少しずつ心を開いていくあたりが愛しい、、かわいい、、

ほんとは音楽がすごく好きな純粋な子なんだなあ…としみじみした

音楽の話するときのサクラの嬉しそうな感じがとても好き、、

霊的ボリシェヴィキとまた違う韓英恵さんを見られてよかった
ななな

なななの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

米軍基地のある神奈川県大和市を舞台にした10代の女の子2人のお話。
口を開けばとにかく周りに当たり散らして素直になれないサクラ。荒んた生活だけどラップを歌うことが生きがい。ある日お母さんの恋人(アメリカ軍人)の娘レイが遊びに来てやがて心を開いて友達になるけれど...

とにかく音がよかった!冒頭のベース音にめちゃくちゃワクワク。途中のアーティストの歌もめっちゃかっこいい。
そして大和の昼夜問わずの飛行機の爆音(これが実際なのは本当にビックリ...)と途中の田舎の風景ののどかさの対極もいいなと。
サクラは本当にリアル。こんな人普通に居ると思う。荒んだサクラが言ってた、生きてるのではなくて死んでないだけ(うろ覚え)は刺さったなぁ。サクラとレイの関係と日本とアメリカの関係。その関係じゃなくても物事全般的に声をあげなきゃ誰もわかってくれない。

サクラが最初に散々レイに対して尖りまくってたのに一気に仲良くなるところとか、要はきっかけが欲しかったんだろうな。
サクラが自分に重なるところが多くて、見終わった後にこの監督さんの別の作品も見てみたいなと思った。
スタ

スタの感想・評価

-
米軍基地、ホームレス、家族、中学のころの友達、幼馴染…

サクラを取り巻く環境は、そこに憤りこそ感じれど、その実態は“ただ存在する“だけで、深い意味が問われることはない。

彼女が世界に向ける目は冷たい苛立ちを湛えている。
しかし、そこには外への視点がない。海外から人が来ても、行くのはドンキやらコンビニやら。ここで、この地に足つけて、やっていく。

世界とのディスコミュニケーションを解消できるのが言葉だ、とは言わない。しかし、声を出さぬことには自分の心を伝えられない。


以下公式サイトより
ウッヒョオオォオォォオオォ!!!!
JP THE WAVY
ラッパー