誰かさんと誰かさんが全員集合!!の作品情報・感想・評価・動画配信

「誰かさんと誰かさんが全員集合!!」に投稿された感想・評価

ワン

ワンの感想・評価

3.0
茨城県は水戸で大日本無念塾を営む長吉(いかりや長介)の弟子という名目で忠次(荒井注)、風太(高木ブー)、工助(仲本工事)、塾の書生ヒデオ(加藤茶)らをこき使っていた。彼らは、長吉の指導方針に反抗する度に"忍耐・服従・献身"の塾三ヵ条を唱えられながら、長吉に竹刀でしごかれる毎日。そんな長介の悩みは、女にもてないこと。そこに結城令子(岩下志麻)という美女が現れ、長吉はたちまち熱をあげるが…


【松竹ドリフ第6作目】いかりやの改造手術が面白い。珍しく荒井注が目立っていた。当時は加トちゃんのウンコチンチンのギャグがイチオシだったらしい。偽ラブレターから結婚披露宴は飛躍しすぎだと思う。
誰かさんと誰かさん、ほんとにほんとにご苦労さん、は名曲。
今回は基本に戻った様な全編オーソドックスな映像。やったぜ加トちゃん、うんこちんちん、岩下志麻さん、早瀬久美さんが華を添える。

塾長の長さんとメンバーが悪人を懲らしめる展開。爆発、ポロボロの服と真っ黒の顔でふらふら登場、そして口から煙を吹いて倒れる。このお約束を見れて懐かしくなった。
低調だった本シリーズだが、本作はそれなりに面白い。理由はやはり、脇役の厚さであろう。脇役により物語が支えられ、ドリフのドタバタが際立つ作りになっている。
婚約披露宴で『麦畑』を歌うシーンは見事。ドリフターズは、歌わせないと!
三四郎

三四郎の感想・評価

2.5
本当は1.0の評価にしたいけど…岩下志麻が出てるから!
これまで観てきた全員集合シリーズの中で冒頭から退屈しなかった稀な作品。こんな喜劇映画に木暮実千代が登場するのにも驚いたが、まさか岩下志麻まで登場していたとは!岩下志麻が出るのは冒頭のクレジットでわかっちゃいたけど、画面に現れた瞬間、映画の雰囲気が変わった!笑 なぜかかなり声張ってるなぁ。手術シーンは勘弁してほしかった…。
全員集合シリーズ6作目。まーよう飽きもせず似た様なことを何度もやるなと。岩下志麻がヒロインってのは良いよね。
いかりや長介に散々ボコボコにされた荒井注が腹癒せに長さんを改造手術してやろうと息巻く空想シーンが唯一の見どころかも。
良い男にしてやると騙して、いかりや長介の体のパーツを根こそぎ取って全て動物のものに変えてしまうという、飽くまでもギャグの一環なんだろうが、かなりブラックな上にゴア描写みたいになってる。今じゃこういうギャグは出来ないだろうなあ。
TV視聴。こんな問題作、よく今放送した。ドリフに正義がない。スタッフは精神病質者が毒を吐くか暴力を振るうかしていれば面白いと大きな勘違いをしている。3~5分に1回、他メンバーが報復する位が丁度いい。視覚に訴える2シーンは面白い。岩下志麻の行動がおかしいので学芸会レベル。