男はつらいよ 翔んでる寅次郎の作品情報・感想・評価

「男はつらいよ 翔んでる寅次郎」に投稿された感想・評価

初見時はそこまで良さが感じられなかったけど、ある程度大人になってから観ると考えさせられるものがありました。
(結婚とは自由を束縛するものでもあるんじゃ無いかとも思いました。なので相手の幸せを考えながら共に生活していくのが結婚だと感じました。)

田園調布を田園地帯と勘違いしたりといつもの寅さんぶりで、いつも通りの葛飾柴又帝釈天参道でほっこりした気分になれました。
三四郎

三四郎の感想・評価

4.6
この作品は傑作だ!いい話だった!好きだなぁ!!これを見てやっと『男はつらいよ』の良さがわかった!
田園調布のお嬢さんを寅は「そうかぁ、田園地帯の娘さんか」と大勘違い笑
桃井かおりがこんなに魅惑的かつチャーミングな女優だとは知らなかった!彼女はいい女優だ、ミステリアスだ。あの独特な台詞回し、粘っこく引きずるようで苦手なはずだがそこがまた甘えた感じでなんとも言えずよかった。
結婚式での花嫁逃走は『或る夜の出来事』『卒業』と名作に取り入れられている演出だが、この作品の場合は、これをクライマックスとするのではなく、ここから物語のテーマに入って行くからおもしろい!
素晴らしい!
寅さんファンや批評家からはそれほど評価されていない作品かもしれぬが、私はこの作品を最も評価する。
木暮実千代が田園調布のマダム役、桃井の母役。「お母さん、倖せ?」と聞き、母の考える幸せと自分の考える「倖せ」は違うのだと深窓の令嬢は嘆く。新郎の布施明もいい味出してる!このボンボンとお嬢ちゃんの成長物語だ。
一度目の豪華な大披露宴、二度目のちっさなちっさな結婚式。勘当された布施だが、妹だけが自分の意志で兄の結婚式に来る、そして祝辞を述べる。兄が家を出て行ったことに否定的、いや「可哀想、あの花嫁さんのせいね」などと思っていたが、妹も兄を理解したのである。桃井の母も遅れて登場するがこれも良い!甘やかして育てた娘、やはり可愛くて可愛くて心配で仕様がない…これぞ母の愛。
田園調布をずっと田園地帯と勘違いする寅さん。
広大で美しい北海道の冴えきった景色。

桃井かおりの未完成なピチピチ感と品が同居する感じ、哀愁漂う演技に魅入ってしまった、(滑舌はかなり悪いがもうそれが立派な個性に成りきっている)ウェディングドレスで駆け回る姿はGbの椎名林檎を思い出す。超可愛い!センス抜群!

木暮実千代の色気と佇まいは健在。
博がひっそりと名言生み出しまくってた。
笑って笑ってしんみり失恋、と言うよりは、割と考えさせられるような今回の寅さん。
ラストはしっかり笑かしに来るけどね。

喫茶店の雰囲気は喫茶マニアとして最高だし、
レトロな一人暮らしの部屋でのラブロマンスは画が素晴らしくて顔がほころぶ。

邦男はブルジョアなのに飾らず真っ直ぐで良い男すぎるなあ…こんなの皆好きになってしまうやん…歌も上手いし泣かせに来てるね...寅さんとどっち応援したらいいか分からなく成るほどだった。

笠智衆の詩吟的なのも久しぶりに拝見し嬉しい。
観たばかりだが直ぐにまた観たくなる良作。
plaski

plaskiの感想・評価

4.0
アマゾンプライムにて。第23作。
この作品は初めて見た。
マドンナは桃井かおり。共演に布施明、湯原昌幸登場。2代目おいちゃんカメオ出演。

桃井かおりが花嫁衣装で結婚式を脱走、そのままとらやに逃げ込むという、現実離れした展開。それにしても桃井かおりが出ていると、モダンな雰囲気が漂う。

お寺で鐘つきをサボった源ちゃんに、御前様が怒って「そこに入りなさい」と言い、源ちゃんを釣鐘の中に立たせる。そして御前様が鐘をつく。こんなお仕置きがあるのか?
その時気のせいか笠智衆(御前様)の顔がニヤけているように見えて大爆笑。

最後は珍しく寅さんが仲人を務める。布施明が寅さん達に「お前歌えんのか?」などと言われながら、ギター弾き語りをするとサービスシーン有り。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.3
シリーズ23作目。マドンナは桃井かおり。

結婚式から逃げ出したマドンナ(桃井かおり)がウェディング・ドレスのまま、とらやに駆け込んでくるシーンはなかなか衝撃的。衝動的でわがままな彼女が、再び別れた男と愛を育み、結婚する。ちょっと変わった恋愛の形を描いていると思います。結婚式での新郎(布施博)の歌や妹(戸川京子)のスピーチ、寅さんと旅館の若旦那(湯原昌幸)のユーモラスなやりとり、いろんな要素がバランスよく入っている印象。

寅さんも、桃井かおりに特別な感情を抱いている様子は少なく、親切心で2人の仲をとりもつ。ただ、これは過去にもあった設定で、いまひとつインパクト不足というのはあるかも。
独特の個性を放つマドンナ桃井かおりをはじめ、異質な空気を放つ第23作。ハミングが乗る牧歌的な劇伴や、さくらの忠告を聞き入れて出立を遅らせる寅さんなど、お約束通りとはいかない一本。布施明の出演や歌唱パートの存在も作品を引き立てる。また結婚式で袴に身を包む寅さんは、シリーズ1作目を彷彿とさせる。特別ながら原点を感じさせる不思議な仕上がり。
シリーズの中でも、個人的に好きかも。

ど定番の展開なんだけど、胸を打つセリフが多くあった。

桃井かおりは昔っから桃井かおりだし、布施明は歌うますぎる。
今じゃ実現不可能な豪華キャストの娯楽映画。
桃井かおりがマドンナで、その交際相手が布施明というなかなかの布陣。桃井節が目立つのでいつもと味わい違うなあ、と観ていたが、シンミリ感きっちり出るのはさすが。上手くいったのは全て寅さんのおかげですから。‬
寅さん23作め。マドンナに桃井かおり。恋敵役に布施明。寅さんの叱られ役に湯原昌幸。ここ数作で、初期の頃の寅さんと様相が変わってきている。

まず、マドンナや恋敵に旬のスターが起用。それから、寅さんが恋愛不器用な青年への恋の指南役、人生の師匠としての役を任じるようになっている。なので、作中には、恋の指南を受けるべき若者と、人生の道を正されるべき若者との両者が出演する。要するに、最近の寅さんは、「とらや」に帰ってくれば相変わらずの迷惑者だが、旅先では『市井の哲人』の様相を呈してきている。本作での、桃井かおりと寅さんの突然の出会いはまさにそんなイメージだった。

まあ、そんなこんなで、寅さんの恋愛より若者の恋愛のほうが作品の中心で、それと寅さんの位置付けの変化に呼応するように、タコ社長の位置付けが常識人からデリカシー欠如の非常識人の役に転じられ、初期よりボケぶりが激しくなっている。

最後に、寅さんの仕事中の口上が長く、そして工夫されていて、ワンパターンじゃなくなっている。

まあ、桃井かおりも、布施明も、寅さん映画にはあってないなぁ。それと、本作にまるで『奥様は18才』で聞くような妙な効果音が入っており、それも違和感あり。当時の恋愛コメディドラマで使われていたんだろうね。😅

今回、ついに寅さん人生初の仲人。そこでのギャグはくだらなすぎて笑えなかった。そのときのギャグもそうだが、本作の渥美清はチャップリンみたいな仕草が多くて、なんか気になった。

旅先では、どうしても登(秋野太作)に会ってほしいなぁ😃
冒頭、満男の作文の出来が秀逸。
展開も幸せとは何か?と、生き方を考えされらる内容で面白い。
ラスト、逃げなかった寅さん偉い!
>|