断崖の作品情報・感想・評価

「断崖」に投稿された感想・評価

RyotaI

RyotaIの感想・評価

4.0
両親から結婚を期待されていないリナはある日、ジョニー・エイスガーというモテ男と出会う。二人は早々と結婚を決めると、家を買った。しかし、エイスガーは博打にハマる文無しで借金もあった。

その為、リナが父から譲り受けたアンティークの椅子を売り払って、そのお金で競馬をしてしまう。また、ジョニーの従兄弟にあたるメルベックは不動産経営をしており、ジョニーを雇ってくれることになるが、ジョニーは2000ポンドを盗んだとして解雇されていた。

リナは夫であるジョニーのお金に対する執着を知ると、自分を殺すのではないかと思い込むようになる。

断崖でのビジネス、言葉遊びでの「疑い」「殺人」、毒についての知識、殺人ものの推理小説の愛読、保険会社からの手紙などで、彼女は疑心暗鬼に陥る。

この映画のオチとしては、リナの思い込みでしたなのか、上手いこと信じ込ませましたなのか。リナの思い込みなのだろうとは思うが、言い切れない感じがある。

ジョニーが電車で女性と会うシーンは、リナと別れたその後を写しているのだと思うが、これが大きな伏線になっている。映画を見ている最中に、ジョニーとリナが別れるということを示されているが、このことから2つのことが暗示されているように思う。
①リナが殺された後
②リナと別れた後
の2つ。話の流れを追っているものにとって、①が強く頭をよぎるはずだ。しかし、それも裏切られる。

初めてヒッチコックの作品を観たが、光と陰による演出に息を飲んだ。ジョニーが飲み物を運ぶ際の、顔が黒く飲み物だけが光る演出や、二人の家に落ちる陰が蜘蛛の巣のようになっていることによる暗示など。

次は『サイコ』か『鳥』を観る予定。
ネット

ネットの感想・評価

3.3
まあまあ。序盤はコメディ版「ガス燈」みたい。マジでなんなんだこの旦那は、みたいな。ケイリー・グラント、こんなに怖くなれるとは…
珍しく、音の演出も凝ってる。

「見知らぬ乗客」の時もそうだが、メガネ好きにはたまらない映画になってる。
ケイリー・グラントがゲスゲスのゲスリー・グラントになっている。
こんなやつ知ってる。
サスペンスよりゲスぶりが気になってしょうがなかった。
もう、はやく離婚しちゃえよ、って言いたくなる作品!
MiYA

MiYAの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ジョーン・フォンテイン目当てで見ました。「レベッカ」のときのほうが綺麗でしたけど、まぁやっぱり綺麗ですね。

金にだらしないケーリー・グラントのクズっぷりがとにかくひどい。ヒロインが殺されるのではないかと疑念をつのらせていくのは当然の展開ですが、そこからの捻った展開を期待したら、なんだかあっさり終わってしまいました。「全部気のせいでした」ではなぁ。
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.9
チャーミングな男性に恋をしてすぐに結婚。しかしその男の本性がだんだん見えてくると、あなおとろしや。夫のことを信じたい。でも信じられない。2つの気持ちの揺れ動きが面白かったです。やはりヒッチコックの盛り上げ方は上手いですね。
1人怯える妻の役がはまるジョーン・フォンテーン、気品があって美しかったです。
mizuki

mizukiの感想・評価

3.5
オチが最高に気に入らなかったです。なんでこんなダメ男に??って思いました。

終盤じわじわダークな色彩を帯びていくのはよかったです。そしてそれをいろいろな思わせぶりな道具を通して伝えてくるのがほんとに上手いですし、そう思わせてミスリードするのもほんとにうまいなと笑笑

ただオチがうーん…って感じでした。
Polaroid

Polaroidの感想・評価

3.5
果たしてこれもハッピーエンドなんだろうか。ジョニーがクズだってことは変わらないんだけどね。
堊

堊の感想・評価

4.4
本当におもしろい。経済性を極めきった結果サム・ライミ、ピータージャクソン化してる。冒頭10分間凄すぎる。こんなに「早い」映画ある???
aj

ajの感想・評価

1.9
男が自分勝手で、金に汚くて、怠け者で妻に口説きぜりふでいいように丸め込んで、 凄く腹が立った。
最後になって、改心するのはガッカリだった。
車のシーンが正面から出ないヒッチコックの映画でのカットを初めてみた。
>|