ドゥ・ザ・ライト・シングの作品情報・感想・評価

「ドゥ・ザ・ライト・シング」に投稿された感想・評価

LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.8
楽しく始まるけど、複雑な気持ちで観終わった映画。
小競り合いはありつつも楽しく暮らしてると思ってたのに、この結末をどう捉えるべきなのか。憎しみが噴き出して暴力に発展したその先に残るものとは何なのか。キング牧師とマルコムX両方の言葉を並べるあたりも考えさせられた。これが彼らの"right thing"だったのか?
Muda

Mudaの感想・評価

4.0
Why can’t we be friends?が聴きたくなりました。
おやま

おやまの感想・評価

3.6

授業にて鑑賞。

汚い言葉ばかりだし暴力的なので正直好みの映画ではないけれど、80年代、90年代の黒人の置かれている環境がこの映画を観れば一目瞭然。

”Always Do the Right Thing”の言葉の重みを感じました。

それと、ただの白人対黒人ではなくて一方がイタリア系アメリカ人というのが良かったです。
えみ

えみの感想・評価

4.3
マザー◯ァッカーやら、◯ットやら汚い言葉のオンパレードの映画ですが、超イカしてます!色んな人に観て欲しい!!!!!

人種差別に関しての考え方が変わりつつあるアメリカですが、その原因となるような事が実際に起こったから。

黒人だからとか、アジア人だからとか関係無く、新しいことを取り入れるのって難しい。最初は単に異物でしか無いからね。
差別はどこかしらにも転がっているんだなと思いました。

この映画の全ての設定に関心。。。
ほしの

ほしのの感想・評価

5.0
面白かった。

怒りがどんどんヒートアップするめっちゃ暑い日々。

うだるような暑い日々とやりようのなさと怒りは、狼たちの午後 を連想した。

人種差別や怒りが乱れ撃ちになる。

なだれ込む群衆は超最悪でめっちゃ恐い。この群衆のシーンは、絶妙だと思う。

放水で涼む(遊ぶ)黒人たちのシーンところは不穏な気持ちになる。

どうしようもなさについて、キングとマルコムx のセリフで締められるけど、マルコムxの方に共感した。
社会的な問題も垣間見れるが、まずはニューヨークの下町感をしっかり味わえて面白かった。ピザ屋のおじさんにも黒人の青年にもどちらにも共感できる部分があり考えさせられる
み

みの感想・評価

3.7
何が正しいのか、誰が偉いのか。そんなのはやっぱりわからないけどみんなが口を揃えて言うスパイクリーはすごいはわかったかも。オバマこれ初デートで見たとか天才やな
最近久しぶりに観て初めておっさんがキング牧師であることに気づいた。1日の出来事の中に人種差別という難しいテーマを見事に詰め込んで、キング牧師もマルコムXもきちんとメタファーとして表現してて、ただただ天才でしかない
sana

sanaの感想・評価

4.2
"正しいこと"それは何を指しているのか、色々と考えさせられる映画。
cinemark

cinemarkの感想・評価

3.8
正しいことをしなさい
イタリア人と黒人のアメリカ人
頼むから平和を合言葉に
怒りや妬みがなくなりますように
>|