長い散歩のネタバレレビュー・内容・結末

「長い散歩」に投稿されたネタバレ・内容・結末

奥田瑛二監督の作品

緒形拳が演じるお爺ちゃんと5歳の女の子さっちゃんの長〜いお散歩

お爺ちゃんは、壊してしまった家族への償いも兼ねて亡き妻の位牌を持って旅をする
また、虐待されていたさっちゃんを見かねて旅に同行させる(世間では誘拐)

でもお爺ちゃんからすれば誘拐ではなく、救ってあげたい気持ちがあったからだと思う
最初は心も開かず話もしない
笑う事もなく、ただ「置いてかないで…」
という言葉だけを発していた

旅の途中で、ワタルという帰国子女で心を閉ざし家出した青年も加わるのだが…

さっちゃんの母親は、親に抱かれた事がないから、子供を抱けないと…
ただ親と同じ事をしているだけ…と
なんとも切なく、やはり同じ事は繰り返されるのかと思うと辛い気持ちになった

奥田瑛二が撮る作品は、あらすじはしっかりしているが、最後にさっちゃんがワイヤーで吊られて飛んでいくシーンとか、静止画シーン、キャストがカメラ目線で話すシーン等々に違和感を感じてしまった

だが、悲しい物語なのに何故かホッコリさせられる不思議な感覚だった

あと、かなり号泣してしまった
人間は過去と共に生きている事…
行き詰まりながらも懸命に歩く(散歩する)という事…

緒形拳と女の子の演技がとても素晴らしく、心に響く作品だった
かなり前に見たのでうろ覚えだけど母親の「自分もそういう風に育てられたんだから」みたいな言葉が胸に来た
女の子の天使の羽あざとすぎない?
全体的に説教臭いのだが、それなら最後は彼女に迎えに来てほしかったな。UAの歌声の悲しさよ。

とは言え緒形拳すごいよかったし、女の子の「さちのこと好き?」には泣かされましたハイ。廃校で遊んでる彼女もよかった。

「パピヨンの贈り物」思い出した。いや全然違うんだけど……

素振りする緒形拳可愛い。
若い松田翔太めっちゃ美しい。
なにげなく見たんだけど当たり。嬉しい。

ネグレクトを受けている女児(杉浦花菜)を初老の老人、松太郎(緒形)が"散歩"に連れ出すという作品。

『八日目の蝉』や『誰も知らない』に通ずるものがあるが、前者よりも主人公は独善的で、後者よりも社会性は描かれていない。

杉浦花菜が抜群で、彼女の無垢な表情、そして無垢の奥にある冷徹な諦観に驚いた。
小学校に上がる前の段階で万引きをマスターし、死という概念すら恐れない、間違いなく怪物の原石である。
人生は長い散歩…ほんとその通りかもなぁと思った。

母親から虐待を受け、傷つき、立ち止まっていた幸は、松太郎に救われ、再び歩きだす事ができた。これだけなら、心温まるハッピーエンド。

一方、贖罪のため幸を連れ出した松太郎。それはある意味エゴと言えるかもしれないが、結果幸が次第に心を開いていく事によって、許しを得たように思える。(自分の娘とも重なってみえていたのでは) 大切な家族を壊してしまった自分を許してくれた幸はまさに、彼にとって天使であったのだ。出所後、目の前に現れたのは天使の幻影。彼を許してくれたはずの天使は彼を待ってはいなかった。(もちろん、実の娘さえも。) あぁ、一度背負った罪は、簡単に消えるものではなく、一生背負っていかなければならないという事なのか。いや、果たして本当に幸を救えていたのか。目の前に続く長い道へと歩きだす松太郎の姿は、おろす事のできない重い荷物(罪)を背負っているように見えた。これがラストシーンですから、なんだか救いのない気持ちになってしまった。しかし緒形拳のその背中、「男は背中で語る」ではないけれど、本当にそんな感じで素晴らしかった。

またワタルのように辛い道のりに耐えきれず途中で散歩をやめてしまう者もいる。私も、歩みは遅いし、辛くて立ち止まったり、立ちはだかる困難に諦めそうになる事もあるけれど、それでも歩き続けていきたいと思う。
とある方の「歌唱力のないバラード」という評論が的確すぎてそれ以上の言葉が浮かばない。