バグジーの作品情報・感想・評価・動画配信

『バグジー』に投稿された感想・評価

そふぁ

そふぁの感想・評価

4.3
ラスベガスという夢の街の誕生から、それを取り巻くマフィアまで、全てが魅力的に映っていた。また、常に野望のまま行動する主人公の姿勢にすら、どこか心を打たれる。アメリカが持つ全てを体現したような一本。
NR

NRの感想・評価

-
当時、劇場で観ました!
Aベニングが「美人さんだなぁ。」と
思った記憶が。

「OP日は天気が悪いし、人が来ないし…で
ツイてないなぁ…。この人。」思ったのを
今でも覚えてます。

ラスベガスにカジノができるまでという話です。

主演がウォーレン・ベイティということで不安しかなかったですが、その予想はドンピシャで、相変わらず好きになれないし、キャラも一貫性がなくてよく掴めない人…

>>続きを読む
theocats

theocatsの感想・評価

1.2

ラスベガス巨大カジノの礎を築いたバグジーという簡単に人殺しを繰り返す暴力団に過ぎない男の生涯をある程度知りえた点は良かったが、映画としては酷く凡庸。
主役ウォーレン・ベイティが激昂する場面が緊張感や…

>>続きを読む

王道すぎてちょっと地味かな。ところどころの演出や編集、美術はかなりスタイリッシュで印象的。ファンのハーヴェイカイテルはこれでアカデミー助演男優賞にノミネートされているが、彼はもっと良い演技している作…

>>続きを読む
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.1

アネット・べニングって
そこまでいい女か〜?←失礼


いやでも
娘の誕生日の場面が強烈すぎて
ほんと2人の娘と
奥さん捨ててまで
一緒になりたかったような女なのか
とつい思っちゃう。

ベイティは…

>>続きを読む

ラスベガスを生んだ伝説のギャングスター、ベンジャミン・"バグジー"・シーゲルの伝記映画。監督は『レインマン』や『グッドモーニング、ベトナム』のバリー・レヴィンソン。

うーん。伝記映画なのに主人公に…

>>続きを読む
yuum

yuumの感想・評価

3.8

「ラスベガスを創った男」のマスキュリニティの支配欲と暴力性の行き着く果てが輝かしい栄光として描かれるので50〜60年代の映画かなと思いきや91年公開で驚いた。オスカー賞を獲ったプロダクションデザイン…

>>続きを読む
Nishiumi

Nishiumiの感想・評価

2.9
家族を大切にしながらも、やってることはクレイジー。しかし、ラスベガス建設ではバグジーの夢とロマンをかけた闘いで憎めない。
まなみ

まなみの感想・評価

3.1
お金の使い方レベチすぎて何もかも共感できんし、このカップルぶっ飛んでてやばかった笑

あなたにおすすめの記事