カウチ・イン・ニューヨークの作品情報・感想・評価

「カウチ・イン・ニューヨーク」に投稿された感想・評価

日本で唯一ビデオでもレンタルできるシャンタル・アケルマン作品ということで試しに借りてみた

パリとニューヨーク、国籍も立場も違う男と女が部屋を交換するというシチュエーションは良かったし、お互いに関係する人間の悩み等を代わりに聞く展開も面白かったけど、俗っぽすぎる演出等のせいでアケルマン作品らしくなく、求めていたものはあまり得られなかった

しかし唯一比較的簡単に見られる作品がこんならしくないコメディとか残念すぎるんでいつか他のアケルマン作品DVDで見られるようにしてほしい
pier

pierの感想・評価

3.8
展開が早いところもあるけど面白いです。
リチャード・ジェンキンス良いです。
Michika

Michikaの感想・評価

3.2
ジュリエットビノシュと犬、自分がなぜこの二つが好きなのかを確認できた 堪んない
狂おしいほど心地好い。
今まで観てきたジュリエット・ビノシュで一番美しい。脳を鷲掴まれる愛くるしさ。
10

10の感想・評価

3.7
ジュリエットビノシュの魅力全開。
精神科医とダンサーの卵が住居を変えることから、病いと正常のアンビバレントな関係を描く。
母親に対する愛情は近親相姦ではなく誰でもあることだ、という台詞に作者のフロイトに対する態度がよく表れている。
重なった二人の影から境界を貫通する普遍的な力を観た。
パリのダンサーとニューヨークの精神科医が部屋を交換することから始まるコメディ。

ウィリアム・ハートが紳士すぎ。なんか夢をみてるような映画。

R.I.Pシャンタル・アケルマン