ショーシャンクの空にの作品情報・感想・評価・動画配信

ショーシャンクの空に1994年製作の映画)

THE SHAWSHANK REDEMPTION

上映日:1995年06月03日

製作国:

上映時間:143分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「ショーシャンクの空に」に投稿された感想・評価

〜THE SHAWSHANK REDEMPTION〜
〜ショーシャンクの空に〜

〜あらすじ〜
 無実の罪を犯し終身刑となったアンディ(ティムロビンス)が、刑務所内で自らの人柄と能力で、囚人や刑務官の信頼を得ていく。囚人の1人であるレッド(モーガンフリーマン)が調達屋としてアンディが欲しいものを調達していき、アンディが刑務所内を徐々に変えていく。
 服役から長い年月が経った頃、無実の罪が晴れる手掛かりを持った人物が囚人として迎え入れられるが…

〜感想〜
本当に感動しました。泣くとかそんなではなく、心の底から爽やかな、スワァーーって感じです。見ていない人にはぜひ見てほしい。
誰もが予想し得ない素晴らしいラストが待ち受けている映画です。
初めて見た時から20年以上経つけど不動のマイベスト映画
見終わった後の爽快感というか達成感を得られる映画にはまだ他に出会っていない
masato

masatoの感想・評価

4.6
ドラえもんみたいな構造。
希望は残っているよ、どんな時にもね。
Ai

Aiの感想・評価

4.9
モーガン・フリーマン祭り、第1作目‪w
数年ぶりの視聴。

髭の生えてないモーガン・フリーマンは、なんだかかわいい‪w

わたし的名画の条件として、
観たあとに色々考えさせられる
というのがあるのだけれど

この映画も、それに該当する。

観た時の年齢や立場で、ずいぶん捉え方が変わる映画だなぁ〜と思った。

若い頃観た時には、感じられなかったものがある。

人が生きること、人生ってなんなんだろう?
自分は果たして、ちゃんと生きているのか?
自分にとっての、希望ってなんだろう?

そんな事を考えてしまう。

誰の人生にも、注意深く心をのぞいてみれば、希望があるのかな?

そしてそれを掘り出すには、死ぬ気で生きなきゃいけないのかな?

可もなく不可もなく、安定した生活の中で、死ぬ気で生きるって難しい‪w

いや、あの過酷な状況の中で希望を持って生きることの方が、よっぽど難しいか^^;

アンディのようには、なれそうも無いけど
レッドのように、小さな勇気を出して希望をみつけたい‪w

それにしても、モーガン・フリーマンは、やっぱり素晴らしかった。

この映画でも、知的さがにじみ出てたな。
それに思ってた以上に、笑顔に優しさが溢れてる。
知的さオフのモーガンは、みつけられるだろうか?

次は何を観ようかな〜
2020年70本目🎉
完璧。堂々のベストムービー1位に君臨。青い"記憶のない海"のエンディングが目に焼き付いている。。もし叶うなら...2人で映画館に行き本作に浸って、まだまだ頑張れるねって言い合いたい。

"必死に生きるか、必死に死ぬか"
日々を消化してないか考えさせられる。仕事、友情、恋愛、趣味。。。全てにおいて私、もっと頑張れるな。アンディのように毎日を必死で生きたい。

"希望は永遠の命"
希望は人を強くする。希望を持つことで深く傷つく時もあるけれど...それでも私は絶対に捨てたくないな。
よし

よしの感想・評価

-
居場所を持って存在するという意味でのアイデンティティって一つの物差しで図れるものじゃないよなぁ
こす

こすの感想・評価

4.8
高校生ぶりに鑑賞。あのころはぼやーっと見てたけど、改めて見ると本当にいい映画でした。完成度が高い。

必死に生きるか、必死に死ぬか。置かれた場所で自分の能力を生かし最大限の出来ることをする。どうせ生きるのだったら、ただ運命を受け入れて死を待つのではなく、必死に生きる。
世の中理不尽なことばかりだけど、その中でも希望を忘れない。「希望は永遠の命だ」という言葉が特に好きです。
かんぬ

かんぬの感想・評価

3.9
良かったな~!心温まるだけじゃなくてスカッとする要素もあったのが良かった。オチも希望に満ちてていいね。
アルパ

アルパの感想・評価

4.0
評判ほど感動はできませんでしたが、良い映画であることは確かでした。

期待値を上げ過ぎていたところもありますが、なにより脱走シーンに拍子抜けしたというのが正直なところです。

劣悪な環境の所内で自分を見失わずにできることをできるだけやってみせる主人公の精神に魅せられましたし、賢さや豊かな心が自分の可能性を拡げることに繋がるというメッセージも感じました。

ただ所内であらゆる障害に揉まれる主人公を見せておきながら脱走劇はあっさりとしていますし、国外逃亡もとんとん拍子にうまく運びすぎてちょっと拍子抜けでした。

ただこのテンポの良さと爽快な雰囲気の大団円がウケているのは分かりました。

個人的に一番響いた台詞は「必死に生きるか、必死に死ぬか」です。
名作中の名作です。

無実の銀行マンが頭を存分に使って刑務所を生き抜くところがよく描かれています。

周りとの関係や自分の能力を遺憾なく発揮して心を掴んでいき、最終的に、、、
>|