ショーシャンクの空にの作品情報・感想・評価・動画配信

ショーシャンクの空に1994年製作の映画)

THE SHAWSHANK REDEMPTION

上映日:1995年06月03日

製作国:

上映時間:143分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「ショーシャンクの空に」に投稿された感想・評価

刑務所 映画とは知らなかった。もう最後 太平洋で終わるのがマジで嬉しい(?)
rei0323

rei0323の感想・評価

5.0
初めて手元に置いておきたいと思った。

「希望は素晴らしい」
「何より替え難い」
「希望は永遠の命だ」

ショーシャンクに入ってからのアンディの行動全てが人生をより良く生きるヒントになる。

観終わった後は胸がいっぱいになった。どんな過酷な状況でも自分を失わず腐らず人助けをし友人を大切にし地道な努力を怠らず希望を捨てないこと。アンディに沢山の事を教えてもらった。

アンディの様に生きたい。
優しく、力強く。
生きる希望に溢れた素晴らしい映画。
らむ

らむの感想・評価

5.0
幼い頃から現在まで、私のなかで不動の1位を誇る名作です。定期的に鑑賞しますw希望を捨てないことだけでなく、様々なことを教えてくれる映画です。度胸も知識もあり友や希望を大事にする姿、素敵だなと思いました。自分のなかでは最高の映画すぎて、コメントでは表しきれません!w
☆総評
どんな時も希望を捨てない主人公は好きだが、最後のオチはちょっとグダグダだったんじゃないか?
◎良かった点
・所長の性格。当初、刑務所を変えたいと願い、そのために行動を起こしていた主人公をサポートしてくれる優しい存在のように見えたけど、結局は裏金いじったりしてる悪党だったというね。「とんでもない悪党という訳では無いが自分の保身のためなら他人を平気で殺せる」という性格が、リアルだなと思った。実際世の中にはこーゆータイプの悪人が一番多いと思う。
・主人公の行動力。「どんなに辛い状況にあっても希望を捨てずにいられる」って聞いてこの映画見たんだけど、コレはホントに元気もらえたな〜。特別凹んでるわけではなかったんだけど学びになったネ。
*気に入らなかった点
・オチが微妙だった。というのも、主人公は「ルールの縛りがある中で頭を使って苦境を越えるキャラ」だと思ってたのでもうちょい正当なやり方で脱獄して欲しかったと思った。
filmerS

filmerSの感想・評価

4.5
最も希望がない場所にいても、常に希望を抱き続けたアンディ。
寡黙だが行動で示す彼の姿に、仲間だけでなく他の囚人たちも、失っていた心を取り戻したのだなと感じた。

見終わった後、静かな幸福感に包まれる名作でした。

1994年ってフォレスト・ガンプといいレオンといい当たり年?
yukko

yukkoの感想・評価

3.7
過去鑑賞。
マークし忘れ。

あまりにも有名作品過ぎて今更レビューしずらいわい😳
Hitomi

Hitomiの感想・評価

4.6
数年ぶりに。
ブルックの仮釈放😭😭
屋上のビールのシーン好き。
長くても飽きずにずっと釘付けになるのは名作の証ですね最高です👏
きー

きーの感想・評価

5.0
希望と親友はいつだって力をくれる。
自分自身は大した人間じゃないけど、友には恵まれました。
幸せな人生です。
いつもありがとうって伝えなきゃ。

いい映画でした。
Koromaru

Koromaruの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

結構暗い映画なのかと思ってみたら、アンディーがしっかりと希望を現実にしていて最後は嬉しい気持ちになった。でも、ブルックスが自殺しちゃう場面とかトミーが殺されちゃう場面はなんとも言えない悲しさと虚無感に包まれた。どんなときも希望を持つことが大切だとアンディーを見て学ぶことができた。あと、アンディーが本当に素敵だった。刑務所の中にいても気品があって、希望を持ち続け、機会をものにする。そんなかっこいい人が旦那さんだったらすごく幸せだろうなあと思った。
あ

あの感想・評価

4.1
かなりハードル上げて見たつもりだけどしっかり面白かった。

恵みの雨を受けるシーンは有名すぎるけどビール飲むとことかラストの海のカットとか名シーンだらけでしたね。
>|