ショーシャンクの空にの作品情報・感想・評価

ショーシャンクの空に1994年製作の映画)

THE SHAWSHANK REDEMPTION

上映日:1995年06月03日

製作国:

上映時間:143分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「ショーシャンクの空に」に投稿された感想・評価

Yashiro

Yashiroの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

かなりいい。
ラストの脱獄はなくてもよかった。すっきり感のためにやった感じすらある。ただレッド仮釈放後の家でのシーンは最高。あれを見るためなら全然あり。
sola

solaの感想・評価

4.7
すごいおもしろかった。やはり名画は名画なんだなぁ。伏線の回収も素晴らしかったし、とてもよいエンドだった...
キラ

キラの感想・評価

-
いや、変な表現だとは思うのだが、本物の映画を観たという気がした。どこをとっても面白い。英語の表現も楽しい。

希望を持って良いんだと思わせてくれるストーリーに、幸せな気持ちにさせてくれるラスト。心を何度、残酷に折られようとも。

これから頭の中や心の中で好きな音楽を流す度に、アンディが言ったThat’s the beauty of music,「音楽は決して人から奪えない」を思い出すだろうと思う。

Remember, Red, Hope is a good thing. Maybe the best things. この言葉も思い出せると良いな。然るべきときにこそ。
achako

achakoの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

オススメ作品として鑑賞

銀行員の男性が殺人罪でショーシャンク刑務所へ収容される
冤罪でもそれを受け入れるしかなく
ただただ月日は流れて行く

刑務所内で何十年と過ごすと居心地が良くなるものなのだろうか?
誰しも罪を犯す前は家族や友人達と過ごした時間があり
人は寄り添って生きる意味を知っているからこそ常に助け合いの精神が生まれるのかなって思える

刑務所内のお役人さん達は囚人たちを虫けらのように扱い意味もなく暴力を振るう
罪を償うどころか生きる価値も見失ってしまいそうだ

主人公の頭の良さから脱獄に成功し
"地道に努力すれば希望を持つことだって許されるんだ"
…と自由を手に入れた瞬間の
両手を広げ空を仰ぐシーンは最高だった

観終わった後のなんとも言えない余韻が残るのは冤罪という罪はこの上ない理不尽から生まれるもので自由を奪われ人生が狂わされる

そして悪人はいつの時代も存在するということなのだろうか……
よう

ようの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

冤罪の銀行マンが、刑務所で図書館を作ったり、受刑者の先生をする。その間、実は脱走計画を進めていて…。
主人公が、所長室を占拠して、音楽をかけるシーンが最高。
所長の悪役っぷりが発揮されてくるあたりも、凄く面白かった。
壁を憎み、壁に慣れ、壁に頼る。
色んな要素が詰まった濃密で面白い映画だった。
おねえたち、どうしてるかな笑
m

mの感想・評価

-

やはり有名な作品は有名な理由がある


いくつものストーリーが重なっているのが好き
考察したくなるような伏線やどちらにも捕らえられそうな演出の数々
見た人と議論したくなる
伏線回収モンスター映画
そこまでやっちゃうノォーー!?
ってなる。
たらこ

たらこの感想・評価

5.0
貧しさの中にある豊かさ。

いつだってhope持って生きていきたい
SORA

SORAの感想・評価

4.3
やっと鑑賞。今までちゃんと見てなかったのが悔やまれるぐらい、とてもいい映画でした。
ソド

ソドの感想・評価

4.0
記録 
ストーリー     ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
キャラクター    ⭐️⭐️⭐️⭐️
映像        ⭐️⭐️⭐️⭐️
音楽        ⭐️⭐️⭐️⭐️
テンポ       ⭐️⭐️⭐️⭐️
エンターテイメント ⭐️⭐️⭐️
印象        ⭐️⭐️⭐️⭐️

28
>|