乱歩地獄の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「乱歩地獄」に投稿された感想・評価

アイ

アイの感想・評価

1.5
「乱歩地獄」こそはと期待していたのに、また酷いことになっていた。(乱歩原作の映像化、ことごとく残念で悲しい。当たりの乱歩映画ください!)
「火星の運河」「鏡地獄」「芋虫」「蟲」という映像化が難しい作品に挑戦してくれたことと、好きな短編作品ばかりで映画化ということで公開前から楽しみにしていましたが、観るに堪えるのは「蟲」くらいでした。「蟲」は緒川たまきが素敵でよい。いちばん原作に近くて楽しめた。オチが原作と違ってもコレはあり。蟲の主人公の男を浅野忠信が演じているのですが、愚かで愛おしい感じがちゃんと出ていて好きです。

「乱歩地獄」は薦めたくない映画ですが、乱歩好きなら一度くらいは観ておいても、話のネタになるかもしれません。(どこで話すのか?)
haiiro

haiiroの感想・評価

4.0
記録
オムニバスだけどどれもインパクトがあります。むかし何度もレンタルして観た。
原南

原南の感想・評価

-
再解釈という側面があるのかもしれないけど、全体的にセンス系かつオムニバスということで長かった……鏡地獄が一番話、映像ともに理解しやすくて好きかなぁ。
ごはん

ごはんの感想・評価

3.0
昔見て、当時強烈すぎて、今でも記憶がある。
お札で鶴を折れるようになってしまった。
無駄に気持ち悪く、無駄に美しさがあって、誰かのフェチに刺さりそう。そんな鱗片を感じた。
初めて映画見て食欲なくなった!!
わけわからんなあとティーンの頃思ってたけど
大人になってもわけわからんぽいです
まさに江戸川乱歩の世界。

蟲の浅野忠信の演技は凄まじかった。

火星の運河は全く理解できなかった。
moo

mooの感想・評価

2.7
(2007.02.04視聴)

【あらすじ(内容)】
映像化不可能と言われた江戸川乱歩の小説を映画化。本編は「火星の運河」「鏡地獄」「芋虫」「蟲」‥の複数の短篇から成り立つ。

【感想】

グロくてエロい。きっと「妖艶」というのはこうゆうものを言うのだろう。

なんでR指定じゃなかったんだろう、高校生のとき、小説の乱歩が好きな友人と見て気まずくなって途中でやめた。今見たら印象変わりそう。

芋虫の「これはあなたの大事なコレクション。羽だけ残しで体はどこに行ってしまったの?」ってセリフが印象に残っている。
乱歩大好きなのでワクワクで見たけれど、改変がドでかすぎて少し肩透かしの気分。別に原作通りでなくても勿論良いんだけど、原作の核ごと取っ替えている部分もあったので、なんとも。
それでも、鏡地獄は撮り方が素敵だし、蟲は浅野忠信と緒川たまきが素晴らしい演技。
個人的に、浅野忠信の良さと明智小五郎の良さがどちらも殺されてる気がして、やっぱ浅野忠信は明智じゃねえよなあ、と思った。
Ayami

Ayamiの感想・評価

-
記録

江戸川乱歩が大好きで、
色々なビデオ店を探して借りた記憶。。
メグ

メグの感想・評価

3.8
カラフルでサイケデリックなオープニング画面いい。最初のやつ、ん?ん?ん?って言いながら見た
>|

あなたにおすすめの記事