関東幹部会の作品情報・感想・評価・動画配信

「関東幹部会」に投稿された感想・評価

郷 鍈治(郷えい治)が案外早く死ぬ役で、キャストミスかなぁ?長門さんも完全に渡を喰っちゃてるし…つーか、渡の役どころがイマイチ。日活らしいと言えばそうだが。
舞台は富士市。美麗な富士山の麓でヤクザどもが殺し合う。
日活ノワールの風味も混ざり、ちょっと正統派の仁侠映画とは違った異色作。

ライバル役の長門勇が見事で、主人公である渡哲也を差し置いて目立ちまくっている。
バーでの渡哲也との対決は、ビジュアルも演出もクールに決まっている名シーンだ。
劇中で「変わったヤクザ」と評される原田芳雄演じるインテリヤクザも良いアクセント。
暴力シーンは荒々しいカメラワークで演出されていて、後の東映実録やくざ路線を先取りしたかのよう。
陰気で幼稚なストーリー

兎に角、渡哲也はグラサンかけて座ってるだけの役立たずw ただの疫病神。

格好つけても所詮アホなクズ同士。誰に対しても肩入れできないから、ぼぉ〜っと観るしかないな。