クリムゾン・タイドの作品情報・感想・評価

「クリムゾン・タイド」に投稿された感想・評価

こちらカーク船長、ワープ速度で修復急げ!



トニー・スコット監督 1995年製作
製作ドン・シンプソンとジェリー・ブラッカイマー
主演ジーン・ハックマン、デンゼル・ワシントン



水曜日はシリーズ「潜水艦映画にハズレなし」
前回から少し間が開きましたね。

今日、レビューするのは「クリムゾン・タイド」です!……「眼下の敵」は次回に延期……


そう言えば、映画の中でクルーが「眼下の敵」や「深く静かに潜航せよ」のキャプテンが誰か、話題にしてました(笑)
前見た時は気づかなかったなぁ( ¯−¯ )フッ




いやぁ、面白かった!
監督はトニー・スコット
やっぱり上手いなぁ。
ハラハラドキドキでしたね。

クリムゾン・タイドって「深紅の潮流」という意味ですが、僕の感じでは、艦長と副長の間での互いに一歩も引かずにぶつかり合う強い信念がクリムゾンで、まさに潮汐のように行きつ戻りつする指揮権の争奪戦がタイドを表していると思いました。



艦長のラムジー大佐はジーン・ハックマン。
実戦経験のある凄腕のワンマン艦長役。
船は原子力潜水艦アラバマ、オハイオ級六番艦です。アメリカ合衆国が現在有する最大の戦略ミサイル原潜で、十八艦が就航しています。オハイオに始まり、すべての艦がアメリカの州の名前になっているんですよ(^-^)/
→五番艦のヘンリー・M・ジャクソンを除く

副長のハンター少佐にデンゼル・ワシントン。ハーバード大卒の強い信念を持つエリート軍人です。



叩き上げの軍人とエリート士官
白人と黒人
艦長と副長
上司と部下

この二項対立でのやり取りが本当に面白い。


最初は直接対立しませんが、二人はことごとく考え方が違いますよね。
映画前半はそれを丁寧に描きます。
それにより、後半の対立構造が明確になるんです。
そこで考える。僕らならどちらにつくのか?と。



ちょっとだけ説明すると……
ロシアでクーデターが起き、戦闘状態が生じます。そのため、ミサイルの発射命令が下されます。ところが、その後でもう一つの命令が届く。
しかし、命令書を受け取る途中でトラブルがあり、新たな命令書が受け取れなくなる。

艦長は元の命令をそのまま遂行しようと、ミサイル発射準備を進める。
副長は戦争回避のため、命令書の確認を艦長に求める。

艦長が間違っていれば、第三次世界大戦が起こります。副長が間違っていれば、罪なき国民が攻撃を受けます。果たして、どちらが正しいのか?

そして、激しく対立する二人……



ありえないけど、ありそうな話
ここが潜水艦映画の面白いところなのですが、一旦出航すると、そこは逃げ場のない密室になりますよね。今回で言えば、命令書の真偽が確認出来ない。
加えて今作はミサイル発射までのタイムリミットがある。

この中で、真実を求めて必死に行動するんです。
もう、ドキドキが止まりません( ˘ ˘ )ウンウン

どんなラストが待っているかは、映画を観て確かめてね\(^o^)/



こんな事が本当に起こったらと考えると、本当に恐ろしい。あ~、フィクションで良かった(^-^)
潜水艦映画、ハズレないなぁ( ˘ ˘ )ウンウン





おまけのネタバレ

マーベルの「シルバーサーファー」ネタが原因のケンカがあったり、「スタートレック」のネタが出るのも嬉しいなぁ。

副長がカーク船長とチャーリーのやり取りで、若い士官と意思の疎通をはかるってね(笑)
また、「シルバーサーファー」のことをきちんと理解して、ケンカを諌めるって、あなた詳しすぎるでしょ!

みなさんは分かりますか?
シルバーサーファーって「ファンタスティック・フォー」に出てくるヒーローなんですよ~\(^o^)/


なんだ、ハンター、ハーバード大出なのに、オタクじゃんって思いました(^-^)/シンパシー
中庭

中庭の感想・評価

3.0
潜水艦の進路や位置、方向を示すために、人が大勢映り込むショットでこれ見よがしにカメラが傾けられると、それに合わせて一同が重心を変えてよろめいてみせたり手近なものを支えに使ったりするという集団の演技を何度も見られるのが楽しい。
クライマックスで派閥同士が画面に窮屈なまでにおさまって、各々が各々の目の前の敵を睨みつけ銃口を向け合うというシチュエーションは、『エネミー・オブ・アメリカ』や『ドミノ』などで度々繰り返されることになる。
水が降ってくる中で上へ上がっていくショットは『エイリアン』のオマージュだろうか。とにかく息つく暇がない。デンゼルさんはクールガイの役だけど、シチュエーションによってもろさもかいま見えるようになっている。暴力が軽いノリなのはタランティーノの手が入っているからだろうか。銃口を向け合って緊張感を煽るシーン、彼らしさがあるとおもう(『パルプ・フィクション』を思い出した)
santasan

santasanの感想・評価

3.3
逃げ場所がない完全な密室…で、故障でもしようものなら全員絶望的。潜水艦って、なんちゅう過酷な乗り物なんだと改めて思った。そういう意味では宇宙船を舞台としたSFでも似たようなストーリーで作れそう。どっちに転ぶかわからない緊迫感で最後まで引っ張られた。まあ、核弾頭を発射することはないと思ってたけどね…。
トニー・スコット祭である。
午後ローでやってそうって思ってたらそういえば午後ローで観てた
午後ローでよくやってる作品をわざわざ借りて観るのって必要以上に損した気になる
瑞雲

瑞雲の感想・評価

-
午後ローを録画しておいて見てなかったのを今さら見る。
敵に襲われ損傷した潜水艦という極限状態で、究極の選択をしなくちゃいけない。艦長と副艦長の対立にはどちらにも理があるので派閥になってしまう。
軍人という職業がさらに事態を複雑にしてしまうっつー内容。
何度も見るタイプの映画ではないが、緊迫感があって面白い。ミリタリー系が好きなら潜水艦の独特な雰囲気は尚更引き込まれる感じ。
階段・下が見える歩行路・クレーンショットで潜水艦内の高低を強調する撮り方、潜水艦映画をあまり見ないからどの位特徴的なのかは分からないけど、少なくともペーターゼン的な直線の奥行きとは別のものを志してるのは分かる。上からハックマンの様子を窺うワシントンのショットのように、それによって「隠れて反逆を試みる」という事柄を成立させているのだろう。
dg4

dg4の感想・評価

2.7
密室
見えない敵
浸水

潜水艦映画ってどれも緊張感すごい。

この密室で
人種対立
エリートvs叩き上げ
攻撃的vs安全策という身の守りかたの違い

どちらも嫌な人ではない。
自分の信じるものを貫こうとしただけでしたね。
どるふ

どるふの感想・評価

3.0
副館長が艦長に何度か楯突くシーン、艦長が謎に大人しすぎる様が目立つ
YooMee

YooMeeの感想・評価

3.7
トニー・スコット監督作品はわかりやすくて面白い。製作がジェリー・ブラッカイマーだからスケールが大きくて見応えがある。
デンゼルとジーン・ハックマンの指揮権争奪戦にハラハラした。
>|