惑星アドベンチャー/スペース・モンスター襲来!の作品情報・感想・評価

「惑星アドベンチャー/スペース・モンスター襲来!」に投稿された感想・評価

NAGA

NAGAの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

何者かによって別人のようになってしまった家族!なぜか追われる少年!博士!前半は手に汗握る展開。
後半は軍も巻き込んだ作戦が決行!宇宙人のアジトで大暴れ!!そんでもって潰す!!
なかなかよかった
popo

popoの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

1953年モノクロ/火星からの侵略者: 当時は凄いインパクトのある映画だったようだ。トビー・フーパーが1986年に『スペースインベーダー』でリメイク。
やたら軍の戦車の映像が使われていた印象があって、軍隊vs宇宙人といった感じ。最後逃る少年の顔のアップと、今までの出来事の映像が走馬灯のように流れるシーンはインパクトがあって少し怖い。
スペースインベーダー(トビーフーパー)の元ネタ(序盤完コピ!)
前半サスペンス・後半戦争モノと、一粒で二度おいしい徳用映画
火星人に「何かされた」人物の不気味な豹変はジョジョ3部でパクってるね。
究極の知性を持つ(そう説明される)割に地道で超非効率な侵略手段をとってる火星人(ちゃんとタコ)に対し、戦車まで出動させて銃火器等のウエポンもガンガン活用し容赦なく殲滅せんとする地球サイドのUSAっぷりには当然何の視点も存在しないのだった。
フーパーのはもうちょっと茶化してる
ワン

ワンの感想・評価

3.0
望遠鏡で星を眺めるのが好きな少年がある夜、丘に円盤が着陸するのを目撃します。話を聞いた父親が見に行きますが朝になっても帰って来ません。
翌朝、帰って来た父親は性格が別人のように変わっていました。

トビー・フーパー監督『スペースインベーダー』のオリジナル。

宇宙船に近付くと地中に蟻地獄のように引き込まれて首の後ろにインプラントを埋め込まれる。そうなったら侵略者の意のままです。周りの大人たちが次々と乗っ取られるので少年はなすすべもありません。警察署に行って必死に状況を説明しますが…

全てを覆す驚きのラスト。それで良いのか?
大好きなボディスナッチャーもの。♪
主人公の子供だけが知る、恐ろしい宇宙人の侵略。
一夜明けて、宇宙人に洗脳されて帰ってきた父親が怖かった。
片足はサンダル脱げて素足で、能面の様に無表情で
「コーヒーだ」とか。(笑)
ウザい子供はシバき倒し、母親も誘いこんで洗脳してしまう。
どんどん洗脳された者が増え続け、主人公はどんどん追いつめられる。
でもダメだね。味方が多すぎて面白くない。

あと、この年代特有の、
「これが、最強・無敵のアメリカ軍だ!世界の守り神!絶対正義!」
という色が濃いィくてちょっと苦笑する。☆