惑星アドベンチャー/スペース・モンスター襲来!の作品情報・感想・評価

「惑星アドベンチャー/スペース・モンスター襲来!」に投稿された感想・評価

horahuki

horahukiの感想・評価

3.5
地球にやってきたエイリアンが水面下で人間を1人ずつ乗っ取って行くボディスナッチャー系SFホラー。

トビーフーパー監督の『スペースインベーダー』(未見)のオリジナル。ガッツリホラーな内容ですが、子どもが主人公でサラッと見れるファミリームービーになっていて面白かったです♫

あらすじ…
望遠鏡で夜空を見てた主人公の少年。突然光る円盤が現れ近くに着陸。すぐに父親に伝えるも信じてくれない。一応現場を見に行った父親だがなかなか帰って来ず、朝になって帰ってきた彼は姿は父親だけど、性格がまるっきり変わってしまっていた。一体何があったのか…という話。

ボディスナッチャー系の話は私的にツボなんですよね。周りの人が少しずつ何か違うものとすり替わって行くことの恐怖は計り知れない。本作は、主人公が子どもというのが活かされていて、子どもだから誰に言っても信じてもらえず、大人たちには子どもの戯言だとバカにされるだけ。警察に駆け込んでも親の姿をした「何か」がいる家に電話される始末。自分が正しいと主張してることをまともに聞いてもらえず、頭ごなしに否定される無力感。そして侵略されている危機感を覚える間もなく侵略されてしまう恐怖。

ただファミリー向け映画なので、そういった恐怖は同様の映画と比べると抑えめ。主人公の少年にはすぐに理解者が現れ、エイリアンの存在を信じる側が多数派になって行く。そのため、恐怖というよりエイリアンを追い詰めていくワクワク感の方が勝ってる印象。ほとんど同時期の『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』で描かれた圧倒的な恐怖と無力感に比べると本作が家族向けということを意識してるのが良くわかります。

そして人によってはブチ切れてしまうであろう、ラストも最高(笑)「え…?」とか「はぁ?」とか声を出してしまうこと間違いなしです(笑)あの有名なガラスケース入りエイリアンの造形も大好き♫

あと『惑星アドベンチャー』ってタイトルはどこから出てきたんですかね…。どっか別の星に行って大冒険するみたいなタイトルだけど、エイリアンに侵略されてるだけなので舞台はずっと地球。それもごくごく限られた狭い地域だけの話なのに…。エイリアン目線のタイトルなのかな(^_^;)

『クリッター』の感想で、子どもが侵略型エイリアンに立ち向かう最初の映画のこと書きましたが、本作が原型かも知れないですね。立ち向かってるわけじゃないですが(笑)それと本作は『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』より製作年が前なので、そっち方面でも映画としては元祖なのかも。
NAGA

NAGAの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

何者かによって別人のようになってしまった家族!なぜか追われる少年!博士!前半は手に汗握る展開。
後半は軍も巻き込んだ作戦が決行!宇宙人のアジトで大暴れ!!そんでもって潰す!!
なかなかよかった
popo

popoの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

1953年モノクロ/火星からの侵略者: 当時は凄いインパクトのある映画だったようだ。トビー・フーパーが1986年に『スペースインベーダー』でリメイク。
やたら軍の戦車の映像が使われていた印象があって、軍隊vs宇宙人といった感じ。最後逃る少年の顔のアップと、今までの出来事の映像が走馬灯のように流れるシーンはインパクトがあって少し怖い。
ワン

ワンの感想・評価

3.0
望遠鏡で星を眺めるのが好きな少年がある夜、丘に円盤が着陸するのを目撃します。話を聞いた父親が見に行きますが朝になっても帰って来ません。
翌朝、帰って来た父親は性格が別人のように変わっていました。

トビー・フーパー監督『スペースインベーダー』のオリジナル。

宇宙船に近付くと地中に蟻地獄のように引き込まれて首の後ろにインプラントを埋め込まれる。そうなったら侵略者の意のままです。周りの大人たちが次々と乗っ取られるので少年はなすすべもありません。警察署に行って必死に状況を説明しますが…

全てを覆す驚きのラスト。それで良いのか?
大好きなボディスナッチャーもの。♪
主人公の子供だけが知る、恐ろしい宇宙人の侵略。
一夜明けて、宇宙人に洗脳されて帰ってきた父親が怖かった。
片足はサンダル脱げて素足で、能面の様に無表情で
「コーヒーだ」とか。(笑)
ウザい子供はシバき倒し、母親も誘いこんで洗脳してしまう。
どんどん洗脳された者が増え続け、主人公はどんどん追いつめられる。
でもダメだね。味方が多すぎて面白くない。

あと、この年代特有の、
「これが、最強・無敵のアメリカ軍だ!世界の守り神!絶対正義!」
という色が濃いィくてちょっと苦笑する。☆