少年マイロの火星冒険記 3Dの作品情報・感想・評価

「少年マイロの火星冒険記 3D」に投稿された感想・評価

クオリティが低いとは思わないがキャラクターが全体的にキモすぎるだろ
人の顔を3DスキャンしてCGアニメに起こすって技術を使っているらしいが不気味の谷ってレベルじゃねぇ…
ディズニー&ロバート・ゼメキスの手掛けた超優秀CGアニメ。SFアドベンチャーの脚本絶品💡

先にダメなポイント。キャラクターが全く可愛いくない。これが致命的😵💦せっかくモーション・キャプチャーで動きをトレースしているのにキャラクターをデフォルメするのが、そんなに面倒だったのか知らん。
聞き分けのないキモい糞ガキの表情に慣れるまでが大変💦…きっとディズニーとしても標準的なWASP顔を狙ったのかも知れないけれど、マイロもママもグリブルも顔面の造形がダメダメ😅
仮に…私が起用するなら…。
マイロを→エイサ・バターフィールドもしくはダコタ・ゴヨに。
グリブル→ジュード・ロウもしくはザック・エフロンに。
ママ→サマンサ・モートンもしくはローズ・バーンに…。
そんな夢のようなキャスティングならバック・トゥ・ザ・フューチャーに匹敵する傑作になったかも😆💡

▼マイロのママが火星人👾に攫われた💦
宇宙船に飛び乗ったマイロは不思議な宇宙スパイ?のグリブル1世に助けられママを探す。火星人👾がママを狙った目的は、ママの脳から子育てプログラムを抽出する為。プログラムが抽出されてしまえばママの記憶はなくなってしまうらしい。
抽出装置は日の出と共に作動してしまう。残された時間は6時間。頑張れマイロ!ママを救え!

▼ロバート・ゼメキスお得意のスリリングな時間との勝負。マイロの愛猫の九条(おそらくジャポニズム好き)とグリブルの愛猫ツーキャット。猫ゲロの共演(笑)
SFっぷりも、火星の風景も素晴らしい(NASAのマーズ・パスファインダーの映像をたっぷり提供して貰ったのでしょう)それに対比させたグリブルのスチームパンクっぷりも好き。
面白かったです😊
まぁ

まぁの感想・評価

3.0
わ〜〜ごめんなさい〜(^^;;

ストーリーは良いと思う…☆
母と息子、家族…伝えたい事はとても良く分かった…♪
ドキドキ、ハラハラ感も感じられた…☆
展開が速くて、間延び感がないのも良い…♪

だけど…(^^;;
火星人のキャラが……。
ダメだった〜(汗)
私には合わなかったのか、気持ち悪くなってきて…(^^;;
特に「総統」…そして、ゾンビ…。

(「グリーン・インフェルノ」を思い出しちゃった…(^^;; )

CGアニメでなければ…と…鑑賞中ずっと思ってしまった…(^^;;

エンドロールは面白かった…☆(笑)
…最後に…救われた…(*^^*)
子育てが苦手な火星人が子どもが生まれるときに子育てが上手な人間を一人さらって子育てロボットに子育ての記憶を移させる。 んで、マイロのお母さんがそれに選ばれちゃって火星に連れてかれちゃうわけです。 太陽の光がのぼるとお母さんの記憶はロボットに移行されちゃうんです。

んでマイロはお母さんを助けようと奮闘するわけです。。笑笑


思ったより面白かったし珍しくハラハラドキドキした!なかなか良くできてるけど、アニメーションの人間の顔。火星人の赤ちゃんの顔。がきもすぎてwww若干見る気失せるというww

でも面白かったです!!
題名通り、少年マイロの火星大冒険。

親子愛が上手く描くてて程よく感動。ストーリーは良かった。火星人の言語も火星語ってのもナイス。アニメだとだいたい宇宙人も英語喋るしね。。翻訳機を使う設定も良し。

しかし一番残念なのはデザインである。主人公マイロや人間たちのデザインが妙にリアル&CG感全開だから、可愛げが全くない!むしろ不気味だ!
せっかくアニメなんだからもっとキャラクターっぽくすれば良かったのに。
リアル路線で行くならもう人間は実写で良かったんじゃない?
背景CGならセンターオブジアースのようなテイストで作れそうな気もした。

火星人デザインも個人的には微妙。。せっかくストーリーは良いのにもったいないなぁ。

調べて見るとこの作品、莫大な制作費を回収出来ず、史上最も大きな損失を出した映画のようです。。
僕が思うにキャラクターデザインの悪さが大きいな要因だろう。
今回、自分は予告もジャケットもちゃんと見ずにレンタルしたが、少年マイロの顏見ると見る気失せたはずw

制作はロバートゼメキス。しばらくアニメばっかり制作してるが、彼の手がけるアニメのキャラクターはみんな魅力が無い。みんな不気味である。ティムバートン監督のアニメのようにキモいけど可愛いデザインなら良いのに。キモいだけど愛情が湧かないのだ。ゼメキスは巨匠だが、正直アニメのセンスは皆無だと思う。


監督はサイモンウェルズ。なんとH.Gウェルズの子孫。なかなか作品に恵まれてませんが、今後を楽しみにしてます!
兵隊

兵隊の感想・評価

4.6
アニメーション映画の中でも最も好き。グリブルは最初、バナナマンの日村の声かと思ったけど違う人だった。かなり、似てた。最後のグリブルの気持ちわかる!同じ気持ちかも。
ママが宇宙人にさらわれたので 追いかけて火星まで来ちゃった話

単純なのに嫌いじゃないこの感じなんだろう
遊園地のアトラクションに乗っているような感覚で観れて結構面白かった。
色んな意味で予想を超えた作品。今までのディズニーのキャラクターって観ているうちに愛着が湧いてくるものだけど、これは違った(笑)あと所々『トロン』っぽい感じがした。マイロが成長していく感じは良かった。
hmoon0327

hmoon0327の感想・評価

3.0
Mars Needs Moms (2011)

(02.01.2012)
>|