十三人の刺客のネタバレレビュー・内容・結末

「十三人の刺客」に投稿されたネタバレ・内容・結末

粗製濫造イメージが強い三池崇史監督作品、9本の大ハズレを作りながらたまに1本の大ホームラン大当たり映画を作るので侮れないし嫌いになれない。この映画がまさにそう。三池監督の悪癖が顔をのぞかせてるのも関わらず、ただ単純明快に面白い!と賞賛できる最高の作品です。
三池崇史監督は、アクションが気合い入っていて凄い、残酷で凄惨な表現に妥協がない、CGが日本トップレベル、魅せ方最高、役者の配置がうまい、その上製作ペースが早いという良さをたくさん背負いながらも、話がつまらないという一点で台無しにしているところがあって、いつも歯がゆい思いをしてしまうのですが、すべての方向性がきちっと合えばはちゃめちゃに面白いんだなということがはっきりとわかりました。

元になったオリジナル映画は、知りません。そもそも時代劇あまり興味がなく…侍にもロマン感じなく、知識もないため今までもずっとよくわからないで通してきたのですが、直後に侍や時代劇の基礎知識やら教養やらを教わって、そのお陰で十二分に楽しめたと思います。

終盤50分の大迫力戦闘シーンとは知っていたが、長くも感じない。
魅せ方がうまくて13人分最期の見せ場を作りながら戦力が徐々に削がれていく様が上手くて引き込まれてしまう。確かに道中13人全員にスポットが充てられていないので印象が薄い人が半数ぐらいいるのですが、これぐらいのバランスが見やすくていい。段々と人が亡くなって幾たびに面白さが増していくのに個人個人均等に見せ場をつくりフィーチャーされるたびに死のフラグが立ってしまい「あぁ〜〜」と思ってしまう。

手練が集まる過程が面白い。これからでかい事するという時のために人が集まってく様子はわくわくするし、「これで十一名だ…!」「これで十二名だな!」と同士が増えていく流れは楽しい以外ない。人数が増え、実行日が近づくにつれ徐々にヒートアップしていく楽しさの最高潮で迎えるあの奇襲、そしてみなごろしからの戦い。素晴らしい。
侍としての矜持、人を殺めた事がなかったりあっても少なかったりする見せかけの刀を今まさに振るうタイミングだと言わんばかりに「斬って斬って斬りまくる」。侍としての魂の誇示の場でもある一世一代のあの戦い。
狭い戦場で大人数でわちゃわちゃしてるのに一人一人にスポットライトあたりつつ戦いとして手の見せ場作りつつですごくおもしろいです。

道中で仲間を増やしていく物語が大好き〜〜と確信しました。
山の者の並外れた体力ととぼけた感じのコメディさが、全体の緊張感にうまく俗っぽさを中和させていて別ベクトルの面白さを増していてすごい。
ちょっとやりすぎのキャラクター濃すぎ強すぎ感はあるのはあるけども、とても面白い。
ただ個人的に岸部一徳さんとのホモ•プレイはいらなかったかも…。これは三池崇史監督特有の悪趣味のギャグ挟みで、緊張の糸張りまくりな映画空間に不釣り合いだったかなと思ってしまう。笑ったけど。笑ってしまったので良いです。この岸部一徳との1プレイでくだらねー笑と緊張の糸が一瞬途切れた後にあの怒濤の50分なので、映画的には息継ぎみたいなもんでしょう。引き潮みたいなもんでしょう。面白いからオッケー。


山田孝之がカッコイイ。ならず者のくせ者だけど渋くて強い奴役を演じさせたら右に出るものいるか?というぐらいぴったりと当てはまるオーラ。

そしてなんと言ってもこの映画を語る上で外せないのが稲垣吾郎の存在。
稲垣吾郎自体顔が整っていながらも腹の底が見えない、高貴で近寄り難い、そのオーラ自体をあの役割に充てた事がもう、大正解で、
顔色一つ変えず子供に矢を放つ姿とか、安易に「こうすれば残虐なサイコパスっぽいでしょ」という粗悪な演じさせ方をさせなくて大好感。その上に戦が始まり人がばっさばっさ斬り殺されていくとニヤニヤしながら「面白い」と呟かせる姿は時代背景込みで人物像がしっかりしているからこその不気味さと魅力があり、軽々しい気持ちで役者を使っていないのがわかる。
稲垣吾郎が汚らしく犬食べしたり、血だらけ泥だらけになりながら苦悶の表情で「死にたくない死にたくない」と悲痛に声上げる姿を見るだけで満足、もうこの映画の面白さの90パーセントはそこに詰まっています。
稲垣吾郎さん、映画評論は好きだしキャラクターとしても好きだけど、失礼ながら偏見を持っていて、醜い死に際がこんなにも魅力的に演じられるような技量をもった人だとは思いもしなかった。稲垣吾郎にこの役を演じさせただけでも100万点、だと思います。

松方弘樹さん、無知で申し訳ないのですがマグロのイメージしかなく、他の役者陣とは100倍以上もの技術ある剣捌きと気迫に気圧され、びっくりしてしまった…。なんなんだこの力強さとしなやかさは…。他の殺陣が霞む程の本格ぶりで度肝を抜かれてしまった。勢いが凄過ぎる。

とにかく、細かく見ていけば粗を見つけてしまうんですが、この勢い、そして豪快な剣劇、大所帯の戦。熱量を保ったまま駆け抜ける50分。最高が詰まっています。特に侍の心情を読みながら見ると違った味を見出せるし、山の者の癖の強い存在も、見終わってみると程よいスパイスだったことがわかる。
役者陣の好演がとても素晴らしい、そして時代劇の面白さを教わり、興味を持つ切っ掛けになり、もっと勉強していけばもっと楽しめる箇所が増えてくると思うととてもわくわくします。
これからも三池崇史監督の当たり作品だけを見ていきたいですね。
基本的にはすき
序盤から作戦実行まではワクワクしっぱなしで、1963年版よりすきかも!と思ってはいたが、スコア4.0以上とならなかったのは宿場での決戦以降の展開ゆえ。
13人対300人という戦力差をいかに知力を尽くして戦うかが魅力の映画であるはずが、130人程度まで減らしたところで「小細工はここまでだぁ!!」で後はゴリ押しの乱戦ってのはなぁ…
一人一人の殺陣の見せ場を作る為とかもあるんだろうが、もう少し地の利なんかを生かして13人で130人を倒しきった状況に説得力が欲しかったところ…
この辺は1963年版の方が好きかな
他にも小弥太関連のギャグテイストとか、刺客側が自爆した時に血の雨振りすぎだろ問題とかまぁ気になるところはいくつもあるが、要所要所でカッコイイシーンがあって満足だったのでよし
 残虐な暴君を倒すために動機の部分の序盤は特に面白く、将軍の紹介、主人公に密命が下り、仲間を集め、カタキ役たちの動き、双方の攻防とテンポよく進み、時代劇の台詞をサラサラと喋る役者さんたちもカッコよかったです。

 主人公達が狙う将軍の弟が今までの映画で観たことないような残虐さですが、そでも魅力的に見えてしまうから不思議です。

 クライマックスの50分にもわたるアクションシーンは、チト退屈に感じてしまいました。最初は、爆弾やら火牛まで飛び出すスペクタクルなシーン満載で興奮しましたが。「小細工は終わりだ」とたくさんいる敵たちに刀1つで突っ込んでいくのには驚きました。何かしらの理由があって突っ込むならわかりますが、何の考えもなく13人で130人を相手にするのは無茶なんではないかと思ってしまいました。
 
 全員が走って斬っての繰り返しで全部同じに見えてしまって、飽きてしまいました。

 それに「俺たち侍は」とか「侍は」とか。やたら侍侍と台詞でつらつらと喋るのも説明的過ぎると思いました。侍は自分たちのこと侍とこんなにプライドを持っているのかが疑問でした。
 
 とはいえ天下万民のために戦う侍と主君のために戦う侍とのバッチバチのぶつかりあいは燃えること間違いないです。
落合宿での戦いは見応えあり。面白かった!
しかし吾郎ちゃんの完全なる悪役っぷりは凄かったなー。
ちなみに一番恐怖を感じた吾郎ちゃんは犬食いする吾郎ちゃん。
あれ本気で恐かった。
おもしろすぎてあっという間だった。
アクション、殺陣のシーン最高。戦略立てと戦いのロジックや台詞一つ一つが上手く、脚本の秀逸さが感じられた。
そして何より、今作でいろんな賞を受賞した稲垣吾郎の怪演名演は必見。

もはや誰も戦さの経験のない世の中となってしまった江戸時代末期。
残虐の限りを尽くす稲垣吾郎演じる松平斉韶は最後の最後まで本当に極悪非道で非人間的(褒めてる)。
一方、斉韶の非人間性は、侍の存在意義に疑問を呈しつつ生の実感を得ようともがいているように見える。そんな斉韶だからこその最期の台詞なのだろう。
また、斉韶の「政治は権力者にのみ都合の良いもの。下僕どもはそれに従うだけ。」という内容の台詞は、幕府の老中になる斉韶が、ただの悪役ではなく、当時の世の仕組み・制度に対する斉韶の諦念が感じられる。

「侍の何が偉いのだ。」、「戦さのってこういうものだったのであろうか。」、「人を切ったことのある侍は最早一握り。」といった、侍の存在意義・侍という存在への厭世観が垣間見れる台詞が多々出てくるのも印象的。
最初の切腹めっちゃ苦しそうですよね。早く切ってあげて!っていう。

面白かったです。

山田孝之、強盗切った後提灯の光が無くなる演出一番印象的でした。
あとお盆に帰ってくるのとこ。


谷村美月ファンなので見れたのは嬉しかったんですけど、眉無しって今見るとちょっと怖いですよね。笑
斉藤工を斬る稲垣五郎、骨まで切るなんて最低過ぎて最高です。セリフも極悪人。晩飯を全て一皿に集めて食うのもやばかったす。


「斬って斬って斬りまくれ」って、それだけだとちょっと馬鹿っぽいセリフだけど、それまでの物語の持っていき方のおかげで最上級に盛り上がるセリフになってます。

あいつの剣豪っぷりは惚れます。あちこちに刺さっている刀を利用して斬る毎に持ち替えていく演出は、厨二感溢れるけど格好いいです。
伊勢谷友介×岸部一徳

元映画はリアルなビビり具合のヤケクソ時代劇だったが、三池監督はクローズZERO的武士道映画としてリメイクしている。

稲垣吾郎の悪役が素晴らしきクソ野郎ぶりでラストもクソまみれ。
知人に勧められたので鑑賞。
各俳優、味があり、キャラが立っていて良かった。

殺陣のシーンがとても長く、見応えがあった。
特に松方弘樹さんの殺陣捌きが綺麗で流石の一言。

戦闘中、火薬使うなら全部それ投げ入れて終わりにすれば良いのでは?とか思ったけど、用意しきれなかったんだろうなと解釈。
伊勢谷さんは説明のつかない不死身キャラになってたけどあれで良いのかな?
松方さん追悼21本目。予習はバッチリしといたもんで、楽しく比較鑑賞させてもらいました。全体的に言えば、旧作に比べ本作の方が遥かにまとまりよくなってますね。娯楽作品として十分堪能できます。さすが三池崇史ですね。

特に良かったのは、弘化元年(1844年)の話だということから明確にキックオフしているところ。この10年後に黒船騒ぎですから、恐らくこの当時、徳川幕府の経年変化による構造疲労は限界に達していた筈、という前提は大正解です。しかしね、“侍として良き死に場所を探しておりました”という島田新左衛門(役所広司)の言葉だと私事過ぎて、「国家万民のため」という趣旨がどうしてもボケてしまう気がするのですよ。前作池上金男脚本の“侍として良く死にましょう”は印象的な言葉でね。この状況のままではダメだ。でも時代が変わったら変わったで侍の生きる場所はなくなってしまうだろう。だから、生きる場所のない私たちが今死んで世間に問いましょう、が旧作の本意なんです。だから、エンドでちゃんと島田新六郎(山田孝之)が生き残ることによって完結する、というところに繋がるんです。

序でにいえば、松平斉韶(稲垣吾郎)にしても、あれほど戯画化する必要があるのかなあと思うんですよ。これじゃタダの気印ですよ。だって、こんなあり得ない人物設定にしちゃうと、殿様個人の変態性の話になっちゃう訳で、この時代の葛藤じゃなくなっちゃいますからね。あくまでこの当時の幕府体制のメルクマールになってることに意味がある訳ですから。

それとね、前作との比較で言えば、全体的に本作の方が良いことは前提ながら、圧倒的に旧作に負けていると感じるのは役者なんです。倉永左平太(松方弘樹)と松平斉韶(稲垣吾郎)だけですかね、今回勝ってると思えるのは。それ以外は全て前作のキャスティングの方がいいです。恐らく時代に合わせてキャラクターの設計を修正していることもあるとは思うのですけど、特に亀頭半兵衛(内田良平)や平山九十郎(西村晃)はあのキャラクターあってのストーリーになってますからね。

それにしても、これだけ一流と称される役者を集めても、特に光っているのが東映プロパーの松方さんとスマップというのも、皮肉というんでしょうか、日本映画の貧しさというんでしょうか、なんかちょっと悲しくなる話でもあります。はっきり言えば、死に方が昔の役者に比べて下手なんですよ。この映画、死に様コンテストになっているところも見所な訳ですから、死に様をキッチリ見せることでこの時代特有の緊張感を実感してもらうことにも意味がある訳でね。だから、そういった意味でも松方さんの討ち死には印象的で良かったのですよ。なんかこの世に最後のお別れ(現実も含め)をしているようにも見えてね。。。
稲垣さんのサイコパスチックな殿様役がとてもハマっていて堪らなく良かったです。

「インシテミル」の武田真治さんや「寄生獣」や「あなたのことはそれほど」の東出昌大さんの様な狂気じみた演技が好きですが

今作の稲垣さん演じる明石藩主 松平斉韶は群を抜いた狂人でした。
>|