十七人の忍者の作品情報・感想・評価

「十七人の忍者」に投稿された感想・評価

近衛十四郎先生が、やはりいい!
このあと、「十二人の刺客」へとジャンルが確立されていくらしい。
特撮のない時代、映画がストーリー展開と鬼気迫る緊迫感溢れる演技で魅せるしかなかったことがよくわかる、やはり傑作である。

あらすじ
二代将軍秀忠の病篤いとき、嫡子家光の弟忠長は駿府にあって外様大名の謀反連判状を集めていた。老中阿部豊後守は伊賀忍者甚伍左にこの連判状の奪取を命じた。甚伍左は部下十五名と共に駿府へ向い、娘の梢を連絡係として残した。駿府側が雇った根来忍者才賀孫九郎は、早くも潜入した伊賀忍者源心ら四名を殺し、続いて連判状のある本丸に近づいた二人も餌食となった。駿府の家臣たちは忠長の命を案じ、孫九郎の反対を押し切って連判状を本丸から鬼門櫓に移す。この動きを連絡しようとした二人の忍者も死んだ。甚伍左は残りの部下と城下の羅漢寺に潜んでいたがそこで忍者半四郎が梢のかんざしを持っているのをみつけ、それを取り上げるのだった。秀忠が死んだ。豊後守は梢を駿府へ急行させ、連判状を奪えと厳命した。一方、孫九郎は、駿府に向った忍者は伊賀三の組の十六名で、羅漢寺に潜んでいるとの報告をうけた。寺は教われ、後を半四郎に任せて捕えられた甚伍左は鬼門櫓で拷問され、歩行不能となった。忍者たちは相次いで斃される。残るは城内の塩庫にひそむ半四郎と文蔵の二人。そして梢は孫九郎の手に落ちて責められている。文蔵は、沈着な半四郎に敬服、彼を助けるため自ら敵前に飛出して撃たれた。「十六人、すべて倒した!」と喜ぶ孫九郎に甚伍左がいった。「公儀隠密人別帳に女はのっておらぬ。伊賀忍者はまだ一人いる!」その油断につけ込んで梢を救い出した半四郎は、孫九郎と激闘の末、これを斃した。甚伍左は孫九郎に這い寄って、連判状を半四郎にさし出しながら息絶えた。寛永九年、忠長は自刃した。
二代秀忠の逝去に乗じて、三大将軍の座を狙わんとする家忠。
これにくみする大名勢の連判状を奪うため、鉄壁の駿府城に潜入する、公儀隠密伊賀衆十六人。

迎え討つのは、根来衆の近衛十四朗。
警備に当たり、やたらと幅を利かせて、周りの反感を買います。

潜入作戦をひとつひとつ進める度に、一人また一人捨て駒となっていく伊賀忍者たち。
その度に、
「惜しい者を亡くした…」
と苦悩を滲ませる伊賀の頭、大友柳太朗。

大友さんはもう、善玉でのご出演は限界に来ておられたのではないかと。
以降は悪の忍者に転身し、数々のヒーロー忍者を苦しめる強敵としてのご活躍を見せて下さいます。☆

とうとう、伊賀衆残り“あと一人”となり、捕らえた大友の前で勝ち誇る近衛。
「わしは勝ったのだ!おぬしら伊賀忍者は十六人!わしは一人!根来忍者のんが強いんじゃえ!ふははは!!☆」

それでもシラーッとしている大友にブチ切れる近衛。(笑)
今回は、剣の殺陣がほとんど見られなかったのが残念。

三島ゆり子といえば、我々の世代では
「なりませぬ」なんだけど…。
劇中、一回だけ言ってたよね?
「なりませぬ」って(笑)
temmacho

temmachoの感想・評価

3.5
リアルな忍者物。
公儀隠密の伊賀衆17人が命を賭して任務を遂行する。
.
強大な敵を前に捨て駒としての命令を下す親方の苦悩。
滅私奉公に涙!
とも

ともの感想・評価

3.5
忍者たちの関係があまりにもドライに描かれていて驚く。
大友柳太朗の迫力!変装は本当に最初自分も分からなかった。
十三人の刺客的お話で、こういうストーリーが自分は楽しい!
初)静かな忍者アクション作品って印象。当然CGもワイヤーアクションも無いので今の忍者物見慣れてるとやはり地味な印象です。それでも歴史の出来事の裏にはこういう忍者の働きがあったんだなぁと感じさせる。
☆☆☆★★

2015年4月16日 国立近代美術館フィルムセンター大ホール
明らかに体を外れて飛んできた槍を真上に避けるとか、槍が刺さる瞬間だけ人形に切り替わっているのがバレバレな撮影とか、古い映画なんだし突っ込み所はある。
それを差し引いても、知略や技能を駆使した戦いが面白い。
取り囲まれた大友柳太朗が、天井に潜む忍者に無表情のまま極力の小声で命令したり、敵もその唇の動きを読んだり、双方がプロフェッショナルである事が表れたシビアな戦いに興奮する。

敵役となる近衛十四郎はかなりの凄腕で、大友柳太朗の策謀と互角に渡り合い忍者達を次々と殺していく。
だが、彼もまた使い捨て忍者であり、味方の筈の駿府城の重役達からネチネチ嫌味を言われながら、たった1人で根来忍法の格を上げようと奮闘する。
冷静沈着で感情を表に出さない大友柳太郎に比べ、敵役の筈の近衛十四郎の方が感情表現豊かで憎めない。
大友柳太郎に言葉責めされ、ついつい心情を吐露してしまう所なんかはもらい泣きしそうになった。
勧善懲悪ではない忍者モノならではのシーンだ。
滅私奉公映画なので好みではないけどサスペンスとして面白かった。

部下が命を落とすたびに「惜しい者を亡くした…」とうつむいて呟く大友柳太朗。何度も繰り返えすから、本当にそう思っているのか、とでも言いたくなる。

音楽を極力使わずに緊張感をキープする演出はさすが。しかし後半は展開が早過ぎて分かりづらかったところも。

ネットにあった知らない人の感想で大友柳太朗が言う決めセリフ「これぞ伊賀忍法、反間苦肉の策!」の意味が分かった(反感〜は間違い)。

その忍法で数え間違い(?)を誘発して逆転する展開がサスペンスっぽい。

売り出し中の里見浩太朗の恋愛もブッ込んだり、色々会社からの指図もありそうだけど結構面白かったです。荒唐無稽な忍法がないところも良かった。
詰め将棋みたいに十六人の忍者が里見浩太朗の見せ場の為にジリジリ死んでいく展開が燃える。
仇役の近衛十四郎さんのキャラがビンビンに立ってて実質主人公。松方弘樹の親父さん素敵。
eshu

eshuの感想・評価

3.7
『七人の侍』
『8人の女達』
『10人の泥棒たち』
『十二人の怒れる男』
『十三人の刺客』
『十七人の忍者』…。

探せば色々あるんです。何人の◯◯シリーズ。そして結構どれも面白い。登場人物の多さに…この人誰だっけ?なんて考えながら観るのはしんどさもあるのですが、それもオツ。

十七人の伊賀忍者が、謀反を企む大名の名前を列ねた連判状を奪いに駿府城へ…。全員にスポットが当たるはずもなく…捕まえられたり殺されたりでアレヨアレヨと5.6人…。そしてラストのどんでん返し。切り札はこの十七という数字!!!

起承転結のお見本通りだけど…いい。静かにいい。何人の◯◯シリーズ…『四十九人の刺客』なんかもあるけど、そこまで来るともぅその他大勢すぎるでしょ?比較的十人前後がいいわね笑。