七人の侍の作品情報・感想・評価

七人の侍1954年製作の映画)

製作国:

上映時間:207分

ジャンル:

4.3

「七人の侍」に投稿された感想・評価

troy

troyの感想・評価

4.1
「観ないとわからないことがある」映画を観ている以上、黒澤明の名前は知っている。知っていてもなんとなくすごいんだろうなあくらいしか認識していない。この作品を手にとると、白黒、207分。この段階で尻込みしてしまう。しかし、えいやと気合いを入れて鑑賞してみると、おもしろい!邦画全体に言えることだが台詞が聞きにくいという点はなんと字幕付き!ということで解消。音声も良質なものを選べる。現代の技術に乾杯。画質も良いしね。具体的に何がすごいとは俺には表現できない。でも、言葉にできない凄さもあるってことさ
猫柳

猫柳の感想・評価

5.0
長いけど飽きない。
菊千代が可愛い(ちょっと切ない)
アクションが凄い。
りほこ

りほこの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

気づいたらのめり込んでいた。
それぞれキャラの立った7人の侍、笑いあり、身分違いの恋あり、仲間の犠牲ありといろんなエッセンスが詰まっていた。
60年も前の映画だが、今見ても充分楽しめる。やはり名作と呼ばれる作品は違うと思った。
やはり今回も負け戦だった…ラストシーンもグッときた
百姓が武士を買って戦う話。
その買った侍が7人。

こんな昔の映画見てふふってなると思わなかった。
3時間半くらいの超大作なんだけど飽きずに見れたよ。
調べたら、この作品は3パートあってそれらの時間はほぼ均等らしいね。

戦さのシーンは迫力があった。なんかあれだけ注視してた個々の登場人物たちがわりとあっさり死んでいってしまうのが戦さ感あった。

菊千代って呼ぶたびに笑えた。
志村喬いいな。生きるとこれ見て好きになったよ。
高橋

高橋の感想・評価

5.0
これが映画史に残る名合戦、これぞ!
始まって30分もすればもう夢中になって画面を食い入るように見ていた…
全く飽きがこない、三船敏郎が百姓の思いを訴えるシーンに目頭熱くなった
いやー、最高です。
ISHIZUE

ISHIZUEの感想・評価

4.0
今さらだけど午前十時の映画祭で鑑賞
不朽の名作と言われるだけあって面白かったけど、長かった...
次の週観た椿三十郎の方がコンパクトで楽しめた
日本人なら見なきゃいけない気がする。
永遠と受け継がれて行くんだろうな。
petita

petitaの感想・評価

3.3
友達がベタやけど面白いよ。と言うので観てみたらあんなに画像が悪くて聞き取りづらいのに面白かった!もっと早く観たらよかった…。
woodyduffy

woodyduffyの感想・評価

1.5
ルーカスやスピルバーグもリスペクトしている黒澤作品は評価しないと映画を語るな!的な感じもしますが正直な感想はこんなもんです
古いのと尺が長過ぎるのが個人的な難点
megu

meguの感想・評価

4.0
いつか観なければと思っていた「七人の侍」をやっと鑑賞。そして初黒澤作品

映像が古いせいか聞き取りづらい台詞が多々ありましたが、207分という長さを感じさせないストーリーで50年代の映画とは思えない面白さでした。これが黒澤明か〜

ラストかっこ良かったです
>|