七人の侍の作品情報・感想・評価・動画配信

七人の侍1954年製作の映画)

上映日:1954年04月26日

製作国:

上映時間:207分

ジャンル:

あらすじ

「七人の侍」に投稿された感想・評価

ムラタ

ムラタの感想・評価

4.8
志村喬と宮口精二の強キャラ感半端ない。

ココ最近で1番いい3時間半の使い方したなあ。映画黄金期にすごい監督とすごい俳優が出会ってこんな映画を作ったのは奇跡だと思うー🥲

三船の役は百姓出身というアイデンティティを持ちながらも百姓側にも侍側にも寄りすぎてないところがいいな。動物みたいに本能で動いているようでたまに的を得たことを口にするのがおもろい。

侍だけじゃなくて百姓の人柄も描写されてるので登場人物がそれぞれ際立ってて良かった。3時間半の尺で無駄なところがない。

このラストシーンの志村の言葉も含みがあるよな。どう捉えたらいいのか。

名作たる所以が分かった。黒澤の映画ちゃんと観なきゃなあ。
メロン

メロンの感想・評価

4.5
戦国時代の貧しい農村を舞台に、野盗と化した野武士から村を守る七人の侍たちの雄姿を描く。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

黒澤映画2作目鑑賞

以前『羅生門』を鑑賞した時は黒澤監督の凄さあまりわからなかったが、本作を鑑賞して黒澤明の凄さを実感できた。誰が観てもすごいと思うのではないだろうか。
オープニングの曲からしびれるかっこよさがあり、もうこの時点でおそらくこれは大作だと実感している。

三船敏郎演じる菊千代は子どもっぽさがあって、言動がおかしかったりクレイジーな部分があるけど、たまに芯のついたことを言ったりするのでそのギャップにやられる。目的地に向かう侍メンバーに勝手に付いていったりと途中まで自称”七人目の侍”だと思っていたが、知らず知らずのうちにちゃんと”七人の侍”のメンバーとして遜色なく活躍している。彼には何か見放せない不思議な魅力がある。

「人を守ってこそ自分も守れる。己のことばかり考えるやつは己をも滅ぼすやつだ。」
久蔵のこのセリフはドンと重く突き刺さる。。
彼の過去は描かれていないが、想像しただけで今までどんな道を歩んで来たかわかる。剣術も立派で人生の経験値はきっと計り知れない。この映画の中では侍という言葉が最もふさわしい人物だと思う。哀愁と渋みのある”ザ・侍”、かっこいいね。

今まで仲間たちを引っ張ってきた勘兵衛だが、ラストシーンにて、野武士を討ち戦には勝ったと思ったが仲間を失い、「また負け戦か、勝ったのは百姓だ」と言い放つ。今回の戦に対して全てが詰まっているように聞こえ、とても重みのある言葉だった。最後の最後まで抜け目のない重厚感のある侍だった。

七人の侍全員に個性があって魅力があり、演者、舞台、演出、ストーリー、音響、衣装、ここまで全てが仕上がっている日本の映画はなかなかないと思う。時代劇の頂点に君臨する、世界に誇る日本映画の傑作だ。
黒澤映画の代表作なだけありますね。
暫定一位です。
セリフが聞き取りにくいので字幕を付けることを推奨します。
和

和の感想・評価

-
幼い頃に"七人の待"とは一体何なのだろう…と思いに耽っていた頃があります。親父のオールタイムベストに恐らく入っている一本の為、部分的に幼い頃から見ていました。

さて、本作と"ゴジラ"のタメ歳の二大東宝映画は邦画界の中でも形容し難い神の域へ達している作品の様に思えます。
何がそんなにも凄いのか、娯楽であり芸術でもあるという点ではないでしょうか。

3時間超えの長編にも関わらず、物語のダレが一切ないのは映画史上においても珍しい。語られることの少ない前半部では、恐怖や性への渇望、恋に誇りなど人間のあらゆる心情描写が言葉ではなく映像としてエネルギッシュに映されている。最早、前半部だけでも傑作を軽く超えています。

そして、何といっても三船敏郎氏の演技力と即興。個人的には長老と顔を突き合わせるショットの妙。後半の活劇において、黒澤監督の美学が光っていますが三船氏演じる菊千代のカットは監督の力だけとは思い難い。
○でもなく、'た'でもない△という美味しい役柄が輝き、誰でも持っていたであろう無邪気な純粋さに心を打たれます。そんな菊千代の「お前は俺だ」という台詞は観客が菊千代に抱く思いであるようにも思えます。

単なる娯楽映画だと思っている方、逆に難しい時代劇だと思っている方にこそ秋の長い夜を使い見て欲しい名作の一本でございます。
そーだ

そーだの感想・評価

4.6
超有名な作品だけど、
こんなに面白いとは思わなんだ。

お侍たちが一人一人みんな
個性的で魅力的でとてもいい。

戦場での戦闘でもないのに
戦闘シーンの迫力。

とかく古い映画は高く評価されてても
実際今見ると表現とか技術とかすでに
陳腐化してしまっていたりしがちだけど
そんな事もない。(この映画はもう
70年(!)近くも前の作品!)

素晴らしいね。
いつかまた観たい。

この先また黒澤作品あと1,2本観て
同じくらい面白かったら、
ハマっちゃうかもしれないな、こりゃ。
時七紙

時七紙の感想・評価

4.0
色褪せない面白さ。戦の策略が明確なのと、1950年代の映画とは思えない演出の新しさを感じられて鑑賞しやすい作品だった。
台詞が聞き取りにくいので字幕付きをおすすめしたい。
ひ

ひの感想・評価

-
月並みな感想だけど、本当に1953年の映画ですか?!って思いながら観てた。セットもすごいし、登場人物も皆んな生き生きしているし…長めではあったが観てよかった。
やっぱ、一癖ある仲間がだんだん増えていくシーンってどの時代もアガるんだね
初めて見た時、百姓たちが何を言ってるか全く聞き取れなかった。ショックだった。
yuki

yukiの感想・評価

4.0
初鑑賞。今まで見た映画で最も古い。
三船敏郎が生きていた時代も知らない。
関係ない。面白い。
特に最後の豪雨の戦いは鳥肌が止まらない。
次回観るときは字幕ありにしよう。
>|

あなたにおすすめの記事