七人の侍の作品情報・感想・評価・動画配信

七人の侍1954年製作の映画)

上映日:1954年04月26日

製作国:

上映時間:207分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「七人の侍」に投稿された感想・評価

TaichIsa

TaichIsaの感想・評価

4.5
何度見ても面白いし深みが増してくるような唯一無二の映画。
野伏の略奪に苦しむ農民を救うべく、富も名声もない命がけの仕事を請け負う7人の侍。
農民の愚鈍さ、したたかさも上手くストーリーに入れ込んでおり飽きさせない。
最後の雨の中の泥まみれの戦闘シーンは圧巻。今時の映画でこんなシーンは見れない。
個人的には圧巻の三船さんの演技は元より、与平(左卜全)も可愛らしく素晴らしかった。

☆字幕で見ると見易いですよ
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

4.7
人間のいろんな感情が見える時代劇

なんと言っても役者の演技が素晴らしい
1人1人が個性的で興味深かった

音楽にも表情があるようで良い

フレーミングも美しく見応えがあった

映画は時代ではないと改めて感じた
この作品からはいろんなことが学べた
心に響くものがたくさんあった

日本が世界に誇れる本当に素晴らしい映画
音声が聞き取れない所もありますが、そんなの気にならないほどにめっちゃくちゃ面白いし、キャラ1人1人が立ってて大好きッッッッ!特に自分は菊千代が…もう本当好きです。(語彙力…)
上質なエンタメ。見てない人居たらすぐに勧めたい。素晴らしい映画をありがとうございます黒澤明監督🙏
他の作品も少しずつ見ていきたい。
denil

denilの感想・評価

4.5
名作として認識していたがやっとみてみました。1954年頃の作品というので、映画の演出として参考にする為に、江戸時代〜明治初期の武士の記憶を父や祖父から直接語り継がれた証人からたくさん話を聞いたと思います。
武士と百姓の設定などにリアリティがあるなぁと勝手に解釈しまた。そして出てくる武士達のふるまいや価値観は当時の武士道を如実に表していると勝手に思ってます。
すごく楽しめましたし、武士道が美しいと思いました。
水の表現がめちゃくちゃよくて、水が出てるカットはどこを切り取ってもめちゃくちゃかっこいい
野武士達に苦しめられている百姓の村を救うべく、名誉にも富にもならぬ戦に集った7人の侍。侍一人一人にキャラクター性がちゃんとあり、コミカルな場面やシリアスな場面を使い分けていて、飽きさせない。又、野武士によって虐げられている百姓と百姓によって落武者狩りをされた侍との深い溝を描いたシーンや、野武士の拠点に火打をかけ強襲を行うシーンはとても見応えがあった。ラストシーンでは、味方が四人死んで俯く侍達と何事無かったかのように田植えを行う百姓達とのシーンを見比べて、百姓だけが得をした「戦」であったことで、侍達には「負け戦」だったことが何とも報われない結末だった。
conran

conranの感想・評価

3.9
もう凄い傑作すぎて言葉が出ないし、レビューの書きようがないな。
黒澤明が「世界のクロサワ」と言われる所以、
「七人の侍」が、世界で高い評価を受けている理由が、分かりました。


207分のモノクロにずっと観賞を躊躇していたのに、
「え!終わっちゃうの。もっと観たかった。」と思うぐらいのめり込みました。
どれだけ丁寧に作られたかが作品全ての細部に表れていて、無駄な物が全く無いように感じました。
武士達の 泥、土、汗の薄汚れ切った空気感や、貧困の農民達の悲愴感が臭うように溢れ出てきます。


志村喬演じる、静かで穏やかな、懐深い佇まいの中年浪人の勘兵衛。
三船敏郎の粗暴で小汚く、幼稚、爆発的パワーの持ち主 菊千代。
素晴らしかった。
菊千代のパワフルさと、真正直さ、明るさには何度も何度も笑わせられ、菊千代というキャラクターと三船敏郎の魅力の虜になりました。


出てくる人物達全て生々しい人間臭さがあり
農民、武士の上下の区別関係なく、皆 何かしらの不安や悲しみや孤独を抱えながら、精一杯一生懸命に生きていくしかない。
その中での、人間の優しさや温かさ、誠実さや強さが溢れ
時代は違えども共感でき、心に沁みるなんとも言えない清々しさが後に残りました。


いつもは好きになると続けて2度観するんですが、
この作品に限っては、 腰を落ち着けてじっくり向き合いたい映画だと思い、またいずれ観賞の機会を持ちたいと思います。
これから何度も観続けていきたい素晴らしい日本の映画に出会えました。

日本が誇る巨匠黒澤明監督の七人の侍鑑賞。時計じかけのオレンジ同様、いまさら私が何か言う必要もないし偉そうに批判なんてこともできないのでレビューするまでもないのが事実なのだが思ったことを少し。
あらすじ
戦国時代、戦により行き場を失い盗賊と化した野武士の一団がある農村を狙っていた。村は前年も野武士に襲われ略奪の憂き目にあっていた。村が絶望に包まれる中、利吉という若い百姓が我慢の限界に達し、野武士を皆突き殺すべきだと主張する。村人の相談を受けた長老の儀作は村を守るために侍を雇うことを思い立つ。

ここからは見ていない人に話すつもりでひも解いていくのでご了承を。
ディスクは二枚組で一枚目には勘兵衛が仲間を集めるまでの話、後半は野武士と戦う話といった内容となっている。

勘兵衛の人柄がしつこいくらいに良い人に描かれている。余裕があり強く、それでいて謙虚で人間の鏡のような人だ。一方で三船敏郎演じる菊千代は、落ち着きがなく動物的で頭があまりよろしくない。しかし菊千代が誰よりも百姓の気持ちがわかっていて、戦に心を奪われていない人間だ。
久蔵は無口で表情がないが剣の腕は誰よりもある。こんな感じで非常にバランスがとれている。
荒野の七人を見ると笑ってしまうほどキャラクターを忠実にオマージュしている。異なるのは勝四郎と菊千代の行為がかぶっているところか。

~休憩~(見ればこの意味がわかる)


技法についてもいまさらひも解く必要もないが、徹底した望遠レンズでパーンフォーカスを駆使し、役者の自然な表情を引き出している。黒澤先生はカメラを二台から三台同時に撮り、あらゆる角度から撮影していたそうな。俳優も体中で演技しなければいけないから気を抜くことができずかなり疲れるだろう。
パーンフォーカスとはおおざっぱにいえばピントを全体にあわせること。普通手前の人間と奥の人間を撮る場合、絞り方でどっちかがぼやけるが、光を強くしてどちらにもピントを合わせる。黒澤先生曰く、ぼやけるくらいなら奥の人間は映さないほうがいいそうな。確かにしゃべり手を見る人間がいればそれを傍聴してる役を見る人間もいる。そしてそのどちらをオーディエンスが見ているかは分からない。そう考えればこの理論は正しい。しかし最近では一眼レフのような極端な絞りでぼやかす技法が流行っているが、それはそれ。

終戦後間もなく作られたとは思えない、というのが正直な感想。笑いも色あせず今も笑えたし、アクションも躍動感があってハラハラした。火縄銃に打たれて死ぬ時のモーションとSEがかみ合ってなかったのが残念だったが当時の道具から考えてまず無理だろう。冒頭の農民の会話なんかただでさえ方言で分かんないのにコモって聞こえないから日本語字幕で見たくらい。


七人の侍は多大なバジェットと200分というとにかく長いストーリーで当時としてはありえないフィルムだった。エキストラ、俳優、アクション、ロケーションすべてが観ていて自然体で、それが恣意的であると感じさせないあたりが莫大な金がかかっていることを物語っているのであり、その自然体が三時間余りの長丁場を長いと感じさせないあたりにミラクルを起こしている。結果として後世まで語り継がれオマージュ作品は多く作られ、日本の監督はおろか、海外の多くの監督までをも虜にしてしまうことが七人の侍はすさまじい映画だという証明となった。日本人なら見ないと死んでから黒澤先生に怒られます。サムライミあたりにリメイクしてほしいけど、タイトルはきっと七人のサムライミなんだろうね。死。
まな

まなの感想・評価

-
勘兵衛の最後の一言の余韻が続く‥。
途中で慣れるけど字幕ほしい笑
盆栽

盆栽の感想・評価

5.0
言わずもがなの傑作!!!

4kデジタルリマスター版ではない為、セリフが聞き取れない部分が多々あったが、それでも何もかもが優れていたため大変満足。3時間30分もの長尺なのに全く座っている場所から離れないほど釘付けになった作品は初めて。

特にクライマックスの豪雨の中での侍&百姓と野武士との戦いは瞬きする間すら許されないほどの迫力!あらゆる角度から撮るカメラワークには臨場感でさえ漂う。

ご存知の方ももちろん多いと思うが、この作品は3部形式で時間もほぼ均等という映画構成でさえもが一流とも言えよう。

百姓生まれの菊千代が劇中、感情的になって言ったセリフのお陰で初めて百姓の生活がどれだけ辛いものなのかが分かった。このセリフはそのまま歴史の授業で引用してもらいたい。

--------------------------
《作品紹介》
・戦国時代の貧しい農村を舞台に、野盗と化した野武士に立ち向かうべく農民に雇われた侍たちの闘いを描いた作品。黒澤明監督による日本映画の傑作。麦の刈入れが終わる頃。とある農村では野武士たちの襲来を前に恐怖におののいていた。百姓だけで闘っても勝ち目はないが、麦を盗られれば飢え死にしてしまう。百姓たちは野盗から村を守るため侍を雇うことを決断する。やがて、百姓たちは食べるのもままならない浪人たち7人を見つけ出し、彼らとともに野武士に対抗すべく立ち上がる……。

--------------------------
これは後世にも伝えていくべき作品。
この作品を作った黒澤明監督には感謝です。
>|