(ハル)の作品情報・感想・評価

「(ハル)」に投稿された感想・評価

小林

小林の感想・評価

2.3
森田監督の実験精神が全てを台無しにしちゃった映画
むしろ失敗しか見えない演出を、あえて実行したことに関しては評価すべきか...

ジャケットでもわかりますが、深津絵里が相当美しい
EBI

EBIの感想・評価

3.2
パソコン通信。。自分も色んなオフ会やったけどろくなもんじゃなかった♪
しゅん

しゅんの感想・評価

5.0
ペンを片手に寝る前に開く日記帳のように、静かにゆっくりと厚みを増していく(ハル)と(ほし)の関係性が観ていて本当に心地よかった。最近不道徳な本ばかり読んでたから尚更沁みた。ふたりが今後も純愛を貫くかどうかは知ったこっちゃないけど。やるなら死ぬまで騙しきってつかぁーさい。やっぱどっちでもいいや。さよならだけが人生だ。
映画男

映画男の感想・評価

4.0
メール文章で物語を進めるさきがけの映画じゃないかな(他にあれば教えてくださいな)。

「東京駅のホームで待っています。目印にフロッピーディスクを手に持ってください。私も手に持っています。」いや時代を感じる。

まあとにかく深津絵里が可愛いすぎる。
ほっこりする良き映画でした。
森田監督の映画の中で一番好きかも。
森田監督の映画大体展開遅いけどこの映画はそのじれったさが良い方向に向いてる感じがする。
maro

maroの感想・評価

-
時代を感じる、生まれる前なのにどこか懐かしさのある、ゆったりと淡々とした(ハル)と(ほし)のやりとり。深津絵里の透明感がすごい。
映画における文字の可能性を探った作品。
終盤泣きながら日本語を追っていたのは不思議な体験。
キャストも音楽もとてもよかった。
名作と言われる訳が少しわかった。
まい

まいの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

マンションしか見えない。という(ハル)に
生活が見えるのね。という(ほし)
物凄く好きだと思った

深津絵里がとてつもなく可愛い。
mahomemon

mahomemonの感想・評価

4.2
深津さんのいじらしさ〜💓かわいいい
いつでもすぐ連絡とれる今だからこそグッとくる物語。
ハンカチふるのが見えるシーンは思わず声が出そうになる感動。
ツクダ

ツクダの感想・評価

3.6
文通とも携帯メールともちがうパソコン通信での距離感が絶妙で、この時代にしか撮れない作品だなあ

ネットでの出会いやチャット画面だけを映すスクリーンは当時からするときっと斬新だけど、ストーリーはわりとオールドスクールな純愛もの

ゆえに感情移入はしないけど、あか抜けた画づくりや90年代感あふれるモノとファッション(パソコン通信にフロッピー、8mmビデオと肩パット…)、
なによりも、深津絵里の圧倒的なかわいさが頭にのこる
>|