秒速5センチメートルの作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

秒速5センチメートル2007年製作の映画)

上映日:2007年03月03日

製作国:

上映時間:60分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「秒速5センチメートル」に投稿された感想・評価

俳句を映像化したら、こんなかたちになるのかなぁ。
木々のざわめき、風の動き、光の屈折、云々
風景のディテールにこだわる繊細な描写がいい。
新海監督に、芭蕉を描いて欲しいですねえ
マーコ

マーコの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

3部構成にわかれた作品
少年の成長を追っていく


感想

最後の曲のためにあるようなストーリー
人生って感じ笑
MVみたいだった
yu

yuの感想・評価

4.1
短篇小説集を一気読みした気分

話数が進むごとに青春から現実へとシフトしていく様が
あまりにリアルで残酷だった

第一話が邪道系ド青春で大好き
背景から細かいところまで美しく描かれていて、切ないストーリーに山崎まさよしさんの音楽がよくあっていました
山崎まさよしの歌をはじめてちゃんとよいと思えた。

切にゃ…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω
小さなことに一喜一憂して、無知で無力な自分につくづく嫌になって、、、
あの頃は一つひとつの出来事に感情があって、意味があった。

このレビューはネタバレを含みます

子どもの頃に見たからか、理解が難しかった
1つ印象に残っていることは、駅に灯油ストーブがついていること。
こいで

こいでの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

山崎まさよしの壮大なMVみたいだった。
絵がきれいで観ているだけで心が落ち着きました。

映画は全体的に登場人物の立場から見てみると、ありきたりな人生だけど、映画を観ている立場からすると、なんだか羨ましい。
何時間もかけて好きな人に会いに行くこと、手紙を送り合うこと、仕事を辞めてしまうこと、観ていていいなと思えてしまう。
登場人物の歴史を年表にすると毎年のように書き込むことができるストーリーがあるみたい。

こういう日常的な映画観ていると、自分自身のありきたりな人生も端から見るとちょっとは羨ましがられたりするのかな。どこが羨ましがられるのか見つめていきながら生きていこうと思いました。
AkariEndo

AkariEndoの感想・評価

3.6
いい所ですれ違って、でも忘れられなくて、っていうのが切ない。風景がきれい!!!!
Mikiyeah

Mikiyeahの感想・評価

4.5
君の名は。新海誠ブーム禍で言の葉の庭と共に。
切なっ
新海誠は君の名は。がお初でしたが、こーゆー作品が昔は多かったのね。
んー。好きです。ラスト。