モダンボーイの作品情報・感想・評価

「モダンボーイ」に投稿された感想・評価

ゆう

ゆうの感想・評価

-
全体的に心理描写が薄めで時代的にももっと心の葛藤とかを描けば面白くなるのになと思った。
ただ、ナンシルのクラブでの歌シーン、日本語の歌シーンは素敵だった。
あの日本語の歌、IUちゃんがカバーアルバムで歌ってたな〜
28

28の感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

1937年日本統治下のソウル(京城)の総督府書記官モダンボーイが主人公。冒頭の美術や衣装も綺麗で、おしゃれ映画かと思ったら、そら(1930年ソウルが舞台なら)そう(友人の日本人高等検事は悪役)よって内容になってしまった…ざんねん
戦時中の日本の映像やセットは沢山観てきたけど、戦時中の朝鮮のセットは新鮮。全体的に音楽が好き。
ヒロインが素晴らしい。音楽は違うけど、椎名林檎っぽさを感じた。
ただ、そこは日本語だっただろっていうところや、日本人役の韓国人が日本語下手すぎて惜しいなぁと…。まぁ韓国映画だから仕方ない。
いきなり罰当たりなのですが、拷問されるふんわりヘアーのパクヘイルがエロくてよかった、、、

パケ写でどーーんと一番前にいるキム・ナムギル。彼とパクヘイルの関係が物語の軸かと思いきや、キムナムギル演じるシンスケはどんどんどうでもいい扱いになり、えっ!?と思ってる間に映画が終わってしまった、、、

舞台は日本統治時代のソウル(京城)、パクヘイル(朝鮮人)と学友であり、共に朝鮮総督府に勤める日本人の友人シンスケという役柄で、本当はもっと重要な役だったようなのですが、当時の反日ムードの高まりによりシンスケのシーンは大量カットされてしまったそうで…… うーんなるほど…… それでパクヘイルがキムヘスを終始追っかける抗日風味のメロ映画という仕上がりに……

美術はかなりがんばっていたと思うし日本語セリフも聞きやすかった!
あとキム・ヨンジェ(ワンドゥギの「叔父」)がまた天使みたいな役、、、
パクヘイルは目かっぴらくと顔の1/3くらいが目になる、、、スケコマシパクヘイルかと思ったら可愛いパクヘイルでした
りんご

りんごの感想・評価

5.0
キム・ヘス登場シーンが良くて最後まで観てしまったー。
音楽がいいと飽きない。
着物のキム・ヘスがいつかの椎名林檎みたいだった。
Maki

Makiの感想・評価

4.5
日本統治下の京城が舞台。日韓の文化が融合した街の雰囲気が独特で、1つ1つの風景にも見応えがありました。

京城の総督府に勤めるシンスケとへミョンは、かつて東大で一緒に学んだ仲。国を超えて絆を深めていた彼らでしたが、へミョンが反日運動をしている女性(ナンシル)に恋をすることで、徐々に関係が崩れていきます。

極端な反日映画ではなく、多様な視点から物語を捉えることができる描き方をされていて、観やすかったです。
へミョンとナンシルのラブストーリーは勿論のこと、唯一無二の親友に幾度となく裏切られ心を痛めながらも、親友を信じ続けようとするシンスケの姿も印象深かったです。
日本人を憎む者もいれば、日本人と良い関係を築いていた者たちもいるーー、ありのままを描こうとされているところに好感が持てました。
君が代が流れる場面もあり、なかなかドキッとさせられる映画でした。

日本人役を演じているのは全て韓国人の俳優さんなのですが、日本語の発音ををしっかりお勉強されたのだということが分かります。(勿論不自然さはありますが)カタコトの日本語を話す日本人が出てくる映画を何作も観てきたので(笑)。これはまだ良い方だと思います。
「ラブ弁当」という日本語だけがおかしくて笑いました(そんな言葉使いますか?笑)。

コミカルなシーンも多く、どんよりとした戦争映画ではありません。ストーリーだけでなく、街の雰囲気やそれぞれのキャラクターの気持ちに目を向けて鑑賞してほしい作品だと思いました。

(追記)どうやら当時竹島問題のせいで反日感情が高まってしまったらしく、シンスケの登場シーンが大量にカットされたとのこと。「ユキコ」という、シンスケの恋人についても描かれていたらしいのですが、カットのせいで本作では存在すら描かれていません。シンスケ役を演じたキムナムギルさんは、ご自身が情熱を持って演じた場面が大量にカットされてしまったことを残念だとインタビューで語っています。しかし監督の考えであれば尊重すると。公開から10年、未公開シーンも是非見てみたいものだと思いました。
akane

akaneの感想・評価

4.0
主人公、痛い目合いすぎ。建前というか表面上、豊かで幸せだった親日派の主人公。最後のシーンの演技には泣いた。
rikkorason

rikkorasonの感想・評価

3.3
時代背景とかとても好きなんだけどちょっとしつこい(笑)キム・ヘスさんがとてもよかった!
泣き方も笑い方も全体的にダサいな〜と思ってしまいのれなかったけど、占領下での親日・抗日の両方をみれる映画。とにかく一途。
yoshi

yoshiの感想・評価

3.5
ラストの鬱っぽい感じが良い
クラブでのダンスシーンとか日本語の歌のシーンとかすきです
>|