金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキストの作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • 韓国映画
  • 金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキストの映画情報・感想・評価・動画配信

金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト2017年製作の映画)

박열/Anarchist from Colony

上映日:2019年02月16日

製作国:

上映時間:129分

3.9

あらすじ

「金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト」に投稿された感想・評価

過酷な環境で育ち、教育を受けた事がない金子文子は、身をもって社会主義思想を具現化。
そんな彼女を惚れさせたアナーキスト朴烈のバイタリティ。
検事の書いたシナリオに敢えて乗った二人、その強さ、その志の崇高さ、その自由な情熱。
過激な物語に圧倒された。
波乱な人生の美しさに圧倒された。
気高さに圧倒された。
凄い女傑がいたもんだ。

帰宅してWikipediaで色々調べて絶句 !
mh

mhの感想・評価

-
関東大震災における朝鮮人虐殺を隠蔽するためのスケープゴートになった朴烈事件についての話。
・有楽町にあった社会主義者たちが集まる「岩崎おでん屋」
・看板メニューは社会主義おでん
・アナキストだった朴烈
・金子文子のぶっ飛んだ性格
・同時期に虎ノ門事件(皇太子銃撃)が発生
・のちにスキャンダルとなる写真の流出
などなど、基本史実どおりかつ、魅惑のプロットが連続するので最後までずっと面白い。
反日味にしがちの韓国エンタメにしてはバランスがいいんだけど、所々で、味付けが濃くなる箇所があって、そういうのは普通にもったいない。
具体的には頭おかしいレベルのレイシストとか、天皇を侮辱したようなセリフとか。
OPの人力車のくだりは普通にいらない。
大震災の時に登場した虐殺者が極悪ステロタイプだったのはどうなんだろうね。
テーマのひとつに天皇制批判があった。天皇のせいで狂信者が生まれるという状況を表していたのだと理解できるけど、ああしてしまうとリアリティは希薄になる。
いっぽうで、伊藤博文を暗殺した活動家が、英雄扱いされる理由がよくわかったのは収穫だった。
有名にならなければ、なにか世間を騒がすことをやらなければ影響力が上がらない。派手なことをして目立ってなんぼということも活動家の重要な要素なのだった。
朴烈事件はそのあたりを日本政府に利用された事件でもあった。
そろそろ日本でもこのあたりの自国の恥部を映画化して欲しいけど、電通やテレビ局が絡むビックバジェットはどうやってもむりっぽいので、韓国エンタメから反日が抜ける日を待つしか方法がないのかもしれない。
鑑賞後のググりタイムも情報量多くて有意義だった。
面白かった。
usamom

usamomの感想・評価

4.0
韓国国内では235万人動員😳!

今ではなんとなくダブスタで成り立ってる様な関係のように思えるけど
この誰一人ネイティブじゃない中での熱意と、作品として決して反日だけではない感じも伝わるし、そしてこの動員数
3猿が得意な日本人は無知
“知らない”も含め“興味ない”や“なんの感情もない” どうせ謎に上から見てる今の日本人の失礼さを強く感じた
大学で日本史関係の授業をとっていたのもあり、さまざまな知識と共に鑑賞できてとても面白かった。関東大震災の混乱の中起こった、朝鮮人虐殺事件をきっかけに物語は展開していく。井戸の中に毒を入れたというデマから、朝鮮人を取り締まる民間の自警団が結成され、日本語を言わせ、言うことができなかったら朝鮮人と判断し、無差別に殺していくというシーンがとても見ていて辛かった。現代のコロナでいう、コロナになった人や家族を徹底的に追い詰める、過剰な自粛警察に似たところを感じた。アナキストの活動をする朴と、彼に共鳴した文子の2人を中心としたストーリーになっていて、朝鮮人に対する日本人の態度、天皇制を守ろうとする内閣、その中でも、朴烈に手を差し伸べる日本人作家、弁護士、、。日本人だから、朝鮮人だから、という人種単位で人を見ている時代は今もなお続いていて、たくさんの問題になっている。朝鮮と日本間における、決して忘れてはならない残酷な事件だが、これに今の私たちが責任を感じたり、責任を取ったりするのは違うと思う。なんと表現したらいいのか、語彙力がなくて伝えられないのがもどかしい。
yoko

yokoの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

エンタメとして楽しめました。ふたりの関係がもっと濃密に描かれるロマンス系かと思ったら、きちんとした抗日運動の作品でした。
チェ・ヒソとキム・ジュンハンは、日本人と見紛うほど。キムジュンハン氏は、今まで、ゲイとかストーカーとか、表情の読めないちょっと癖のある役を見てきたけど、今回は、出世欲があるわりに人の好さが滲み出た判事役がぴったりだった。彼の形容詞は、つるんだな。
イジェフンは、もう少し日本語うまくても良かったのでは?彼の泣きは、目にいっぱい涙が溜まってて、見とれちゃう。たくさん泣かせたい。
titi

titiの感想・評価

3.5
以前、寝落ちして、途中までしか観ていなかったので、再度視聴。

改めて見ると、俳優陣の演技力が素晴らしい!

韓国映画なのに、こんなに日本語ばかり!
改めて、朝鮮が日本だった時代があったことを
思い知らされました。
yoko

yokoの感想・評価

4.0
見てよかったと思えた作品がまた一つ増えた


今も昔も政治家って‥
na

naの感想・評価

3.8
1923年の関東大震災朝鮮人虐殺事件、
朴烈事件より。

原題:박열(朴烈)

この映画の感想難しい…
思うこと、考える事がたくさん…

反日映画って言われてるらしいけど、
これが事実なら違うと思う。
韓国から見た日本。知って損はない。

朴烈も金子文子も知らなかった。
虐殺事件があった事は薄っすら聞いたことあったけど…この時代の中で愛し合う、ただただ2人のラブストーリーかと思って見たからちょっとビックリした。

この日本のやり方が国のため、国民のため、天皇のためであっても良い気しない…

映画だけでは日本と韓国の歴史背景を知ることはできないけど、これは日本人は絶対に見て欲しいな…

どの役者さんも日本語上手だったけど、特に水野錬太郎役のキムイヌの日本語がすごかった
c

cの感想・評価

4.2
関東大震災朝鮮人虐殺事件のことを知ったのはつい最近で、今年3月、東北の地震の後にSNS上で外国人差別を煽るようなデマが出回ったときだった。1923年の大震災後とまったく同じことが繰り返されているという文を読んで気になり、調べたのだった。それまでこの歴史的な事実を知らなかったことも、有事があると差別や偏見を利用して煽る人たちがいること(人間のそういった心理的側面)にも、かなりショックを受けた。さらに歴代都知事が毎年寄せていた追悼文を、現都知事の小池百合子氏は就任してから一度も送っていないということも知った。しれっとなかったことにするのは一番ダメでしょう……

朴烈と金子文子、「犬ころ」という詩をきっかけに出会い、惹かれ、活動家としても私生活としてもパートナーになるのだが、朴烈に対等な立場と揺るぎない信頼関係を求める金子文子がかっこよかった。最後まで信念と誇りと愛を捨てず、「生きること」を貫いた情熱的なふたりの、抵抗と闘いを描いた物語。金子文子が獄中に書き上げた彼女の文章からは朴烈に共鳴した理由が垣間見える。どの社会にも所属することができず疎外されてきたからこそ、無政府主義者である朴烈の詩に惹かれたのだろうか。情熱的なふたりをさらっと、どこかあっけらかんとしたトーンで描いているのもよかった。

虐殺運動を扇動し、お互いに責任をなすりつけ、都合が悪くなれば必死に誤魔化そうとする日本政府の無責任な姿はコミカルに描かれており(最悪すぎて笑っちゃいけないのだが)あまりに情けなくて笑えてしまう。『博士の異常な愛情』みたいだった。

メモ:1923年の関東大震災後、朝鮮人が井戸に毒を入れたという嘘が流れ、日本政府は困民の混乱を抑えるためにこの嘘を利用して戒厳令を発令しようとする。さらに国際的に問題になるのを恐れ、正当化するために、アナキストとして活動していた朴烈を虐殺事件の標的にする。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.2
「生きる」ということは
ただ存在することでなく
自分の意思で動くこと
だから例え死に向かっていても
自分の意思であるならば
それは「生きる」ということ

みたいなのにグッときた

兎にも角にも
ヒロイン役の
チェ・ヒソ


めちゃくちゃ魅力的


日本語上手だし
鼻に皺寄せて
冗談めく表情が
たまらん

彼女が見れただけで
とってもよかった

関東大震災
からの
朝鮮人虐殺

や裁判とも言えないような
裁判の行方は

とても評価しづらいけど

犬ころ

から始まった二人の絆には
思うところはある

ていうか
日本版タイトル
もう少し何とかならんかったか
ちょっとひどくね
>|