ハンニバル・ライジングの作品情報・感想・評価

「ハンニバル・ライジング」に投稿された感想・評価

niko

nikoの感想・評価

3.0
レビューしてなかった!
若かりし頃のハンニバル・レクター。がなんで食人鬼になったのかが分かる作品。レクター博士にも人間味があったのね、昔は妹もいていい子だったのね。子供の時から少し異常な感じなのをどこかで期待してたから少し残念な気持ちがありつつも、納得いく部分もある。
ハンニバル少年が殺人鬼レクター博士になるきっかけになったのは、なんとサムライ魂だった?!
アホか!んなわけねーだろ!もうエエわ!┌(`Д´)ノ)゚∀゚)
レクター博士も人の子だったなんて…、そんなエピソードこそ食べてやる(ToT)
ニサ

ニサの感想・評価

4.0
あのオッサンを巻き戻してこのイケメンにはならんやろとは思った(笑)
でもイケメンが軽やかに醜い男を殺してゆくのは絵画的な美しさがある。
これ以前のハンニバルシリーズを観てなくても単体で楽しめる作品。
nakataka

nakatakaの感想・評価

3.2
シリーズ第4段!!
美食家レクター先生の幼少期を描いたものです。

アンソニー・ホプキンスは出なく、他の作品と大きな繋がりがあるわけでもありません。笑

単独でもいける、グロ復讐映画でした(=_=)
り

りの感想・評価

-
記録用
若き日のレクター
超面白い。
簡単にいうと、復習劇。
戦争に巻き込まれた兄妹が兵士に囚われて飢えをしのぐため、妹を殺されて食べられる。で、妹を殺した兵士たちを次々に殺して復讐を果たしていく内容。

なんだろ、ストーリー的にはカニバリズム要素以外は普通なんだけど、
退屈せずに観れた。やっぱ、羊たちの沈黙、ハンニバルの作品がでかいのよな、安定してるわ、全体的に。
苦しいなあ〜、、でもしちゃいかんこともあるよお、、
>|