レッド・ドラゴンの作品情報・感想・評価

「レッド・ドラゴン」に投稿された感想・評価

2018年 93本目

時間軸は『羊たちの沈黙』の前に当たる作品。『ハンニバル』を見てないので、レクター博士への理解が不十分だったのが残念。
THE・狂人といった犯人。怖すぎるでしょ。友達のオススメで概要は聞いてたので、どんなことが起こるかは知ってたけど、思ったより狂ってて狂気に満ち溢れてた。
エドワード・ノートンの主人公刑事が、着実に犯人像に迫っていくのはハラハラドキドキだしワクワクしたけど、全体的に見ると、たまになんでそうなったのか分からないところあって消化不良。
あれなんでダラハイド死んでなかったの?レクターみたいに顔の皮被って変装していたわけじゃないのに…。
きょん

きょんの感想・評価

4.0
羊たちの沈黙も良かったけど
今作も同様に面白い。
豪華キャストの演技を観ているだけでも贅沢な気分。
特に亡きフィリップ・シーモア・ホフマン。
レクター博士のアンソニー・ホプキンスの怪演はもちろん
エドワード・ノートンもステキだし、犯人役のレイフ・ファインズも過去のある繊細な感じをうまく演じている。
もふ山

もふ山の感想・評価

5.0
キャスト、めちゃくちゃ豪華。
エドワード・ノートンもかっこいいけど、多分みんな最後はレイフ・ファインズかっこいいいになっているはず。
中二病心くすぐる映画なので、若い子に是非とも観て欲しい。
ぐで子

ぐで子の感想・評価

4.0
レクターとFBIのコンビvsサイコ犯罪者の図がすごい好き。
犯人の異常さ<レクターなのが特にいい。
2作目より、事件を追う1作目と今作の方がストーリ上、面白い!!
今作の犯人は二面性と過去の悲しさ→異常さの流れがわかり余計入り込めました。
登場人物全員演技良きだし、満足。
エドワード・ノートンかっこいいけど何かで観たと思ったら初期ハルクだった。捜査官のノートンすごい良いです。
ai

aiの感想・評価

3.9
レクター博士の魅力を改めて感じる作品。
アンソニーホプキンスの怪演に脱帽!
狂人と凡人の二面性を持った犯人は、ただただ哀れ。
犯人の生い立ちに関して切ない気持ちも入り混じりながらの、最後の展開は思わず息を飲んだ。
見応えのある作品。
羊たちの沈黙に繋がるシーンが好き。

このレビューはネタバレを含みます

豪華出演陣によるリメイクレッド・ドラゴン。

無個性映画とセクハラの名手ブレット・ラトナー監督による過去3作ぞれぞれと共通する要素がバランスよくちりばめられたコラージュ作品。

アンソニー・ホプキンスのレクターもこれで見納め!
ten47

ten47の感想・評価

3.6
「羊たちの沈黙」より面白くないとは聞いていたけど、正直あまり変わらないくらいどちらも普通
アンソニー・ホプキンスはじめ役者陣の演技に見とれるだけ
ゆうま

ゆうまの感想・評価

3.8
二重人格なのかな…?
なんで、家族を襲っているのか理由がイマイチわからん。
性的な興奮を得るためかな??
やっぱりレクター博士は最高
12年前の作品の前日譚なのにそれほど違和感のないアンソニー・ホプキンス。『羊たちの沈黙』の下位互換感は否めない。
まゆ

まゆの感想・評価

4.0
愛のパワーってすごいのね…!って感動しそうだったのに、まさかの展開〜!

イかれちゃってる人には、それなりの過去がある場合もあるのか〜ってしみじみ考えてしまった。
同じような人に惹かれてしまうものなのね。
そして何かに縋らないと生きていけなくなってしまうのかあ。

なんかもうハンニバルの狂気さとかいろいろひっくるめた雰囲気がセクシーだと感じはじめてしまった!
>|