レッド・ドラゴンの作品情報・感想・評価

レッド・ドラゴン2002年製作の映画)

RED DRAGON

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.6

「レッド・ドラゴン」に投稿された感想・評価

matsu

matsuの感想・評価

3.5
レクター博士第三作。
時系列でいうと一作目よりも前のお話になります。
レイフファインズ怪演で、ある意味ヴォルデモートよりも恐ろしい。
エドワードノートン渋い。
最後の10分まで楽しめる良作です。
羊たちの沈黙を観たのが結構前だったので思い出しながらの鑑賞 ハンニバルも近いうちに観たいなー

このレビューはネタバレを含みます

文句なしに面白かった
スマホ依存症がスマホから手を離したからね
ハンニバルテレビシリーズを先に見てしまったので話の落ち着きどころはわかっていたけど、それでもどうなるのか気になって全部見た
お腹すいたけど見た
死んだはずのダラハイドがウィルの家に来るのは予想できても怖かった
怖かったかな?
どちらかというとハイきたー!!みたいな予想を裏切られなかった嬉しさだったかもしれない
そして伏線回収
いいね
これが羊たちの沈黙につながるんだなぁ(だよね?)
ハンニバル・ライジングを次見ます
ずみ

ずみの感想・評価

3.9
ハンニバル・レクターの持つ存在感はそこまで大きなものではないが、やはり主人公の知性とハンニバル・レクターの知性がぶつかるこの作品はシリーズを通じてやや異質な存在感がある。
tomomi

tomomiの感想・評価

4.0
かなり興奮しています。
レクター三部作の中で一番ドキドキしました。心臓がバクバク。観ているうちに、自分自身も精神的に追い詰められるような気持ちに。こんな結末嫌だ!と思っていたら、あらスッキリ。

エドワード・ノートン、レイフ・ファインズ、エミリー・ワトソンがとにかく素晴らしかったです。

このレビューはネタバレを含みます

羊たちの沈黙になる前のお話。
犯罪者たちの心に寄り添うFBI男性がレクター博士に半殺しにされ、なんやかんやで社会復帰します。
連続殺人犯を捕まえるためになんやかんやするFBIとレクター博士。
ストーリー的には、盲目の女性と過去にトラウマをもつ男性のラブストーリーでした。
妄想に捕らわれたら、どうにもできないけど、そこを開く可能性のあった盲目女性に期待してしまったのですが、うまくはいきませんね。
レクター博士はそんなに出てこないのに、ほぼ主人公なくらいの圧。はんぱないっす。
障害を乗り越えるラブストーリーが見たい方にオススメですね。
2作目をすっ飛ばしての観賞

対峙時のノートンの台詞が印象的
ぴたや

ぴたやの感想・評価

4.0
かなり面白かった、ずーっと手を握りしめてる感じ、変な汗かく。
今回はあんまりハンニバルはでてこないけど、羊たちの沈黙になるまでを描いてる。
ウィル出てきたのびっくりした!ドラマ少し観てたからなるほど!ってなる、ドラマよりもわかりやすいよ。
最後がびびった〜〜、てか私エミリーワトソンが1番怖かった...
なんとなく評判が芳しくない気がしてたが、ハードルが低いおかげもあってか結構楽しめた。リメイクだから当然といえば当然だけど中盤までかなりの部分が『刑事グラハム 凍りついた欲望』そのまんまのイメージだったり、あからさまに『羊たちの沈黙』に描写や雰囲気をあわせてきたり(クレジットによれば一部フッテージを借用してるらしい)、犯人のトラウマが露骨に『サイコ』だったりといったことが気にならなくもないけど。
mayo

mayoの感想・評価

3.6
冒頭からひきこまれた。
見せ方上手いわー!
ハンニバルよりグロいシーン少なくて見やすかった。
獄中のレクター博士にプロファイリング手伝ってもらうところは羊たちの沈黙に似ている。
そして、事件の犯人である噛みつき魔の人物背景や、恋愛感情など、異常な殺人鬼なのに人間味があって同情しちゃう。
盲目の女性とのことは切なかった…
チルトンが相変わらずだった(笑)
>|