シザーハンズの作品情報・感想・評価

シザーハンズ1990年製作の映画)

EDWARD SCISSORHANDS

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「シザーハンズ」に投稿された感想・評価

切ないんだけど、切ないんだけど
なぜか冬になると観ちゃうんだよな
shino

shinoの感想・評価

-
パイレーツオブカリビアンにどハマりしてた頃に親に観せられたやつ。この頃の私の歩き方はジャックのヘロヘロ歩きで手は彼のようにピラピラしてた。
ジョニーデップってどんな役でも出来すぎて、元の顔分からん

切ないお話
映像は少し古臭くて(特にCG)苦手な人は苦手かも
くるみ

くるみの感想・評価

1.0
『彼がここに来る前は雪が降らなかったのに、彼が去ってからは毎年雪が降るわ。この雪は彼が降らせているの。』

名作だと、傑作だと周りに言われて、ティムバートンの世界×ジョニーデップだからワクワクドッキドキしてみたけど、ごめんなさい嫌いです。とてつもなく嫌いな作品でした。

もう子どもの頃みたいに純粋な心を持ってないから、素直に綺麗な話だと思えなかった。
確かに常識道徳倫理などを一切無視したら綺麗な純愛話かもしれないし、最近良作観すぎたのもあるかもしれんけど、これはダメだ。

純粋さに漬け込む町の住人の悪どさ、ここにばっかり目がいって、腹が立って仕方なかった。なんなら私がシザーハンズになって町めちゃくちゃにしたろうかって思うくらい、嫌悪感。
後どこで恋に落ちたのか全くの謎。エドワードは一目惚れでしょ、わかる。キムは最初毛嫌いしてたのにどこに惚れたの?優しかったから?それだけで?
そんな数日間で印象変わって「愛してるわ」なんて言っちゃって、孫の代にまで語り継ぐ神経が全くわからん。←

ファンタジーをファンタジーとして楽しめなくなった私が悪いだけであって、作品自体は作りもいいと思うし、製作した時代を考えたら、演出とかもすごいと思う。
ジョニーデップの演技も良かった。触れたいのに触れられない、もどかしが良く伝わったし、ジョニーの演技には胸を打たれる部分もあった。
でも、もう二度と観ないです。
ハサミの手をもつロボットの不思議なお話。
バチバチにモンスター映画に見せて実はめっちゃせつなくてほっこりして心温まるいい映画。
童話のような世界観。流石ティムバートン。

手がハサミのエドワード。愛しい人に触れたくても触れると傷つけてしまう…。
エドワード演じるジョニーデップがせつなげな表情を浮かべて流とこがまたええ。

「ヤマアラシのジレンマ」そのままなのだけどもクリスマスの季節になると見たくなるそんな映画。
切ない

人間の諸々の感情、大衆意識

一度他人と触れあうことを知ってしまったエドワードはこのあとどう生きるのか…
ティム・バートンの世界観ほんとすごいよなぁ…

ジョニー・デップの表情なんとも言えない感じがすごくよかったなぁ…

今回のテーマ、かなり切ないけど大切な何かをちゃんと残してくれるんだよなぁ…

結果、かなりほっこりする作品だった。

クリスマスの季節は毎回思い出しそう。
be

beの感想・評価

3.4
すごく良いことは分かるんだけど、なんかドキドキしすぎて苦手だった。
ウォーターベッド大丈夫だったのかなって感情ばかりがいまだによみがえってくる。
ゆき

ゆきの感想・評価

-
雪が降る中で見たら泣いてしまいそう

自分に子供ができたら見せたい映画
もめん

もめんの感想・評価

4.5
雪が降ったから見たくなった。
エドワードの不器用さに泣いてしまうし、表情のひとつひとつに切なさを感じる。エドワードの怒りの表情、よかったな。ジョニーデップさすがだなと思ってしまうな。
てかエドワード愛おしいな!!!
>|