インビクタス/負けざる者たちの作品情報・感想・評価・動画配信

インビクタス/負けざる者たち2009年製作の映画)

Invictus

上映日:2010年02月05日

製作国:

上映時間:134分

3.8

あらすじ

「インビクタス/負けざる者たち」に投稿された感想・評価

hgt

hgtの感想・評価

4.6
絶対勝つのに、ラストが分かっているのに、涙と興奮がおさまらなかった
マットデイモンの力強い演技に震えが止まらない
しん

しんの感想・評価

3.0
ラグビーのルールがわからず、作中に登場するルールを知らない黒人SPと同じ表情になることが何度もあった。
しかしちゃんとしたサクセスストーリーと事実に基づいた映画としての面白さを兼ね備えている。
nas

nasの感想・評価

4.0
ラグビーワールドカップ日本開催の時に久しぶりに。スポーツものはいい
派手なバティックシャツを着た柔和なおばちゃん顔の黒人大統領。これがネルソン・マンデラの印象です。

南アフリカのラグビーとアパルトヘイトとネルソン・マンデラ。
なんとなーく知ってるけど、あんまり理解していないこれらの事柄を端的に把握出来る映画。

30年余り牢に入れられていたマンデラが大統領になったとき、白人たちは黒人たちからアパルトヘイト政策の「仕返し」を覚悟した。しかし、マンデラが尽くしたのは黒人と白人の和解。
そしてその融和のシンボルとして、ラグビーに白羽の矢を立てた。

去年のW杯でホンモノの試合をよく目にしていたため、クライマックスである決勝シーンはスピード感や迫力が物足らず、もっさりしているように感じてしまいました。ドラマ部分はとっても良かったです。
kocha

kochaの感想・評価

4.2
ネルソンマンデラの生き様、一国のリーダーの在り方に心揺さぶられる。
この映画の解釈は複雑な感じがする。ラグビーW杯は重要なイベントではあったものの、マンデラの改革の通過点であることを感じさせられた。全体を通して、個人個人の心境の変化へのアプローチは薄く、あくまでラグビー効果で国民が一つになったという見せ方に留まっていた。
そこに娯楽映画として物足りなさを感じてしまったが、当時の南アフリカが抱えていた問題が如何に根深かったか、そしてその後も如何に多くの解決すべき課題を南アフリカが抱えていたかを考えさせられ、人々に勇気を与えてる教育映画としての価値をものすごく感じた。
Hideharu

Hideharuの感想・評価

3.9
黒人と白人、大人と子供が交わるシーンってやっぱりグッときちゃうよね。

信念っていうのが大きなキーワードの映画。
自分には何かブレない信念があるだろうか問いながらみるのもよいかと。
上司に勧められて。
これが実話なんだから
すごいよなあ。

赦しが第一歩
なんだって。
そうだよなあ。
お

おの感想・評価

3.0
イーストウッドらしい映画。

ダルビッシュのTwitterのプロフ思い出した。「弱いものほど相手を許すことができない。許すということは、強さの証だ」
南アフリカの真の意味での融和にラグビーが貢献していたとは知らなかった。

アパルトヘイトが廃止され、黒人にも選挙権が与えられ、初の黒人大統領が誕生したところまでよく聞く話だ。だが長年の分断の歴史は問題は根深く、それで一挙に解決される物ではなかったのだろう。抑圧の解放は長年の恨みの解放にも繋がる。そんな中で、マンデラは誰よりも先頭に立って過去を許し、未来を国民みんなで築こうとしたのだ。そう易々とできる芸当ではない。
これが実際に起こった出来事だというのだから本当にすごい。
私が我が運命の支配者、実在の人達が自らの運命を切り開く姿に私自身がとても勇気付けられた。
kk

kkの感想・評価

4.0
ラグビーを通じて人種差別、政治の統制スポーツの力は偉大なり
オリンピックが待ち遠しい。
>|