グレート・ディベーター 栄光の教室の作品情報・感想・評価

「グレート・ディベーター 栄光の教室」に投稿された感想・評価

シンプルな映画かと思っていましたが1930年代の背景が強く描かれており、理解してないと楽しめない映画なのかなと思いました。

あとは、キャラクターの心情が理解出来ず、なんで泣いてるんだ?ここは感動のしどころなのか?と現代文の登場人物の感情を答えなさいのような問題をやっている気分でした。

私には合わない映画でした。
Yui

Yuiの感想・評価

4.0
黒人への人種差別が色濃い1930年代、特に差別の酷いテキサス州の黒人大学ワイリー大で教鞭を執っていたトルソン教授がディベートチームを結成。記憶力抜群のヘンリー、弁護士志望の女生徒サマンサ、14歳の少年ジェームスJr、彼らが言葉だけで戦うディベートで多くの人々の心を掴み、アメリカ国内成績トップのハーバード大学に挑戦する切符を手にする実話映画。

デンゼル・ワシントンが主演、監督、脚本を務めた作品。

ディベートチームのストーリーなだけあって、言葉数も多く、テンポも早いのでグッと集中しないといけないシーンが数多くありましたが、ストーリーが進むに連れてどんどん惹き込まれてあっという間の二時間でした。

時代背景が、ディベートの意義や必要性、在り方などの意味を深く考えさせるものにしていたし、人種差別という理不尽な悲しみや絶望の中で勇気や希望を与えてくれます。
とはいえ、ここからまだ何十年も人種差別は無くならないのかと思うと本当に悲しくなるのですが…それでも彼らの残した功績や努力は素晴らしいし、時代や国を超えてそれを知れるって、やっぱり実話映画最高~ってなりました!

ディベートシーンは迫力があり見応え十分ですし、ディベートのテキストとしても秀逸。家族愛や友情もグッと来るし、これを作りたかったデンゼル・ワシントンの情熱も感じました。

真実の言葉や対話には、やっぱり心が動くし、熱くなりますね😭✨ラストのディベートシーンもっと観たかったな~!

言葉の力を改めて実感させてくれる作品でした。ストーリーもキャストも魅力的なのに、劇場未公開なんて勿体ない。


2021-385
matsu

matsuの感想・評価

4.1
実話であり、非常に感動的なストーリーの映画!!

ディベート指導者の大学教師を演じたデンゼル・ワシントンはもちろんのこと、ディベート代表の学生役の3人の演技が光る!!

まだまだ黒人への人種差別が色濃く残る1930年代、そして特に差別のひどいテキサス州の黒人大学(ワイリー大学)がディベート戦に連戦連勝し、アメリカ国内成績トップのハーバード大学に挑戦するなんて驚異的な史実ですね

その後10年間もワイリー大学はディベートで連戦連勝だったそうで頭が下がります
Mimi

Mimiの感想・評価

5.0
留学先の授業で鑑賞。
自分の目でせグリゲーションの現実を見たり、自分自身がマイノリティとして生活している中でこの映画を見た。なんだったかは忘れたけど、当時の自分はこの映画を見ていろんなことを考えてた。
Yuta

Yutaの感想・評価

3.8
デンゼル・ワシントンが監督・脚本・主演を務め、1930年代に全米討論選手権で優勝したワイリー大学の実話をもとに映画化したドラマ。1935年、人種差別が根強く残るテキサス州マーシャルのワイリー大学で働く黒人教師トルソンは、歪んだ社会を正すのは教育だけと信じ、ディベートクラスを立ちあげる。トルソンの指導のもと、討論大会に向けて特訓を開始する生徒たちだったが……。共演に「ラスト・キング・オブ・スコットランド」のフォレスト・ウィテカー
1935年のアメリカ。テキサスにある黒人が通うワイリー大学で教鞭を執るトルソン教授が学内でディベートチームを立ち上げる。そのチームに選ばれた4人は言葉を武器に人々の心を掴んでいく実話を基にしたヒューマンドラマ。

デンゼル・ワシントンが主演だけでなく監督も務めた意欲作。彼が主演で人種差別問題に言及した内容、そして感動の実話ものとくれば「タイタンズを忘れない」クラスの期待が沸きました。

結果は分かっていながらも、やはり期待にしっかりと応えてくれる作品。一見地味なイメージのディベート。しかし実際は高度なテクニックと戦略が必要である事。議題に向き合う大切さ。それを通じて成長していく部員たちの姿に面白味が凄く感じられました。

そして本作のテーマの1つになっている人種差別問題。今の時代でもまだ問題になっているのに、当時だとより一層の酷さ。劇中の所々でこの時代の黒人が受ける露骨な差別描写に言葉を失います。特に後半のある場面はかなりの衝撃でした。

そんな苦難を乗り越えて辿り着いたハーバード大学での大会で手にする栄冠。やはり感動的でしたね。デンゼル・ワシントンの存在感は本作においても抜群。フォレスト・ウィテカーも控え目ながら良い味を出していました。

同じく実話ものの「ドリームズ・カム・トゥルー」という映画もありますが、本作と同じく言葉を扱うスペル大会を描いたもの。この作品も本作も日本では残念ながら未公開扱い。

スポーツものと違ってあまり派手さは無いので、興行に繋がりにくいイメージだからかもしれませんが、内容は本当に素晴らしいです。あまり目立たない存在なのが勿体無いですね。
Ren

Renの感想・評価

4.2
アメリカの黒人差別。暴力ではなく言葉で人の心を動かしていく。言葉の力の偉大さや大切さがわかる。真剣な時の言葉選びそれが大事。
缶

缶の感想・評価

3.9
影響されやすいので、2015年末にこれを見てディベート始めました。そういう意味で人生を変えた一本。

黒人への暴力やリンチなど、印象的なシーンがたくさんあるけど、結局覚えているのはラストの試合かもしれない。もう一度見たい。
おみ

おみの感想・評価

4.0
言葉は力になる、という事を訴えかける最高の作品。いつだって、暴力や、権力ではなく人の心に届く事をしたもん勝ちだと改めて思うのだ。
この作品とは少しそれるけど、敵を倒せる腕力ではなく、敵を笑わせる事が出来る話術を持つ人がいつもギスギスした関係をふわっと軽くする。
昨年のある人の会見を見てそう思った。

デンゼルウィッテカーはトレーニングデイにもちらっと子供の時に出てる。顔が特徴的で覚えてる


デンゼルワシントン監督主演作
ディベートが日本に根付いた文化だったら、絶対にのめり込んでたなあ。負ける気がしない。

ヘンリー視点の物語でも良かった気がする。そのほうが終盤の展開も、さらにこみ上げてくるものがあったのかなと。

デンゼル・ワシントンの存在が霞むほど、3人の学生たちの演技が素晴らしかった。
>|

あなたにおすすめの記事