わんぱく戦争の作品情報・感想・評価

わんぱく戦争1961年製作の映画)

LA GUERRE DES BOUTONS

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

4.0

「わんぱく戦争」に投稿された感想・評価

フニャチンの悪口から始まった子供戦争。
ほんわかほのぼの系作品かと思ったら大違い。
毒気万歳!!
タイトルにわんぱく戦争ってつけた人、天才だね。

子供ならではのぶっ飛んだ発想や可愛らしさや残酷さにニヤニヤ。
子供なのにお酒飲んで酔っ払ったりタバコ吸ったりのやりたい放題!

村vs村の子供喧嘩だけのお話かと思ったらそうでもなく、大人達にもきちんと焦点が当てられてるのも良かった。
でもこの時代は体罰や大人の理不尽さが酷いったらありゃしない。


というか、
フニャチンというワードはそんなにも男の子の心を奮い立たせるのか。
女の子がペチャパイと言われてもここまでの全面戦争はないもんな。
でも、こういう残酷さや素直さやプライドを直球で投げつけてくれるから男の子って最高!
ひねくれてるんだけれどピュアな子供の感性って素敵!

子供映画が苦手な人ほど楽しめる作品なんじゃないかと!
星降る夜に押し入れ探検隊49

子供映画の傑作!
ノスタルジックな気持ちにさせられる忘れがたい作品☆彡
イヴ・ロベールの作品はジャン・ヴィゴ賞を受賞したこの映画しか知らないけど、これは確かに後世に残ってしかるべき映画だと思った

些細なことで起こった二つの村の子供同士の戦争がどんどん白熱していく様を愉快なタッチで描き、そこに映される子供たちが実に可愛らしかった

加えて最終的に平和的な解決で終わるのも気持ち良く、コメディタッチで描かれていたのに蝿の王みたく悲惨な終わり方をしたらどうしようと少し身構えていただけに解放感と安堵感が凄まじかった
子ども映画の原点である傑作
原題は『ボタン戦争』らしいです。

村同士の子どもたちが小さないざこざから、喧嘩に発展する。

この頃から秘密基地っぽいものを作り、タバコを吸い、エロ本を拾ってきたら男子がわくわくするというね。今も昔も変わらないなー。

子どもらしいイタズラから残酷なイジメまで観ることができ、どのシーンを取っても面白い。
ptale

ptaleの感想・評価

4.2
面白かった。隣村同士で敵対し戦う子供たち。グループの中では平等や共和制が掲げられ、まるで一つの共同体のようなものが出来上がる。その調和の綻び方もリアルなものだった。敵同士でも異なるのは立ち位置だけで似た者同士であると意識すればどこか平和的にも思えてくる。かつて自分も理不尽と感じるものに最後の一人になるまで意地を張り続けた時を思い出した。でも単純にvs大人というわけではなくてその関係もまた根本的には似たり寄ったりなのかもしれないと微笑ましくなる。もしかしたら子供嫌いこそ楽しめるかもしれないと思った。ラストがとても好き。
ちはな

ちはなの感想・評価

4.5
『フニャチン』の一言からえらい騒動に(*゚▽゚)

ようは 村VS村での子供の喧嘩なのですがね
そこから進む展開が秀逸です

思考を凝らした決闘シーン満載(笑)
こどもの可愛らしさあり残酷さありなんですが
それがなんというか 人生の縮図
酸いも甘いも山も谷もあり
いろいろな経験をして人生学んでるんです

モノクロで淡々としてますが
本当に色んなものが詰まってて
笑えるところも多く 飽きることがない

リーダー格の少年のカリスマ性をはじめ ショタ好きには堪らないのではw(そういう目で見ちゃダメ~)

子供達から たくさんの事を学んだような気がします
トリュフォーの『大人は判ってくれない』『思春期』を更に子供の視点にした様な子供映画最高傑作。子供の優しさ、残酷さ、裏切り、友情、全てが子供視点で描かれ「フニャチン」感覚に溢れている。秘密基地でタバコも飲酒もするなんてリアルな子供の夢だ。出てくる大人も所詮子供だし。美少女が一番大人だった。音楽も有名。
7子

7子の感想・評価

4.1
子供にだって大事なもの、誇りがある!女の子にも役割があって嬉しかった。

寄宿舎での生活はこの映画を捧げる相手・ジャンヴィゴが描いてくれてるので併せて観るべし。フランスの子供映画はキラッキラの大爆発ってかんじだ
マスコット的存在のおちびちゃんの言葉の誤用が可愛すぎる!
(字幕では「来るじゃなかった」)
ラストシーンが何気に好き(´ω`*)
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.7
『小さな恋のメロディ』や『スタンド・バイ・ミー』に続いてくような アイデンティティの目醒めを思い起こさせてくれる名作
"秘密基地"っていう響きに 自由と独立と友情を捧げた少年がどれだけいたんだろう…
自分ももれなくその一人だったなぁ
さすがにあんな派手な抗争や全裸で走り回れる時代じゃなかったけど でもなんかこう傷痕の見せ合いが握手をさせるようなね
大人が成長の手助けをほとんどしていないんだけど 心の中にだけ愛情を秘めている演出がまたいいんだよね…
>|