白い馬の作品情報・感想・評価

白い馬1952年製作の映画)

CRIN BLANC: LE CHEVAL SAUVAGE

製作国:

上映時間:40分

ジャンル:

3.7

『白い馬』に投稿された感想・評価

画になるシーンが多くて見惚れたな~♡
『赤い風船』の時もそうだけど、この監督の作品は昔の絵本とか児童文学のような雰囲気があってとても好き。
ラストの不思議な着地が良いね。
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

3.8

赤い風船とセットになってた。

野性の白馬に魅せられた少年の話。

馬同士の決闘、馬を囲いに必死になる人間。
少年と白馬の関係性。
なんかすごいっす。

これこそどうやって撮ってんのってくらい臨場感…

>>続きを読む
y

yの感想・評価

-

現実と虚構の弁証法

〈現住民、現地馬、少年と白馬の実際の絆の成長、モンタージュに役割を負わせない〉

〈ナイロン糸で馬の鼻を引っ張って振り向かせる等のトリック〉

両者が止揚され、ひとつの神話が…

>>続きを読む
lemmon

lemmonの感想・評価

3.2

詩的でとても美しい作品。
馬って、その雄大さが素晴らしいよなあ😊。
本来自然な馬は立髪が長いんだな。

直向きな少年。
驚くシーンもあり😳。
追いかける狩人。
そしてクライマックス🌊。

セリフはあ…

>>続きを読む
ntm

ntmの感想・評価

-

最初に少年が家帰った時のシーンがすき。3人とも表情がいいし少年の人柄と暮らしぶりがよくわかる。あのかわいい弟ちゃんが、赤い風船のパスカルくんなのね。亀と戯れる弟ちゃんも藁を運ぶ弟ちゃんもかわいかった…

>>続きを読む
odyss

odyssの感想・評価

3.5

【小品だが映像的に見事】

フランス映画、1952年。アルベール・ラモリス監督作品。 

40分ほどのモノクロ作品。 
欲深い人間に追われる白馬と、白馬に愛情を抱く少年の物語。
馬同士の戦いのシーン…

>>続きを読む
アノ

アノの感想・評価

3.0
誰もたどり着かない果てまで行くことをハッピーエンドのように撮るラモリスはなかなかに癖のある作家と思う。西部劇みたいな曲流してひたすら活劇的にやってたのにね。

EOを思い出した...

人間がイヤになる。
人間とお馬さんが平和に仲良く暮らせる場所。

人間と人間も平和に仲良く暮らせる世界。
何かを見下したり、何に対しても尊重する気持ちを失うと争いや傷付ける…

>>続きを読む
Omizu

Omizuの感想・評価

4.0

【第6回カンヌ映画祭 短編グランプリ】
こちらもラモリス監督の短編。モノクロではあるが、監督の世界観全開の可愛らしいファンタジー。

ふわふわと浮遊する風船に対してこちらは土を鳴らす暴れ馬。しかし少…

>>続きを読む
半兵衛

半兵衛の感想・評価

4.0

誇り高き野生の白い馬と子供との交流を野生の動物たちをドキュメンタリーチックで捉えた映像と、台詞を極力減らして主人公や動物たちの日々を詩情豊かに描いた演出によって幻想的でありながら生物と息づかいに溢れ…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事