バーバー吉野の作品情報・感想・評価・動画配信

「バーバー吉野」に投稿された感想・評価

miyaaan

miyaaanの感想・評価

3.7
当時レンタル屋でタイミング合わずなかなか借りれなかった作品。
やっと借りた時に見れて良かったと思った作品
ユ

ユの感想・評価

-
可愛!!
小学校の生活全てが懐かしかった、思い出させてくれた
地元にぱちくりおじさんっていう目がぱっちぱちの追っかけてくるおじさんいたな
ゆずのモンテって曲みたいだった
伝説になってるといいね
ろっち

ろっちの感想・評価

4.0
髪型の話。
ある山間の田舎町。町に一軒しかない散髪屋バーバー吉野。子供はみんな同じ髪型にするならわしで吉野刈りと呼ばれる。そんな田舎町にある日東京からの転校生、坂上君がやってくるのだった。茶髪でオシャレな坂上君を見て、子供達は刺激を受けるのだった。……ってあらすじ。
もたいまさこさんの演技が最高ですね。荻上監督といえばもたいまさこさんって感じ。ゆる〜く展開しながら、何とも心に響く不思議な感覚。ま、好みは割れるでしょうけど、私はかなり好きな映画。
まぁ多くは語るまい(笑)
シュールすぎる、吉野刈り狂い...笑。あんな母親ちょっとひいた。。田舎暮らしは好きな方ですが、ある意味、なぜ東京一極集中になり、田舎から若者が去るのか、が完璧に描かれている気がした😂
ぎん

ぎんの感想・評価

4.1
昔家族で腹抱えて観てた記憶があった、今観てみると微笑ましくて可愛い映画だなぁ
絶対自分は吉野刈り似合わないなぁ、
DVD📀所有、再鑑賞。長編デビュー荻上直子脚本・監督作品。もたいまさこ主演映画。

町中の少年が同じ髪形をしている田舎町で起きる騒動と、少年たちのささやかな成長をユーモラスに綴る青春ドラマ。初恋や性の目覚め、大人への反抗心など思春期を迎える少年たちの心情を繊細に描いたのは、PFFスカラシップ作品として製作した本作は、今年のベルリン国際映画祭児童映画部門スペシャルメンション(特別作品)に選ばれた。

山間の小さな田舎町。男の子たちの髪形は、“バーバー吉野”のおばちゃん(もたいまさこ)が切る“吉野ガリ”に統一するのが慣わしだった。それを疑問に思う者は誰一人いなかったが、東京から茶髪の転校生がやって来たことで事態は一変する。
ジュブナイル映画でありながら、カルト映画でもあったとは…!笑
あの宗教じみた田舎の風習と性に目覚めた思春期がいい感じに絡み合ってて楽しかった。
もたいまさこ、いつもほんわ〜りしてる役しか見たことなかったけど
こんな恐ろしい役もできたとはね。笑
前から好きだったけどさらに好きになった🥳

中学生の時にエロビ持ってきたことがバレた男子いたけど(隣の席だった、
やっぱり教師、没収したあと見てるよね…?
優しすぎる〜!極悪生活指導者を拘束しまぶた開かせて目薬落としながら見せる映画ではなかった!
ユーモアのセンスと心を動かすセンスのバランスがちょうどいい。9割ユーモア、1割感動という時間配分でも、たった1割の感動パートがあれば、感動する作品、として人は位置づけるものなのだなと、じぶんに対して思った。
Usagibike

Usagibikeの感想・評価

3.5
ハレルヤ!
ハレルヤに始まりハレルヤに終わる。


半澤からの浅野さん日和 もたいさんぜんぜん変わらなすごい

これを考えつく監督見事です 深夜にご飯食べながら見ました町の風景 竹林 山 近所の床屋 遠足 小学生男子の日常
みんなとびきりかわいくてほーんとなったりひぃぃとなったりあったかになったり三色パン
>|