ストレンジ・デイズ/1999年12月31日の作品情報・感想・評価

『ストレンジ・デイズ/1999年12月31日』に投稿された感想・評価

BATI

BATIの感想・評価

4.0
「ストレンジ・デイズ 1999年12月31日」は1995年に公開された作品で、原案/脚本/制作はジェームズ・キャメロン。監督はキャメロンのパートナーであったキャスリン・ビグロー。キャメロンとは1991年に離婚しており、その後も交流関係は続き、そのメガホンをビグローが手渡された格好になった。

世紀末を迎えようとしてるロサンゼルスにて、レイフ・ファインズ演じる元警官のレニーはスクィッドという、頭にセットしてヴァーチャル・リアリティを楽しむ端末を売りつける売人で、その内容はセックスやバイオレンス、スリルを自身の体験として楽しむというインモラルなものだ。近年でいうと「サイバーパンク エッジランナーズ」でも似たようなVR端末が出てくるし、「レミニセンス」でも過去の記憶をたどり楽しむという大型端末装置も出てきた。そもそもがウィリアム・ギブスンの小説における電脳空間をヒントにしている。

ジャンルとしてはサイバーパンクではあるが、この世界における電脳化はブロードバンのインターネットもまだ普及していない時代で「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」のような総合リンクするようなシステム化社会ではない。勿論スマートフォンもモバイル端末のインターネットも存在しない。あくまで一部で流通されるイリーガルな端末であるスクィッドが世界と物語の中心にある。

ある日、元恋人フェイスの友人アイリスから彼女自身およびフェイスの身の危険と救済を求める声がかかるところから物語がはじまる。

レニーはスクィッドのメモリデータのディスクを売る傍ら、自らもジュリエット・ルイス演じる元恋人フェイスとの想い出をスクィッドで再生
させる。恋が終わったことに未練がましく浸るその姿はあらゆるドラッグのそれよりも依存質で救い難い。

とにかくこのレニーという男は未練がましく情けない。肉体的な強さも格闘技術もない。スクィッドを裏販売しているだけで、スーパーサイバーハッカーであったり天才的なエンジニアというわけでもない。そこが本作の面白いところでもある。それまでの80年代からのハリウッドはシルベスター・スタローンやアーノルド・シュワルツェネッガーなどの身を持って体をなすという屈強な男たちの映画が数多く作られてきた。本作と同じサイバーパンクジャンルの「ブレードランナー」のハリソン・フォードも劇中の格闘能力こそ高くはなくともセクシーな男性像を携えていた。

そういったジャンルアクション/サスペンスの定型であった男性像、男性性はことごとく否定されたのがレニーというキャラクターだ。自身に戦闘能力がないため、彼はアンジェラ・バセット演じる親友のメイスをボディガードとして雇っている(またこのアンジェラ・バセットのアクションが格好いい)。強い女性に護られる男性主人公という近年でもあまり例を見ないサンプルなのだ。なおかつ、レニーの元恋人フェイスは歌手を目指すも生活のために娼婦をしており、なおかつ音楽会の大物の愛人となっている。異性愛規範的に見れば情けない男としてしか見れないだろう。

そしてこの作品の事件の本筋よりも実際のテーマはレニーがフェイスのことをふっきれるまで、それが年の終わりと共に訪れ、そして長年見レニーを守護者として守り、なおかつ見守っていたメイスの感情に気づき、結ばれるラストで終わる。この流れとラストが当時はすこぶる評判が悪かった。ヒロインであるフェイスと結ばれないラストがこの情けない男の物語としてはカタルシスがないものと受け止められたのだ。だが私はこの自分の精神に強く紐づけられた思い出と訣別する、感情を乖離させて単なる「過去」として処理できるようになるまでの物語として見た。精神的にまだ青年期のままだったレニーがそれを終えていく物語が「ストレンジ・デイズ」なのだ。様々な出来事が1日のうちに起こり、時代が終わり新世紀が始まる「奇妙な1日」なのだ。

このレニーという主人公はジェームズ・キャメロンのオルターエゴのような造形に感じる。そんな姿はひょっとしたらキャメロン自身にビグローへの過去の想い、あるいは今までの恋愛遍歴、結婚と離婚を繰り返したキャメロンの姿が織り込まれているのかもしれない。そんな映画であったと仮定した場合、それを元妻に監督させるとは一体どういうことだキャメロンお前そういうとこだぞと言いたくなってしまうのだが、とにかくこの映画はヒロイックな方向には進まない。ヒロイズムは逆にジュリエット・ルイスとアンジェラ・バセットが体現する。ジュリエット・ルイス演じるフェイスの演奏ステージのシーンはマリリン・マンソンのようなシアトリカルロック的でありつつも、ニルヴァーナやホールのようなシアトルのグランジバンドもモチーフにしている。フェイスのメイクも衣装もホールのコートニー・ラヴがモチーフだろう。この演奏シーンが圧巻で映画そっちのけでフルステージを観たくなってしまう。

「ストレンジ・デイズ」は混乱が介在している。ジェームズ・キャメロンから託されたこの映画のテーマをどのように受け止め、どう表現していいかわからなくなっているキャスリン・ビグローの混乱だ。だが、どう料理していいのか分からないが託されたならば好きにするとビグローの演出センスが端々で光るものとなっている。スクィッドをつけて過去の思い出に浸るレニーをはじまりに、凶悪犯がフェイスの友人アイリスを暴行し、スクィッドを取り付けさせてVR上で脳の映像を同期させながらレイプして殺すという人間とは思えない残虐で異常なシーンが出てくる。こんな恐ろしいシーンを撮影したビグローの心境とはいかなるものなのか。そもそもビグローは「ブルー・スチール」の頃から残虐かつ陰湿なシーンを演出するのが恐ろしく上手い。その頂点ともいえるのが「デトロイト」しかり本作だ。

そして特筆するべきが終盤の1999年12月31日のロサンゼルスが時代の終わりを迎えようとするその夜だ。群衆が街の中心に大挙し年の終わりと始まりを迎えようと狂乱にあけくれる場面をCGではなくエキストラを使って実演させたこのシーンは実際の1999年の末日のカオスが確かに存在している。人と物量にものを言わせた圧倒感。世紀末であるという終末感と危機感は90年代までは「ノストラダムスの大予言」によって蔓延していたが、それと同時に今までのものが終わり新しい世界が待っているという期待と希望に満ち溢れていたのが90年代後半といえよう。その不安と混乱とオプティシズムがこもっている時代の空気をパッケージにしたのが本作であるといえよう。
過去3回は鑑賞。
だが昔BSで放送した録画VHSにて。
大移住の際に壊れかけたデッキと共にVHS全て処分。後悔してる( ; ; )
本作、レンタルも知り得る範囲にゃありましぇん。
配信して下さい関係者さまー‼︎



ワタシゃ主演のファインズより、やば過ぎるトム・サイズモア&若きジャンキー時代にブラピと同棲していたジュリエット・ルイスの艶かしいLiveパフォーマンスばかりが印象的で今尚眼に浮かぶ。
彼女の唄、マジVo.かと思いきや、プライベートでかなり本気でバンド活動もしていたらしく。納得×2。
彼女は少女時代から映画に出てて、御本人なかなか気性も激しそうだし頑固そうな感じ受ける。
でも個人的には、こんな女優も映画界にずっと居て欲しいし、歳重ね方が後も気になる俳優だな。


それにさ、おでこが可愛い。
仏頂面みたいな厚い唇も、タイプ。

おでこor唇って云えば…

八千草薫はもっと可愛い!
(凄い変化球?)
Naoki

Naokiの感想・評価

4.0
かなり昔に借りてみたが
今になってまた観たくなった映画
探しても何処にもなくネットで高額で売ってあり今貴重な映画になっています

レイフ・ファインズ演じる主人公のネクタイが印象的でカッコよく真似をしようとしたのを覚えている
berry

berryの感想・評価

4.0
配信もないしどこのレンタルショップ行っても置いてないし… やっと英語でだけど何とか見ることができた😭細かいセリフはあまり理解できなかったけど、それでも凄くおもしろかった‼︎好きな感じ。やっぱり90年代後半は当たりが多い💕

主演2人のビジュからキャラクターまで魅力的。レイフファインズの長髪最高。アンジェラバセットの愛があって強い女って感じも最高。
ラストの映像めちゃくちゃ美しかったなぁ… 音楽も好き。
ストーリーも予想がつかなくて、衝撃の展開だった‼︎
思ったより小さかったスケール感
映画楽曲は全体的に良いと思った。
特にエンディング曲は当時ヒットしたらしいですね😯👏
DamKeeper

DamKeeperの感想・評価

2.0
化ける前のキャスリン・ビグロー。

ピーター・ガブリエルの
「While the Earth Sleeps」がカッコ良すぎてサントラ買った。
8

8の感想・評価

4.0
バカ映画だけど愛したいキャメロン嗜好 アバターの系譜に連なる
一人旅

一人旅の感想・評価

5.0
キャスリン・ビグロー監督作。

他人の体験を五感で追体験できる違法ソフトを取り扱う密売人のレニーが、元恋人・フェイスの友人・アリシアが何者かに殺害されたことをきっかけに、連続的に発生する殺人事件に巻き込まれていく姿を描いたSFサスペンスアクション大作。

西暦2000年を間近に控えた近未来のロサンゼルスの狂乱的で終末感の充満した世界観がタイトル通り“ストレンジ”な作品。市街地では車が炎上していたり、民衆と警察隊が衝突しそうになったりと不穏なムードが漂う。そうした何が起きてもおかしくない状態のロサンゼルスで発生する殺人事件。知人の女を殺された主人公・レニーは、元恋人のフェイスを守るため、友人の女・メイスと元警官の探偵・マックスと協力して犯人の捜査を開始する...。

ポイントはやはり普通のサスペンスにSF要素を絡めていること。他人の体験を追体験できる“スクイッド”と呼ばれるソフトが事件の謎を解くカギとしての役割を果たす。昆虫のような奇妙なかたちをした装置を頭部に装着すると、現実世界から一瞬で究極の仮想現実の世界へと吹っ飛ぶ。仮想現実の映像は現実世界の映像とは異なりPOV(主観映像)で映し出されるため臨場感抜群。強盗が店を襲撃し逃亡を図る映像や、殺人犯が被害者を惨殺するまでの過程を捉えた映像は刺激的だ。

また、『ハートブルー』『ハート・ロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティ』といった男臭い作品を撮ったビグロー監督だけあって、アクションはお手の物。暴力警官との激しいカーチェイスや、無数の群衆が埋めつくす繁華街で繰り広げられるクライマックスのアクションは映像的に圧巻の迫力だ。

主人公のレニーを演じたレイフ・ファインズや、メイス役のアンジェラ・バセット、探偵・マックス役のトム・サイズモア、元恋人・フェイス役のジュリエット・ルイスなどキャストも魅力的。

SF色の濃いサスペンスアクションだが、差別主義の白人警官による黒人殺害が一連の事件の発端になっている点が妙に現実とリンクしている。レニーと子持ちのシングルマザー、メイスの微妙な距離感とその結末や、過去の甘い記憶にしがみついて生きるレニーの過去との決別と新たな愛の模索、事件の背後に潜む意外な黒幕の存在といったエッセンスを盛り込みながら、2時間半という長尺をエンディングまでスピーディに突っ走る。キャスリン・ビグローの演出とジェームズ・キャメロンの脚本が見事に融合した、隠れた秀作だ。
ganai

ganaiの感想・評価

2.5
後の『レミニセンス』にそっくりな1995年制作の作品。

たまに見返したくなるけど配信してるサービスが無いのが残念。
若い頃のレイフ・ファインズはブラッドリー・クーパー似

ロサンゼルスがMADMAX並みに荒れている1999年大晦日でのSFクライムアクション!

『ニア・ダーク』キャスリン・ビグロー監督

レイフ・ファインズ
トム・サイズモア
ヴィンセント・ドノフリオ
ウィリアム・フィクトナー
アンジェラ・バセット
ジュリエット・ルイス

なんだこの豪華メンバー(〃∇〃)

145分はちと長過ぎですが、これは今観ても十分楽しい作品でした☆



1999年12月30日ロサンゼルス。

元刑事レニー(レイフ・ファインズ)は、現在SQIDという装置で、他人の記憶を体験出来るディスクを売っている。

そこへ友人アイリスがレイプ殺害されるディスクが送られてきた。
アイリスは、レニーの元カノ、フェイス(ジュリエット・ルイス)も危険だと言う。

そこでレニーは、親友メイシー(アンジェラ・バセット)や、探偵マックス(トム・サイズモア)とフェイスを守ろうと奮闘。

さらに過激黒人ラッパーの殺害事件も絡んできて……



あと30分短ければ傑作だったかも?

世紀末感あるロスの風景を撮り過ぎなのは惜しい。
そこまで荒れてないだろ、流石に(笑)

他人の記憶を体験出来るというのは、今っぽくて面白かった!
FPSシーンはガタガタで見づらいけれど、まあ95年作品ならばこんなもんかな。

ちょいちょい突っ込み所もありますが、カーアクションや犯人探しなどあれこれ楽しめる良作でした♪

リマスタして大画面で見せて欲しいなぁ~
あ、酔うかなw??
>|

あなたにおすすめの記事