時計じかけのオレンジの作品情報・感想・評価・動画配信

時計じかけのオレンジ1971年製作の映画)

A Clockwork Orange

上映日:1972年04月29日

製作国:

上映時間:137分

3.8

あらすじ

「時計じかけのオレンジ」に投稿された感想・評価

好きな映画を一つ選ぶなら、この「時計仕掛けのオレンジ」。
だって、カッコいいもん。めちゃくちゃカッコいい。何がカッコいいのか語り尽くせないほどカッコいい。
この映画を劇場で鑑賞する事ができて、本当に幸せだった。

そして、主人公のアレックスに少し共感してしまう。
決してアルトラ大放出したい訳では無いが、彼の欲望におもむくままに生きている感じが好き。
側から見たら完全に中二病なのだが、それが良い。そう、私も完全に中二病だ。

さらに、アレックスをカッコ良く描いてくれた天才キューブリック。キューブリックお得意の一点透視図法やフォローショットでこれでもかとアレックスを魅力的に映し出す。
ありがとう、キューブリック。

新年早々、映画好きの友人を車に乗せた時、新年一発目はこれだろ!とカーステレオで時計仕掛けのオレンジのサントラを流した。
「いや、どんだけ好きなん?もはやお前が時計仕掛けやん。」
この映画のルトヴィコ療法により、私が時計仕掛けになってしまったようだ。
オザキ

オザキの感想・評価

3.6
過去に二度リタイアしてる作品
ついに完走😂

<あらすじを一言で>
来る日も来る日も暴力と快楽に明け暮れて過ごすアレックス。善の心など欠片も持ち合わせなかった彼だが、警察に捕まり矯正施設に収容。悪人を善人にするための精神治療を施される…。


前に観た時は何が良いのかさっぱりわからなかったですが、最後まで観るとやっぱり面白いです笑 出だし嫌悪感しか生まない主人公アレックスですが、見れば見るほど3周回って逆に愛おしく思える不思議な魅力がありますね!(たぶん少数派)

それにしても、キューブリックの圧倒的に作り込まれた世界観はいつ見てもスゲーなと思わされます😳 この映画作るための舞台設置だけでも途方もないアイデアと技術力を総動員してるんだろうなと想像してしみじみ浸れるという✨
クレイジー
nao

naoの感想・評価

-
独特すぎる空気感と特有のリズム感とクラシックの融合 熱く語ることはないけどハマる人がいるのは凄く分かる…
独特な世界観と音楽に中毒性がある。
ストーリーが残虐なので、好きだと公言もできないし人にお勧めもできないけれど、最も好きな映画の一つです。
tosh

toshの感想・評価

4.1
かなりイカれた映画なので人には簡単におすすめできませんが、衣装や美術のセンスが良くて中毒性があります。
最強のセンスと人の狂った本能が作り上げた映画
全編通してかなり過激で、それでも芸術性があり観ていて飽きるという事が一切なかった
アレックスの憎たらしい演技や表情、陽気なクラシック音楽、これほど狂った映画は他にあるんだろうか
非常に面白いものを見たという気分だ
まなぴ

まなぴの感想・評価

4.0
ゲロです。あの実験実際やったらどうなのか気になる。大人のおもちゃにはなるまい!
くずみ

くずみの感想・評価

4.3
後の展開は暴力描写よりキツい。にもかかわらず、ところどころユーモラス。既存の曲を胸糞悪く聞かせるコンテストがあったら上位入賞だろう。こちらも一緒に矯正させられる心地。キューブリックめ。

アレックス自宅内装のヒップさはまだ有効。ファンキーママ。
>|