ブロンソンの作品情報・感想・評価

ブロンソン2008年製作の映画)

BRONSON

製作国:

上映時間:92分

3.5

あらすじ

1974年、19歳のマイケル・ピーターソンは有名になりたかった。お手製の散弾銃を作り、郵便 局を襲った彼はあっさり捕まり、7年間の刑務所暮らしを宣告される...。マイケルは自分を俳優の【チャー ルズ・ブロンソン】の分身であると主張、そのキャラクターを通し、その後34年間に渡り刑務所生活を送る こととなる。「イギリスで最も有名な犯罪者」を描くバイオレンスアクション。

「ブロンソン」に投稿された感想・評価

始まりから終わりまで一瞬たりとも目を離したくない程のトム・ハーディの演技力。
映画としてはまぁ良くも悪くも普通なんだけど、トムハの演技だけで観れるタイプのやつ。怖いっつーかスゲーなほんとしか感想が出てこない。
めちゃくちゃ無修正ちんちん見えてるけど、それすらもなんか「こいつすげー俳優だよなほんと」って思わせるためのブツにしか見えない。

題材になった実在の人物に関してはまぁ、よく知らんけど、まあまあ普通の環境にいてそれでも狂っちゃう奴っているよねーって感じ。そういうのサイコって言うんだろうけど。
理解不能の暴力とノイズめいた画面のざらつきは時計じかけのオレンジを時々ちらつかせる。向こうはオブジェのおちんぽだったのに対し、こちらはブロンソンの生オチンポがこれでもかと言わんばかりに引きの画に収められている。
看守たちを前に大立ち回りをしているヴァイオレンスエクスプレスのその屈強な肉体にはそぐわないポークビッツがどこか憎めない奴を象徴してる。
so

soの感想・評価

4.0
すべてのトムハが見れる。コメディもいけるんだって驚いた。たくさん笑った!Black&Whiteとは全く違うコメディ。どんなメイクしててもどんな格好しててもトムハでしかなかった!刑務所紹介が楽しかった。
トムハ好きならとにかく見てほしい映画。
SODA03

SODA03の感想・評価

3.5
無茶苦茶な男、ブロンソン!
実在する人物だというから驚き、、

レフン監督得意の洒落っ気のある作風に大クレイジーなブロンソンが大暴れ。

構成や音楽の使い方が相変わらずオシャレだけど、なんとも泥臭い映画。
「ドライブ」や「ネオンデーモン」の狂気は感じず、暴力的だがコミカルな感じ。

クレイジーだがどこか可愛い、憎めない男ブロンソン。
笑顔が素敵な奴だ。

謎のダンスパーティと誰もが憧れる男トム・ハーディさんの素晴らしい演技は見る価値あり!
mimi

mimiの感想・評価

-
トムハーの肉体美。表情筋やわらか🤣☞🙁
暴力的で狂ってるのにどこかコミカルでチャーミングなブロンソン。
It's a Sinに合わせて踊りまくる患者達𓀟𓀠𓀡のシーンがすごく好きで何度も観てしまう。最高。
75点
239

バイオレンスなのとサイコ気味なので入り込める映画じゃなかったけど、こういうの嫌いじゃない。
チャールズブロンソン。
芸術的人間。トム・ハーディの演技力が光る光る!!
まさにフルチンだし(笑)、体当たり演技がすごすぎる。

想像と違った内容だったかな。
もっと暴力的かと思ってた…不完全燃焼。
jj

jjの感想・評価

3.5
よくわからない。
籠城作戦→殴りあい。
トムハは凄い魅力溢れる演技でしたが。
90年代ミニシアター作品っぽい雰囲気の映像や音楽にちょっとワクワクしながら観てました。味ある絵が出たり、ステージに立つトムハの一人芝居など面白い演出も。カッコいい映像にさすがレフン監督!!て感じなんですが作品自体はよくわからない笑
DEATH WISH!!
絶対に関わり合いになりたくはないけど破天荒かつ意外とコミカルで面白かった。
>|