ブロンソンの作品情報・感想・評価

ブロンソン2008年製作の映画)

BRONSON

製作国:

上映時間:92分

3.5

あらすじ

1974年、19歳のマイケル・ピーターソンは有名になりたかった。お手製の散弾銃を作り、郵便 局を襲った彼はあっさり捕まり、7年間の刑務所暮らしを宣告される...。マイケルは自分を俳優の【チャー ルズ・ブロンソン】の分身であると主張、そのキャラクターを通し、その後34年間に渡り刑務所生活を送る こととなる。「イギリスで最も有名な犯罪者」を描くバイオレンスアクション。

「ブロンソン」に投稿された感想・評価

たぼ

たぼの感想・評価

2.0
伝記的な内容で、イギリスで最も有名な囚人なのだそうだ。
承認欲求の塊というか、、流石に罪人の心理まで理解しようとは思わないがまぁ、それが彼にとっての“普通”なのだろう、、。

内容のほうはもうバイオレンスバイオレンスで結局何を伝えたかったのか良く理解できなかったが、主役のトム・ハーディはこの作品を通してダークナイトのベイン役を掴むことになったとの事である。
トム・ハーディ凄いな…としか感想が出てこない
完全なキチガイだった、これが実話ってのが世界は広いなと思う
一体何回全裸になったんだろ

”とにかく有名になりたかった”


大好きな俳優トップ5に入るほど大好きなトム・ハーディの出世作だと知り、借りたくて仕方なかったが、地元のゲオにもTSUTAYAにも置いてなくて途方に暮れていた。

あの『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督とトムハのタッグだと聞くと観たくないわけないだろ。

そして1年半以上の時が経ち、、、
なんと、GYAO! で配信されているのを発見!
もう、驚くのも束の間、観始めていた。


チ〇コ丸出しの、トム・ハーディによる、トム・ハーディファンのための作品!!!


これがきっかけで「ダークナイト ライジング」への出演が決まったのも頷けるトム・ハーディ様の狂演。
ブロンソンが刑務所を出所した後にヴェインになったのかと思うほどでした。


そして溢れんばかりのキューブリック感。
音楽の使い方とかカメラワークとか映像の感じとか、、、
皆さん口にするようにもう、すっごい「時計じかけのオレンジ」感でした。
白いTシャツにパンツ姿のブロンソンは「フルメタル・ジャケット」のアイツのよう。


これは確実に"賛否"で言えば "否"が多くなるやろな〜。
万人受けは眼中にない物好きのための作品でした。


P.S. 僕は"賛"です。
Azusa

Azusaの感想・評価

3.5

実はジャケット?ポスター?だけみて
いい身体だから観ようと思ってクリップして
うん、すごいかっこよかった!!!
けどまさかこんなバイオレンスな作品だと思わなかった。


トムハーディいろんな意味ですごすぎ
おヒゲさわりたい
トム・ハーディ演じる、暴力でしか生きれなかった悲しい男のドキュメンタリー映画。

出ました、狙い済ましたB級!
映像は70年代テイストによる質感を再現し、見事にキチガイを怪演したトム・ハーディ。

いやーこの演技見させられたら、他の役者って一体なんなんだろう。って感服w

では作品解説です。トム・ハーディかっけー!ばっかりのレビューアーが多いので、ここはあえて本質に迫ってみようと思います。

イギリスの凶悪犯、本名マイケル・ゴードン・ピーターソン、
別名チャールズ・ブロンソン。

小さい頃から感情を出すことが苦手で、暴力でしか表現出来ない男。
ある意味発達障害ともいえなくもない男の人生の、半分以上が獄中という実話を元に作られてます。

通常このテイストを映画にする場合、割りと第三者視点の解説映画になるところ、
思い切ってブロンソン目線で作られていましたね。

例えば滑稽な演説シーンが多く挟まれていますが、
ブロンソンの脳内でのヒーロー像で、幼少期から離れられないヒーロー像への憧れから離れることは出来ないことを象徴してるんだと思いました。

これは凶悪犯によくある事ですが、いわゆる劇場型な性質を上手く描写してましたね。

ただ1つ残念なのは、ブロンソンの葛藤部分や人間像に焦点を搾ってもう少し掘り下げてもらえたらよかったなと思いました。

あと「プッシャー」のレフン監督なので、プッシャーのジャケ写みたいなカットが一瞬挟まれてたりしてクール!
Scigurhhh

Scigurhhhの感想・評価

3.7
「ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン監督による2008年作。お話は自らをチャールズ・ブロンソンであると名乗る実在した服役囚が半生を語る形式で進む。
この映画でなによりも圧巻なのはなんと言ってもトム・ハーディである。観ている間は完全にトム・ハーディという役者が消え去ってしまうくらいの素晴らしい演技だ。まったくもって感情移入できない筈の主人公なのだがレフン監督独特の演出がそれと相俟ってラストには自然ととてつもないカタルシスが産まれる凝った作りになっている。某レビューが書いたようにまさに21世紀の『時計仕掛けのオレンジ』といっても過言ではないのかもしれない。
暇な映画…
作りゎ面白いけど自分にゎはまりませんでしたm(__)m
好きな人ゎ凄い好きな映画になると思います♪
2回目の鑑賞。
現時点でレフン監督作品の中では1番好きかも。

現代版時計じかけのオレンジとも言われる本作。
他人に縛られることなく暴力でしか自己表現することができなかったマイケル・ピーターソンについての伝記映画。実在の人物の伝記映画だけどアート性がかなり強い。かっちりしたカメラワークと美しい構図や色彩、テクノやクラシックなどの多様な音楽が最高に好み。キューブリック、デビッド・リンチ、スコセッシ要素もあるかも。そして何より最高のトム・ハーディ映画だった!まさに怪演。

レフン監督の強烈な作家性、芸術性と娯楽性を兼ね備えた作品なのでドライヴと並んで監督作の中ではかなり観やすい作品。
暴れる事が自己表現。これはただの暴力なのか?彼はエンターテイナーでこれは一種のアートではないのか。少なからず私目はこれはアートだなと感じたのですよ。
といってもぶっ飛んだ実在する主人公が暴れる映画なんで気楽に見たらいいじゃないかと思います。

ちなみにトム・ハーディのおちんちんは日本人の僕達に勇気を与えてくれるおちんちんなので興味のある方はtom hardy bronson naked で検索して欲しい。
コト

コトの感想・評価

3.5
トムハーディ脱ぎすぎ。

この監督の中ではどっちかというと
ドライブよりで素直に楽しめる映画かな。
>|