ブロンソンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ブロンソン」に投稿された感想・評価

ccr

ccrの感想・評価

-
Tom Hardyを観たいがために鑑賞

イギリス一維持費のかかる囚人
ただただ有名になりたかっただけで引き起こす犯罪行為、暴力行為の数々
実在のチャールズ・ブロンソンなるマイケル・ピーターソンは殺人は犯してないん?ちょっとググっただけじゃ出てこやんかった

お洒落な音楽と画角
シニカルな笑い
望みは?って聞かれて答えられへんピーターソンは哀れに感じた
Tom Hardy主演じゃなかったら観てなかったし、知らなかった人物やろうな
せっかくのチャーミングな笑顔もこの題材じゃ狂気的にも見えるし哀しげにも見えたからさすがTom Hardy
リアル版「時計じかけのオレンジ」
暴力でしか表現できない男の生き様
レフン監督相変わらず難解もまだ分かり易い方
T.ハーディ、フル◯ンで大活躍の巻
PSB「It's a sin」でユラユラと踊る🕺
Daisuke

Daisukeの感想・評価

4.0
[全てに拳を叩き込む]

『本当にヤバい映画たち』
第2回目はイギリス史上「最凶」の犯罪者を描いた「ブロンソン」を紹介しました

https://t.co/3v5C6UVlgV

再鑑賞し、劇中のトム・ハーディが
「何回殴ったり蹴ったりしてるのか?」
をカウントしてみましたので、回数は是非とも上の動画でご確認してみてください。



※前回鑑賞時の感想です


まいった。これは最高だった。
誰も抑える事ができない実在した囚人の物語をトム・ハーディが身体を張った怪演で見せきった作品。

「俺は有名になりたい」
という動機から、社会のルールを完全に無視し暴力で蹂躙しようとする男。
刑務所内でもその暴力性は衰えず、むしろ「最高のホテルだ」とその凶悪性は増すばかり。

どこまでもどこまでも拳を叩き込む。
しかも才能を認められた芸術にすら叩き込む。
そう、恐ろしいことに彼は「美」に対しても拳を叩き込んだのだ。

彼は言う、

「俺は屈しない」

神、悪魔、そして美にすら屈さない男。
自分の衝動をただ純粋に拳へと伝達する獣。
これはもう人間にはどうしようもない。

そこには、
バチバチに光る「エネルギーの塊」があるだけなのだから。
マイケルピーターソンは郵便局を襲った為収監される。
チャールズブロンソンを名乗る実在の服役囚の物語。
時計じかけのオレンジとカッコーの巣の上での風味がある映画でバイオレンスだが芸術性のある作品。
トムハーディの怪演とニコラス・W・レフン監督の攻撃的センスが癖になる作品。

個人的には好きだが暴力描写がキツい方は注意な作品‼︎
ばら

ばらの感想・評価

3.2
理由のないバイオレンスがいたたまれないしこわいのでどうしても苦手で好きなタイプの映画ではなかったんだけどこのトムハがどうなるか見たいというそれだけで最後まで見られた
いやもう…すご……すごかった…
MASAYA

MASAYAの感想・評価

3.4
あまりレフン監督っぽい色彩のシーンはなかったけど、終始トム・ハーディの独壇場で見応えは◎

ただ個人的にはいくつか目を背けたくなるシーンもちらほら、、

実話ベースなのにキャラクターの際立ちようが絶品。

ブロンソン"ズ ブート キャンプ!!

よーしお前ら!これから鬼のエクササイズを始めるぞ!!おい!!バカ野郎!!
てめぇらそんな格好じゃ全然ダメだ!!

それじゃあ正装に着替える運動から行くぞ!!まずパンツを。。思いっきり。。引きちぎれぇええええ!!ビクトリーー!!!!

!ブロンソンズブートキャンプ!

よーし全員フルチンになったな!!このプログラムは男はフルチンじゃなきゃダメだ!!女の子は。。もちろん服着てていいよ😊

そら看守が右から来たぞ!!パンチ!!パンチ!!パンチ!!パンチ!!左からも来てるぞパンチ!!パンチ!!パンチ!!パンチ!!

よーしお前ら全員捕まったな!?それじゃあ刑務所に、ビクトリィー!!!!

それじゃあお前ら、最高の収監生活を送れよ!!おっとこれだけ言っておく!!あんまりやりすぎると、ガチの精神病院にブチ込まれるから気をつけろよ!!

!ブロンソンズブートキャンプ!

このレビューはネタバレを含みます

https://umemomoliwu.com/bronson
pujisi

pujisiの感想・評価

3.1
レフン監督モノみまくってる流れで鑑賞。非常にアグレッシブな漢の物語。非情にアグレッシブ。悩まずにキレるタイプかつ刑務所もやじゃない人間は実は生きるに最強か。ただただアグレッシブ。
うーん!クセ強映画…!
とにかく暴れ回るブロンソン、思考回路がエキセントリック過ぎて混乱してしまった。トム・ハーディの狂気の演技が凄い、時々演じているのが誰だったか忘れてしまう。顔を半分に塗り分けて演じているシーンも良かった。
ところで女性には優しいのね…(トム・ハーディって、荒っぽいのに女性には弱い役が多い?)
>|