はだしのゲンの作品情報・感想・評価

はだしのゲン1976年製作の映画)

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.3

「はだしのゲン」に投稿された感想・評価

あおき

あおきの感想・評価

4.5
日本人は絶対に見るべき

いまの自分はこの時代を乗り越えた人々の上に生かされている

便利な現代に感謝の気持ちを忘れずに
sa

saの感想・評価

3.0
詳しく覚えてないけどちょっと衝撃が強くて涙も出ずただショックを受けた映画。
昭和20年4月の広島。
国民学校2年生の中岡ゲン(佐藤健太)は下駄職人の父親・大吉(三國連太郎)、母親・君江(左幸子)ら家族6人で仲睦まじく暮らしていた。
しかし大吉が町内の竹槍訓練で戦争を批判した事から家族全員が「非国民」と罵しられ、さらに警察に大吉は逮捕されてしまう。
それでも戦争に対しての批判は崩さない大吉。
やがて8月6日を迎えた・・・。

原作の漫画は小学生の時に市立図書館で借りて読みまくってましたね〜。
ちょっと前に図書館に置く事が問題になってましたが、「なんで?」と思う。
戦争の悲惨さ、原爆の恐怖等を漫画を通じて学びましたからねぇ。
凄くいいきっかけになったけどな〜。

さて、この実写版映画。
正直クオリティは低いです(^_^;)
子役の演技や台詞のグダグダした感じはキツイものがあります。
その分三國連太郎や左幸子らが上手く締めてはますが…。

それより原爆投下後の凄惨なシーンは確かにトラウマ級。
衣服や皮膚がただれて歩く人々等は漫画よりもインパクトありました。

でも…今の映像技術や脚本でリメイクしてもらいたいな〜ってのが素直な感想です。
ちょっとコレではもったいない。
ash

ashの感想・評価

3.8
ホントにトラウマです。この映画は。
セットとかちゃちぃけど、でもやっぱり実話だからどうしても見入ってしまって、、、夢に出そう。
映画はなんか希望を持った感じで終わったような気もするけど、まだまだ本当はゲンには厳しい現実が待ってるんだよね。
戦争は嫌です。
LUKE

LUKEの感想・評価

4.4
アニメ版を見てから見たためか原爆投下のシーンが少しリアルさにかけていると思ってしまった。アニメ版が強烈すぎたからだと思う。
nana

nanaの感想・評価

2.7
要所要所で心に強く訴えかけるシーンやセリフがあるが、それ以上に何と言っても映画そのものの出来がまずまずというかレベルが低い。
たかが70年代、されど70年代。
この時代にはすでにハリウッドでは今見ても素晴らしい大作がバンバン制作されているなか、邦画の世界からの取り残され様が印象的に映る。
原爆後の焼け野原のシーンは上手く撮影していたものの、他のシーンは緊迫感やリアル感がなく、どうしても実写化のコメディチックに写ってしまうのもまた残念。
ただ、三國連太郎の役作りや入り込み様は凄まじいもの。
これだけでも一見の価値あり。
一つ、教訓として学べることは、戦争は愚かだということ。
gs

gsの感想・評価

3.4
幼かった自分にとって色々衝撃的だった
古い映画だけど、描写がリアルだった事は鮮明に覚えている
しちみ

しちみの感想・評価

2.5

《 Do not make a movie if the media limits the media! 》

少し前に閲覧制限だの図書室に置くなだの色々と話題になったはだしのゲンですが私には何がそんなにダメなのか正直理解できません〜(´・∀・`)
初めてはだしのゲンを知ったのが小学校低学年の時ですが大分ショッキングな物だったのは確かです。
でも、それが子供に悪影響なんでしょうかね? 私はそれこそ見させられた当時はトラウマに近いものがありましたがお陰様で戦争について理解を示し、忘れないように心がけるキッカケにもなりました。

この映画も目を瞑りたくなるようなシーンがありますが作られた時代が時代なのでまだマイルドな方だと思います。
最近はどのジャンルもリアルを追求して作られてるから案外昔の方が見やすかったりして(^_^;)
役者さんたちもみんな熱烈な演技で素晴らしい。子役の子はちょっと違和感感じるところもあるけどこの時代でここまで出来たらお母さん感動だよ( i _ i )
古い作品の中に良さを感じれる映画でした。

閲覧制限には反対派の私です。
見たくないもんは見なくて良いし見たいもんは見れば良い。けど見たいのに見れない環境って言うのは情報センスを衰えさせる。興味があるなら周りが何と言おうと追求する事。この映画から見える昔と現在の時代背景の違いもある意味面白い。
メディアを操るのはあくまで私たちの方です!ニュースや規制に囚われて発信者の操り人形には皆さんならないように気をつけてくださいね!
戦後の日本てこんな感じなのかーていう。。きっとこの映画自体もいろいろ制限かかってるんだろーけど、最近のよりはきっと事実に近いんだろーな。差別とか思想ぽい会話がふつーにでてて(一部強調し過ぎ感はあったけど)興味深い。
三國連太郎がイケメン過ぎて(笑)
chlo

chloの感想・評価

4.0
昔漫画を読んでいました。
語り継がないといけない映画の一つです。
>|