父と暮せばの作品情報・感想・評価

父と暮せば2004年製作の映画)

上映日:2015年08月01日

製作国:

上映時間:99分

ジャンル:

3.6

あらすじ

1945年8月6日の広島原爆投下から3年。自分一人だけ生き残った負い目から、幸せになることを拒み苦悩する日々を送る美津江。彼女が幽霊となって現れた父に励まされて悲しみを乗り越え、未来に目を向けるまでの4日間を描く。

「父と暮せば」に投稿された感想・評価

anjie

anjieの感想・評価

5.0
原爆が落ち、家でひとりで死んでしまった父への様々な気持ちで自分の人生を送れない娘。しかし、死んだ後でもひょうひょうと姿を現し娘と暮らす父。娘も慣れた様子で父娘らしい軽口を交わす。

なんだ、コレはコレで上手くいってるんじゃないの?と思い観ていたが

たったワンシーンで生き残ってしまった娘の強烈な苦悩が突き付けられる。

それは原爆で家の門の下敷きになって死んだ時の父の顔。

頭部から血を流し

カッと見開いた目。

本当にワンシーンだけ。しかし、その父の姿を発見したであろう娘が、自分は幸せになってはいけないと思うのも、理解出来る気がした。
宮沢りえと原田芳雄、迫真の演技だったと思います!
スナ

スナの感想・評価

2.5
2018/9/10 落ちに行くまでが長く感じた。ふたり芝居のリズムはここちいい。
マサ

マサの感想・評価

3.0
ほぼ父娘の二人で物語が進行。本当の親子の掛け合いのように感じられて、さすがの演技力!広島の原爆後のお話なので、会話の途中のカットで不意に溶けた人形やガラス瓶などが出てきたり、被害にあった友達の母親の話が出てきたりと、一般人から見た戦後の広島の世界観がすごく良く描かれてると思った。
38

38の感想・評価

3.8
登場人物がめちゃめちゃ少ないにも関わらず、とても深く引き込まれる。
0i7

0i7の感想・評価

3.4
思えば登場人物が父と娘と娘に好意を寄せる男の3人しかいない(父と娘の会話に登場する人はいても姿が映ることはない)映画は初めて観た気がします
舞台作品の映画化らしく場面転換もほぼなく、間隙のあまりない会話劇でした
『星めぐりの歌』を歌うシーンがありましたが、放送中のドラマ『この世界の片隅に』でもやはり『星めぐりの歌』を歌うシーンがあり、戦中戦後に親しまれていたのかなと思いました
みづき

みづきの感想・評価

4.3
思ってたのとは全然違くて、ぐいぐい引き込まれました。


もっと和やかだと思ってた。

でも、結構なえぐさでした。



なんの前情報もなかったのですが、

お話も展開も演出も台詞も、

どれも個性的で。


思わず二回観てしまいました。笑


一回目では言葉が独特で、内容が飲み込めなかった。

二回目でやっと言葉に慣れて心情が分かって最後辛かった。カメラワークとか気になっちゃいました。


あのあともう父は現れないんだろうな。

二人は上手くいくのかな。

孫に会いにきてたりして。笑

希望のある終わりかたで良かったな。


ほとんど二人芝居で、凄い空気だった。

舞台でみたいよね、こういうの。

言葉に慣れてからは、宮沢りえさんが可愛かった。



大災害(原爆は災害じゃないけど)に見舞われたとき、どう行動できるか。

助けたくても助けられない状況。。

考えると心が痛い。
矢静

矢静の感想・評価

4.5
 しみじみとしたいい映画だと思った。この時期に観るにはちょうどあった内容である。テーマがテーマだけに重苦しくなるところがあるのは、いたしかたあるまい。たまには、こういうものを心静かに味わうのも悪くはない。
 主要登場人物は二人だけである。ふたりの会話劇をカメラは目線の高さを終始合わせたままで撮影し続ける。不用意なクローズアップやパンは意識的に避けているのがよくわかる。せいぜいバストショットが数カット入る程度だ。この作品にとっては適切な演出だと思う。
 原田さんはやっぱりうまいなあ。恨みを持たぬ幽霊、ジェントルゴーストを巧みに演じきってみせた。宮沢りえもいい出来だと思うなあ。
 エンディングで二輪の白い花がクローズアップされて、風に揺れるのだが、そこに全く別な意味を感じ取ってしまうのは、深読みのし過ぎだろうか。
 

 
終始舞台を観ている感じ。
場面転換もほとんどなく、脚本、演出、音楽全てが、舞台っぽかった。

父と娘の温かみのあるシーンが多いものと想像していたけれど、テーマがテーマだけに重苦しかった。
Hana

Hanaの感想・評価

3.0
あと15分だけが録画漏れで観れず!残念…

ほぼ二人劇で舞台を観ているよう。
原爆の恐ろしさを語りで伝えてくれる。

自分の世代は小学校でも祖父母からも戦争の恐ろしさを語り継がれてきたけど今の子供達はどうなんだろうと思いながら鑑賞した。
若い世代に知っておいてもらいたい日本の記憶。
何より戦争の残酷さを痛感してほしいのは自分は死なないと思ってるお偉いさん方だけど。
8.15終戦の日 特別企画 映画を通して、歴史や社会を考える 戦争 軍隊 原爆 冤罪…
@新文芸坐

黒木和雄の戦争レクイエムの一本。
ほぼ宮沢りえと原田芳雄の2人芝居で進んで行く。宮沢りえの苦悩は計り知れないが、その計り知れなさ故に想像することが観客には求められているように感じた。
>|