父と暮せばの作品情報・感想・評価

父と暮せば2004年製作の映画)

上映日:2015年08月01日

製作国:

上映時間:99分

ジャンル:

3.6

あらすじ

1945年8月6日の広島原爆投下から3年。自分一人だけ生き残った負い目から、幸せになることを拒み苦悩する日々を送る美津江。彼女が幽霊となって現れた父に励まされて悲しみを乗り越え、未来に目を向けるまでの4日間を描く。

「父と暮せば」に投稿された感想・評価

ごじ子

ごじ子の感想・評価

3.0
胸につまされ、息が詰まる。映画作品としての批評は専門家に任せて、この映画を観た日本人として胸に抱くこの感情を決して忘れまい、と思う。
shinnaoki

shinnaokiの感想・評価

3.0
舞台的な映画。
映画としてはトゥーマッチ。しかし、泣きたくなる。

このレビューはネタバレを含みます

「竜馬暗殺」からの流れ。何十年前に「TOMMOROW 明日」を観てからの黒木和雄監督の再評価という意味で観ている。

が、「竜馬暗殺」自体は作品自体あまりよくわからず、今回は「グッ」とわかりやすいが、説明的なセリフがとても残念だと思う。
お父さんが最初からネタバレな感じなら、もう少し登場人物がいても良いし、ほぼ二人きりの話ならやっぱりオチとして用意してる方がいいのかなって思う。

あと会話のテンポがちょっと早いかなぁと。説明的なセリフな上に、テンポが早いので、人物の感情が、なかなか描きこまれない。
ストーリーのテンポをつくるために、会話のテンポ自体が上がってる感じがするのが残念。

黒木監督ってどこか、ドキュメントの人なんだろうし、ここに来て劇性の高い表現に取り組んだ、ということなんだろうけど、反動でくさすぎる感じになったのが否めない。

原田芳雄も宮沢りえも良かったです。だけに残念。
ほぼほぼの二人芝居にするのであればなおさらなんだと思う。

感動もしたし、各シーンの美しさには観てよかったと思った。
kota

kotaの感想・評価

3.3
親思いの娘と娘思いのお父さんの話。展開はザ・幽霊モノだったけど、ちょっと舞台チックになっていた。
伏線もしっかり回収してるし、前半部分の諸々の理由づけも十分納得できる。
広島弁、いいですね。
MayumiI

MayumiIの感想・評価

3.8
Gyaoにて。
原爆投下から3年後の広島。
原爆で家族を失ったミツエ(宮沢りえ)の前に亡くなったはずの父(原田芳雄)が現れる。

ほぼ、宮沢りえと原田芳雄の2人芝居。脚本は井上ひさし。
映画ではなく舞台で見たかったなあ。
おかしくてかわいい親子なのだけど、おかしければおかしいほど悲しい。
正直、宮沢りえは好きな女優さんではないのだけれど、いつもつい見入ってしまう。相手が大好きな原田芳雄だから…だけではないはず。
こんな幽霊(お父さん)ならずっといてほしいし、いつでも現れてほしい。こんな風に見守られていると思うと寂しくない。
人は幸せになる権利がある。寂しいけれどお父さんが現れない方が幸せ。
けなげなミツエの幸せを祈った
jyave

jyaveの感想・評価

3.6
劇場公開日:2004/7/31
キャッチコピー:
おとったん、ありがとありました。
yoko45

yoko45の感想・評価

3.7
 何とか娘に前を向かせようとする父、生き延びたことが後ろめたく幸せをつかもうとしない娘。親は子どもの応援団。父(原田芳男・故人)と娘(宮沢りえ)の二人芝居を観ることができて良かったです。演劇調なので退屈に感じる方もいるでしょう。
 戦争、原爆、「死ぬのが当たり前」の日常、語り手が少なくなるなか後生に伝えるための教材のような映画です。顔を半分無くした仏像の頭部、亡くなった方々の分まで生きなさい、そう言っているようでした。
 広島の方言を理解していたらもっとこの映画を味わえたかもしれません。
広島原爆にまつわる父娘の物語。
戦争は乙女のキラキラも、娘を想う父親も無残に引き裂いた。だけど愛は消えずにそこにあり続ける。
黒焦げになったお弁当や溶けたガラス瓶など、人や動物たちも同じようにとてつもない熱風にさらされた。そんなことがもう二度と起きませんように。

原田芳雄と宮沢りえがすごい。
地方劇団が本作を舞台でする際に、音楽を依頼されたので、その参考に鑑賞。
ほぼ舞台のセリフそのままに演じているので、映画作品としてはちょっと表現方法はもう少しなかったのかと思ったり・・・

あと、この原作の戯曲でもそうなのですが、登場人物の娘がなぜこうもパッと心変わりをするのか・・・ということの理由を見つけるのに苦労しました。
「そりゃできません!」と暗転した後に、「それ」を行っているのくり返しで・・・
「原爆」という現代に生きる自分には、想像してもしつくせないほどの辛い体験で、生きている自分が罪を感じての「拒否」は、重々分かっているのですが・・・そこまで心を動かした「恋心」や「子心」という描写が暗転の中に隠れており、物語の中の人物という感じがぬぐえなかったです。
(特に「この世界の片隅に」を観た後だったので、余計に・・・)

(作品が言わんとしている事と作品としての良し悪しは違います)
xxx

xxxの感想・評価

2.8
舞台を観ているよう。井上ひさしの戯曲が元ネタだとか。
原田芳雄の迫真の演技には泣いた。
>|