はつ恋の作品情報・感想・評価

「はつ恋」に投稿された感想・評価

ニュアンスの鬼こと小谷承靖監督。鎌倉の屋敷の隣には夢のような洋館。妥協が1ミリも入り込まない、スタイリスト・美術の腕が光りまくるインテリアに衣装。親父は判事の二谷英明(当時45歳…!)浜辺のタンゴ、仁科さんの取り巻きメンズも次の夏にはもういない。カタツムリに巣をつくる蜘蛛、雄を喰う牝かまきりに鴉の群集。乗馬中息子を待たせてなにやってんだ二谷英明。鞭を振るう二谷英明の人格が不透明でやたら怖い。ホワイトラブならぬ、白く濁った冬の終わりに残雪の積もる東屋、浜辺での無数の貝の亡骸に朽ちた俺のボート、沖には無数の白いボート。全員が赤い血を流す。どんだけ小谷…。撮影は中井朝一。

仁科さんのファッションも素敵なんだけど、母役の根岸明美のファッションも最高に可愛い。子宮のスクリーンの場面も過剰でいいなー。
csm

csmの感想・評価

5.0
ラピュタあたりで上映あったら仁科礼讃の文字が並びそうだが、ポストひろみだかジャニの優作だかのジャニーズJr.スペシャル井上純一と、小谷監督による彼の使い方がとにかく素晴らしい。髭を蓄え受験生となった井上さんがカメラで追うのは自らの初恋。その始まりからラストは無数の貝殻と迫り来るいくつものヨット。小谷ファンにはこれだけでも堪らないのに、ホルターネックの白ワンピで自転車後部に横座りしたり、亡き父(画家)のアート界隈の友人たちとゴーグルつけてタンゴ踊ったり紐巻いてタロットしたりとヤバすぎる仁科さんの衣装は監督自ら下北に選びに行ったらしい。井上さんが父・二谷英明と成城から馬乗って向かうのは野川沿い?の夢の家。馬?ここで?家かわいすぎじゃね?みたいな凡庸な疑問を吹き飛ばすラストのグッサリ二谷に悲鳴。そしてカマキリ!プチプチをひとつずつ潰す母・南風洋子も忘れがたい。
カス

カスの感想・評価

4.0
二度目の鑑賞。
一度目は映画の熱にやられすごいものをみた!という感情しかなかった。
物語のもつ強さだけではなく編集や撮影の凄まじさに気づくことができた。
目線の芝居が完璧。
泣きの芝居もすごい。
貝殻の死骸の上を歩く中、海の先には幻想的なヨットの群れ。
奇跡というものは起こり得ることなのだと思った。

あなたにおすすめの記事