青春の海の作品情報・感想・評価

「青春の海」に投稿された感想・評価

☆☆☆

姉の吉永小百合を追い掛けて、列車に飛び乗る和泉雅子。
2人は列車の中でチンピラの渡哲也と知り合う。
そして着いた場所は伊豆下田駅。
中学生の教師が吉永小百合。何やら前の学校で校長先生を殴ってしまい(セリフでの説明のみ)この地に赴任したとか。
一方、父親の笠智衆に勘当されていたのが渡哲也。その兄弟には川地民夫:和田浩治:山内賢と言った顔ぶれ。

川地民夫は兄弟の中での精神的支えで、山内賢は全員の料理を作る母親みたいな役目。和田浩治は、父親笠智衆との確執が基で、渡哲也が家を飛び出した事が、母親の死を早めたと思い込んでいる。その為か、絶えず渡哲也を「許せない!」とばかりに、会う度に殴り合う。言ってみれば“鏡”の様に裏と表のような存在。
そんな場面が続くのだが、はっきり言って内容自体にこれと言った場面は無し。それ以外と言えば、最初は喧嘩ばかりしていた吉永小百合と渡哲也が、いつの間にかお互いを好きになるだけ…。
しいて上げれば父親役の笠智衆がいじけて居なくなってしまい、みんなが心配する位か(苦笑)
そして最後に吉永小百合が…「おいおい!あんたは中学校の教師だろうが!」…と突っ込みを入れずには於けない。

最後は、吉永小百合が歌う主題歌に誤魔化されるかの様に、中途半端のまままに映画は終了。
一体何だったんだよ(苦笑)

(2010年2月13日 ラピュタ阿佐ヶ谷)
にこ

にこの感想・評価

3.5
若き日の吉永小百合の可愛さを拝みたく鑑賞。
期待を裏切らずお美しい…演技もいい…!
渡哲也もなかなかなガテン系イケメン!あんなクールで男らしい人に、あんな悲しい表情見せられたら惚れてまうわー!!!

そこまでベタベタなラブストーリーでもなく、ラストは女としてはなんとも悲しい、でも漢気に惚れるそんなストーリーでした。