プレタポルテの作品情報・感想・評価

「プレタポルテ」に投稿された感想・評価

monaminami

monaminamiの感想・評価

4.0
公開当時映画館で観たのを思い出したけど24年前とは...
当時のファッション懐かしくて死ぬ。豪華な出演陣の中でもソフィア・ローレンと怪しすぎすマルチェロ・マストロヤンニは群を抜いてゴージャス!
そしてゴージャスなファッション世界のから騒ぎ。現ユニクロなイネスさんとか、なんかもうね。
otom

otomの感想・評価

4.1
パリ・コレに喧嘩売ってる風なロバート・アルトマン。大から小まで多彩な面子とあってもなくても良さそうなエピソードでいささか散漫な印象なんだけど、よーく考えたらどの作品もそんな感じか。フランスかと思わせてからのロシアやらその後のひまわりみないな一幕と遊びまくってる印象。流行に翻弄される側にはなりたくないものだな。良作。
kame29

kame29の感想・評価

3.4
ファッションって難しいけど、自由で面白いな〜人と一緒だなーってなんか思ったやつ
nyoman

nyomanの感想・評価

4.0
華やかなファッション業界に対するアンチテーゼ。虚飾や浪費を拒否する、ラストシーンは圧巻。何を着るのかではなく、服をどう着るのか。大量生産大量消費の時代に生まれた私たちの世代だからこそ、考えなければいけない問題が凝縮されている。
shatoshan

shatoshanの感想・評価

4.0
グランドホテル物としては一番好きかもしれない。媒介者のセルゲイに限らず各キャラクターの余白がデカい一方で通底する刹那的な楽観主義がストーリーの懐の深さをつくっている。

ソフィアローレンの綺麗さとローレンバコールの影の薄さにビビる
scarface

scarfaceの感想・評価

3.4
散漫すぎる?かなり面白かったけど。ヨーロッパの豪華俳優陣が見所。
レオン

レオンの感想・評価

2.5
好きなシーンはめちゃくちゃ多いんだけど(だから映画的にはおもしろい)、ストーリーがまったく惹かれない。それこそ小噺集。でも変わらずマルチェロは大好き。
とみ

とみの感想・評価

2.0
いろんなシーンが混ざっていて、繋がりを見つけるのが難しかった。何を着るのかではなく、どう着こなすのか。
「ナッシュビル」に続いて鑑賞
続けて観てはいけない、アルトマンの群像劇(笑)
ラストに登場する究極のファッション(笑)は圧巻ながら、女性が裸を披露する以上はやっぱエロチックであってほしいなと実感
圧巻であっても、あらあらと思うだけの無駄脱ぎにしちゃっては、女性がかわいそう
役者は豪華ながら、すべて空回りした残念…とゆーより、アルトマンが群像劇に固執する意味がわからなくなる
センセーショナルさを追求する余りなのか、結果的には見世物映画と化す
キャスティングは凄い
オスカー俳優だけで7人も出演してる

ソフィア・ローレンがまだまだセクシーだったのには驚いた、美魔女だ

トップモデルやデザイナー陣もガッツリカメオ出演しており、華やか



しかしストーリーに関しては...
『無』だった...

ファッション業界ものの映画ってドキュメンタリー以外だと、飛び抜けて面白いものが少ないような...
>|