プレタポルテの作品情報・感想・評価

「プレタポルテ」に投稿された感想・評価

「ナッシュビル」に続いて鑑賞
続けて観てはいけない、アルトマンの群像劇(笑)
ラストに登場する究極のファッション(笑)は圧巻ながら、女性が裸を披露する以上はやっぱエロチックであってほしいなと実感
圧巻であっても、あらあらと思うだけの無駄脱ぎにしちゃっては、女性がかわいそう
役者は豪華ながら、すべて空回りした残念…とゆーより、アルトマンが群像劇に固執する意味がわからなくなる
センセーショナルさを追求する余りなのか、結果的には見世物映画と化す
キャスティングは凄い
オスカー俳優だけで7人も出演してる

ソフィア・ローレンがまだまだセクシーだったのには驚いた、美魔女だ

トップモデルやデザイナー陣もガッツリカメオ出演しており、華やか



しかしストーリーに関しては...
『無』だった...

ファッション業界ものの映画ってドキュメンタリー以外だと、飛び抜けて面白いものが少ないような...
登場人物多い上に全員自己中。
黒い笑福亭鶴瓶がホモ役で出てます。
aqui

aquiの感想・評価

-
マストロヤンニいいな。M★A★S★Hでいうところのスピーカー放送の役割?群像劇では重要だしみやすくなる
naomi33

naomi33の感想・評価

2.5
錚々たる面子が揃っていて、ファッション好きは興奮するけれど、逆にそれ以外が長く感じた作品。
※mixiから転載

登場人物が多すぎて途中で分からなくなった。
みんなそれぞれ個性的なんだけど、
我が我が要素が強すぎて、人間の汚い部分を見ただけな感じ。

華麗なるファッションショーの裏で、
こんな修羅場が起きているのか。
つまり何を伝えようとしてるのか。

私には理解できませんでした。
芸術は爆発だってことですか。
ファッションとかブランドとかよく分からないしな。

最後だけ釘付けにはなったよ。
あと大胆なジュリア・ロバーツも素敵。

2011年04月02日 03:14
テツオ

テツオの感想・評価

3.0
中学生の頃、全く興味が無いのにテレ東の「ファッション通信」を良く観ていた。なぜなら地上波でも簡単にモデルさんのパイオツが拝めたから。思えば昔から洋画をよくビデオに撮り溜めてたのも、きっかけは一番高確率に地上波でラッキーおっぱいに出会える媒体だったからなのかもしれないな、、
と今気付いて自分の趣向のくだらなさに膝から崩れ落ちそうになった。こんなんでも先月娘が産まれて人の親になってしまった、不安でしかない。

本作も完全にそういう意味合いで観たのだけど内容に関してはさっぱり覚えてない。なんかファッション業界への皮肉とかが描かれてた気がする。

肝心のラッキーおっぱいも大した事なくて
この映画クソつまんなかったなーと呟いた思い出。
yakko

yakkoの感想・評価

-
折角観たので記録。
懐かしい~とwowowで録画。
あれ?こんな映画だったっけ?

スーパーモデルやデザイナーがもてはやされた90年代のパリコレを舞台に、ロバート・アルトマン監督の名の元にこれでもかというくらいの大御所達、有名俳優が集結し、本物のデザイナー、スーパーモデル、ハリウッドスター達も総出演の群像劇。

ファッション業界を思いっきり揶揄しているドタバタ劇で、最たるシーンが最後のランウェイ。
この有名なシーンは覚えていました。

当時のファッション業界に興味あれば楽しめるかなぁ?
登場人物が異常に多い分、今は亡き人がたくさんです。
果歩

果歩の感想・評価

3.2
犬の糞何回出てくるねん何回踏むねん。イッセイミヤケのショーの時の日本語の歌の癖
イワシ

イワシの感想・評価

4.0
すげーおもしろかった。シャンパンの栓が抜けた瞬間のジュリア・ロバーツの表情!
>|